850円の寛ぎランチ

f0119179_22475774.jpgなかなか更新出来なかった間に平幹二朗さんと肝付兼太さんが亡くなられました。平さんは学生時代に観劇した「タンゴ冬の終わりに」が印象に残っています。堤真一ファンのモモ母ですが、あの役は再演した堤真一より初演の平幹二朗の方が適役だったと思います。「ドラえもん」のスネ夫役で知られる肝付さんを悼む記事に声優の地位向上に奮闘したと紹介されています。声優さん達によるデモはモモ母も憶えてますが、夕方にアニメの再放送が多かったのは「太陽にほえろ」より「タイガーマスク」を再放送する方が安上がりだからだったんだと理解したのは、大人になってからでした。お2人のご冥福をお祈りします。
さて、前置きが長くなりましたが、水曜に久々に「楽友会館」の食堂でランチをしました。昼時とは言え、混雑して騒がしいのは極力避けたい、あそこなら落ち着けるだろうと思って訪れてみると、予想通り適度な混み具合。日替わりランチは海老フライとチキンピカタとのことでそれをお願いしました。所詮日替わりなので、味の満足度を求めるなら有頭エビのフライをおすすめしますが、京都大学のアカデミックな雰囲気を漂わせたモダニズム建築のレストランで、蝶ネクタイの給仕さんにサーブしてもらい、品の良いf0119179_2330384.jpgお客さん達に混じってゆっくり食事が出来て850円というのは、なかなかお値打ちだと思います。営業時間が夕方までになったのが残念ですが、健全な感じがして、それもまた良し。いつまでもこの雰囲気を残して営業を続けて欲しいものです。
京都大学楽友会館食堂
左京区吉田二本松町
075-753-7603
11時30分~16時30分
日・月・祝休
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/rakuyu/shokudo.html
[PR]
by mmcmp | 2016-10-28 23:33 | 京都でごはんたべ | Comments(0)
<< 出町にグルメコーヒーの波 おやつ堂さんのおやつ >>