通りがかった幸運

f0119179_1624410.jpg六波羅蜜寺近くでの仕事を終えて、一旦は営業マンKさんの車に乗り込んだものの、気になる店を発見。滅多に来ないエリアなので、覗いていくことにしました。「Dongree」という小さなコーヒースタンドと暮らしの道具店。5つの焙煎所から1つずつ選び抜いた豆を使っています。その5つとは、浅煎りで果実の様な「ウイークエンダーズコーヒー」のエチオピア、ご店主はこの焙煎所と出会ったことがターニングポイントになったという「大山崎コーヒーロースターズ」のコスタリカ、バッハ系列「クアドリフォリオ」のグァテマラ、京都の焙煎所では古株という「珈琲工房てらまち」のドミニカ、深煎が美味しい「サーカスコーヒー」のケニア。行く機会がなさそうな西七条にあるクアドリフォリオのグァテマラと、「チェリッシュ」の洋梨のタルトを頂きました。
バッハ系の人達は飲み物としての珈琲には浅過ぎず深過ぎもしない中深が最適と考えているそう。「コラソン」さんもそうですね。飲んでみると、なるほど中深とはこういうものかと実感する味わいでした。5つの焙煎所は皆、自分の珈琲でなく広く珈琲そのものの普及に努めているそうで、ご店主はその中でもこれはという豆を集めて、豆によって淹れ方も変えているそう。間欠的にのの字を描くのが一般的なのに、ある店で極細でエンドレスにお湯を落とし続ける女性がいて、どっちが良いのか聞いてみると、豆によるとか。美味しい淹れ方の答えは1つではないんですね。失礼ながらこんな目立たない場所でやってけるのかと思うけど、ビジネス優先で観光地や繁華街に店を出すとゆっくり話せない為、こうした出会いを大f0119179_17274966.jpg切にしたいそう。まさしくこの日のモモ母は偶然この店に出会ったおかげで、良い時間を過ごすことが出来ました。
★Dongree
東山区池殿町
746-2299
8時~17時(土日祝9時~18時)
火・水休+不定休
http://www.dongree.net/
※23日は「糺の森ワンダーマーケット 2016」出店の為、お休みの様です。
[PR]
by mmcmp | 2016-10-22 17:28 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< おやつ堂さんのおやつ 「少将滋幹の母」 >>