HOTOKI AGAIN

f0119179_21532093.jpg岩倉の「HOTOKI」を再訪しました。前回行った時にちょっと迷ったんですが、京都バスを「長代南橋」で降りて「エヴァンタイユ」の所から川沿いに下がり、最初の角を曲がると、すぐに看板が見えました。楽しみにしていたのが「obese」の小長谷英之さん監修の鮎のピザ。1日限定10食なので、もうないかなと思ったけど、最後の1つがまだありました。芽ジソやトマトをあしらった華やかなピザで、鮎のペーストが独特のテイストを醸し出す大人の味。添えられたみょうがとキュウリもさっぱり夏らしい美味しさでした。みょうがは高知産、きゅうりは大原で採ったもので、新鮮さを活かす様にドレッシングは味を控えめにしているそう。ぶぶあられが散らされていたり、見た目にも食欲をそそります。8月末までの限定メニューだそうで、食べることが出来てラッキーでした。
1階が工房、2階手前が器のお店、奥がカフェになっているHOTOKIさん。カフェからは1階の工房を見下ろすことができます。陶芸は殆どしたことないけど、母が油絵をしていたから、アトリエとか工房の持つ空気がとても好き。気になっていた店名の「ほとき」とは、古くは湯や水を入れる土器を指す言葉で、漢字で書くと「缶」。今は陶器の「陶」という字の中に残っているf0119179_2236209.jpgとお店の人に言われ、あ、確かに、と気づきました。下の写真に小さくしか写ってないけど、アイスコーヒーの入った素焼きのマグカップ、シンプルだけど手になじむ感じが素敵でした。夜8時まで営業されてるのも暑い時期には重宝します。
★HOTOKI
岩倉西五田町
075-781-1353
10時~20時 
水休
http://hotoki.jp/
[PR]
by mmcmp | 2016-08-12 22:46 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< 再現性 平成の玉音放送 >>