京都駅でも

f0119179_214561.jpg茶道資料館で久しぶりに抹茶を頂いたと書きましたが、正確には「久しぶりにお茶席でお点前を頂いた」ですね。8月に京都駅に行った際に「京都茶寮」で「抹茶セット」(1029円)を頂いてました。京都茶寮って目立たないし、値段設定高めだし、営業時間が短くて前を通っても営業してない印象だし・・・で、一度も訪れたことがなかったんですが、平日の夕方だからか、目立たず高めなのが功を奏してるのか、混雑する駅ビルにあって意外と空いていて、落ち着けました。暗めの照明にジャズが流れる和風モダンな店内は、窓の外の喧騒から隔絶された感じ。
8月だったので、抹茶は冷たいお薄にしたのですが、初心者向けに飲み方の作法を書いたものが添えられていて、親切。お菓子は老松の「晩涼」を選び、こちらも名刺サイズの解説が添えられ、「夏の着物の絽や紗を元に創作したもので、残暑の中、涼しげで凛とした着物姿のように気品漂うお菓子です。滑らかなこしあんを錦玉羹で包んでいます」と書かれていました。老松のデータも載っていて、京都の玄関口らしく京菓子や宇治茶のアンテナショップ的な要素が強い様です。抹茶セットの生菓子も「亀屋良長」や「千本玉壽軒」など複数から選べるのが嬉しい。季節を少しずつ先取りするのが京生菓子の魅力。9月は初秋らしさ漂う和菓子が楽しめることと思いf0119179_243228.jpgます。さすがに行楽シーズンは混むんでしょうけど、ゆっくりしたい時に覚えておきたいお店です。今は外国人観光客向け「おみやげ街道×京都伝統産業ふれあい館」のオープンが話題ですが、京都茶寮ものぞいてみて下さい。
★京都茶寮
京都駅ビル南北自由通路 駅ビルインフォメーション横
075-342-2170
12時~19時 
無休
http://www.kyoto-saryo.jp/
[PR]
by mmcmp | 2016-09-08 02:50 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< 「エンプティスター」 成城石井でドレッシングを調達☆ >>