ヨーグルトにブルーベリージャム

f0119179_18273193.jpg甘味なしのプレーンヨーグルトが苦手なお子様舌のモモ母。ジャムやフルーツソースは必需品です。先日、砂糖不使用の100パーセントフルーツのブルーベリージャムを買って、とっても美味しく頂いていたんですが、よく見るとモモ母があまり買いたくない県のもの。ブルーベリーは放射性物質が溜まりやすく、輸入ものにも未だにチェルノブイリの影響があるほど。今、確認したら使ってるのは北米産だったけど、それはそれで不安だったりもします。検出限界値を高く設定した検査で「不検出」としているものもあるから用心するに越したことはありません。ヒメママさんから甘味の強いバナナを入れては?とススメられて、確かにバナナも気に入ってるんですが、追熟に時間がかかるので、ジャムも常備しておこうと今度は「ヘルプ」に行った時に山口県産のものを使ったムソーのブルーベリージャムを買いました。
食の安心安全とよく言うけれど、農薬、食品添加物、放射性物質などの影響が全くないものなんてほぼ有り得ない。なのでリスクをどれだけ少なくする努力をしているか、味の良さをキープしているかで選んでいます。ムソーも「被曝ゼロを実現することはきわめて困難」としながらも検査結果を公表しています。都知事選で鳥越さんががん検診100%を公約にした時に「はぁ? 何言ってんの??」と思ったし、検診の精度には懐疑的なモモ母ですが、東京の放射能汚染の状況を見ると、大人はさておき、小児のがん検診はした方が良いかもと思っています。福島では癌が見つかりすぎるから甲状腺がん検査を縮小しようという動きがある様ですが、例えば知事が川内原発停止を求めている鹿児島県と東京、福島の3県で調査して、小児のがん発症率に地域差があるのか、ないのか比較すると良いと思うんですよね。小池さんは豊洲への市場移転問題でそれどころではないと思いますが・・・・。
http://muso.co.jp/item/10562.html
[PR]
by mmcmp | 2016-09-13 19:34 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< 「生誕130年 バーナードリーチ展」 こまやかな折詰弁当 >>