京都人なら浮きあられ!?

f0119179_2395590.jpg「菱屋」の「うすばね」を買いに行こうかと思って、でも少量なので何袋も買うと結構お高いから、美味しくてかさのあるあられを・・・と思いついたのが、祖母が好きだった浮きあられ。あれならどこにでもあるだろうと思ったのに、これが意外と置いてないんですね。あられも扱ってるTに電話して聞いたら、「浮きあられは最近、人気ないんで、今は置いてへんのですわ」とのこと。いやいや、置かないから若い人が知らないんでしょう・・・と思いつつ、ネットで検索すると京都の伝統的なものと全然違う浮きあられが出て来たり。京都の浮きあられってこんなにマイナーだったのね。
あられと言えばあそこならあるかもと三条大橋の「船はしや」に電話したら「ああ、浮きあられ、置いてますよ」と当然の様におっしゃり、さすが昔ながらの京都の店だと一安心。日曜に川床ランチをした後、買いに行きました。中京で生まれ育った恩師M先生はご存知だったけど、同世代の友人達でさえ殆ど知らなかった京都の浮きあられ。若い人は食べることなく、やがて消えて行くんでしょうか? 今の人には小さい袋に数種類のあられが1つずつ入ったのが京風あられと思ってる人もいるかも知れませんが、ああいうタイプが出てきたのは比較的最近のこと。町なかで暮らして来た京都人のあられではありません。そういえば、日曜に食べた古い町家で営業するRの川床ランチもロケーションは良いけど、味や接客はイマイチで残念、今は本物と出会うのが難しい時代なんだなと思います。そんなご時世に合わせたのか、「船はしや」にも小袋に数種を1つずつ入れたものも売ってました。ひとまず浮きあられがあって良かった。寺町のf0119179_2342275.jpg「船はし屋」のサイトで解説されてる様に「昔から京の庶民に欠かせない味どす。」
★本家船はしや
三条大橋西詰
221-2673
10時~20時
http://www.funahashiya.com/index.html
[PR]
by mmcmp | 2016-09-26 23:48 | 京都でお買い物 | Comments(2)
Commented by ゆきち at 2016-09-27 03:27 x
船はし屋さんといえば「福だるま」となる私は京都本にかぶれた観光客の典型です。「浮きあられ」京都だけのものなのでしょうか。「乳ボーロ」のあられ版(どっちが先や?!)みたいな感じですか? リンクで船はし屋さんから雷屋さん(南区唐橋琵琶町)に飛んで行ってしまい、雷屋さんのHPを読み込んでしまったのには、(個人的に)思わず笑ってしまいました。
ところでモモ母さん、疑問なことが… 「あられ」の船はし屋さんと「駄菓子」の船はし屋さん(の2つ)があるのですか?(いもぼうみたいや) 「船はしや」でぐぐる(画像検索する)と、全く雰囲気の異なる店構えが出てきました。ここで大笑い。2つあるんですね。昔、京阪三条の事務所に通ってた時期があり、三条大橋を渡った「がんこ」に昼ご飯を食べに行っていた関係で船はし屋さんの前をよく通っていたのですが、あそこって駄菓子も置いてるんやって思って記事を読んでました。
Commented by mmcmp at 2016-09-28 19:27
そうなんです、まさに次の記事にしようと思ってたことなんですが、実は2つでなく3つあったんですね~。同じ名前だけど三条の店と駄菓子屋は無関係だと思っていたら、どっちも浮きあられを売っていて、更に知らなかった3つめの船はしやがあって、そこが本店だったとはビックリです。(分家とされる店はそういう話題はしたくないかも知れませんが・・・)
浮きあられは小麦粉は入ってないので、味も食感も完全にあられというかおかきというか、もち米ならではの美味しさがあります。やはり大阪でもあまり見かけないんですね。
<< 船はしやと浮きあられ モダンテラス追記とオススメHO... >>