ジャンポール・エヴァンよりクラウスが好き☆彡

f0119179_18183153.jpg川端丸太町にチョコレート専門店が出来たというので、一汁八菜を食べた後に行ってみました。・・・と言うものの、週末の営業は午後2時からなので近くのカフェでお茶をしてからの訪問です。店内がとても狭く、先客が2組おられた為、外からディスプレイされた商品を見ながら待機。どれも美味しそうで期待が高まります。1人出られて入店したものの、リピーターと思しき2人目の女性が大量に購入され、今度は店内で待機すると後からもお客さんが。今、京都で話題のチョコレート専門店と言えば、先月25日にオープンした「ジャンポール・エヴァン」。グルメタクシーさんによると行列15分待ちらしいですが、「クラウス」もある意味、行列数分待ち??でした。この規模の店であんなに大量に買うってことは、それだけ魅力があるんだなと思ってましたが、予想通り。久々に素敵な店に出会いました。
日頃は焼き菓子を買うことが多いけど、こちらは生菓子も食べたくなって4種類の中から「テディ」(530円)を。マッカラン12年を使ったウイスキー風味のチョコレートムースの中にカスタード風の黒糖とウイスキーのクリーム、台はくるみとアーモンドのブラウニー。上にバナナのコンポートがトッピングされています。ひとつひとつのクオリティが高く、全体としての調和も良い。この手の店は儲けより素材重視で丁寧な仕事をされることが多いけど、おやつの延長的なアットホームな感じのものが殆ど。でもこちららは随分と洗練されていて、家庭の味ではなくショコラティエの仕事。店は3月末にオープンしたとのこと。宣伝に余念がない資金力のある有名店のチョコf0119179_1905971.jpgも良いけど、モモ母は製造から接客までご店主一人でこなす、ここにしかない味を応援したい。また伺います。
★Klaus
左京区丸太町通川端東入る
075-751-5170
11時30分~23時
土日祝14時~
[PR]
by mmcmp | 2016-11-01 19:04 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< コーヒーにミルク 一汁八菜 >>