念願の二重弁当

f0119179_22432922.jpg京都市役所前近くに6月オープンした「寺町西むら」。ご店主は綾小路の割烹「うをすえ」さんで長年修業された方だそうで、「寺町西むら」を紹介する記事を読んで初めて「うをすえ」が閉店していたことを知りました。「うをすえ」で出しておられた京風二重弁当を西むらでも継承されてて、塗りのお弁当箱もそのまま使用されてるとのこと。これは是非行きたいと思いつつ、なかなか機会がありませんでした。先日、有名バリスタさんのカフェを訪れた時に久々に綾小路を歩いたら、閉められたた店に「うをすえ」の看板だけが残っていました。ああ、二重弁当が食べたいなと思ったら、年内にその機会に恵まれました。
二重弁当(1600円)は昼の一日限定20食。刺身に焼き物、煮物等が彩り良く盛り付けられています。ひとつひとつが小さく、食べやすくて見た目も可愛い。椎茸、山芋、ひろうす、小芋、かぼちゃ、だし巻き、紅葉麩、酢の物など小さいと言ってもたくさんの種類が入った充実した内容でした。自家製ごま豆腐が良い意味でゆるくて、とろけそう。ちょっと癖になりそうな味と食感でした。茶碗蒸しは滑らかな口当たりですが、食べていたら中から細かく刻んだ木耳が出てきて、良いアクセントになっていました。下の段に入ったご飯はおかわりも可能とのこと。これに味噌汁がつきます。味も過不足なく、見た目は「うをすえ」より更に洗練された印象。お弁当の料理内容は定番らしいですが、何度か訪れたお客さんには刺身を3品にするなど、さf0119179_23333654.jpgりげなく前回と違うものを出して下さるとか。是非共再訪したいものです。
★寺町西むら
中京区榎木町
075-254-8154
11時30分~14時
17時30分~22時
http://www.teramachi-nishimura.com/
※年内の営業は28日迄です。
[PR]
by mmcmp | 2016-12-27 23:38 | 京都でごはんたべ | Comments(0)
<< お昼どきが狙い目? 店内にて >>