正統派精進料理

f0119179_1184499.jpg「文科省がパン屋に関する記述に特定して検定意見を付した事実はない」と閣議決定。多分これが理由。これまでも変だったけど、どんどん壊れていきますね。更にメールした本人が否定してる辻元議員のデマ騒動まで証拠を検証すべきと閣議決定。どこまでアホなんでしょ・・・。
さて、先週、大徳寺門前の「泉仙」に行きました。新大宮に惣菜店があった頃はよく利用していたし、仕出しを頼んだり、I先生宅でご馳走になったこともあるけど、店で頂くのは初めて。入るとまず抹茶とわらび餅が出されました。店内はモダンさが一切ない、昭和な感じ。いかにも祖母の世代が法事などで使いそうな雰囲気の正統派精進料理店です。精進揚や生麩田楽、白和えなどの手軽な「雲水」(2200円)をお願いしました。胡麻豆腐はもっとねっとり濃厚なイメージだったのに、久々に食べると意外と淡白。生湯葉の上にいくらみたいな赤いものが数粒乗っていて、海藻成分で作った「海の宝f0119179_2104697.jpg石」というものだそう。プチプチ弾力がありました。生麩饅頭も駅の売店で見かける某店のと違って、生麩ならではの味わいが楽しめます。料理も良かったけど、最も感動したのが若竹のお吸い物。際立つ木の芽の香りと初物の筍に春を感じました。このお吸い物を頂いただけでも、訪れた甲斐がありました。
★泉仙紫野店
紫野下門前町
075-493-0889
11時~17時
水休(祝日は営業)
http://kyoto-izusen.com/
[PR]
by mmcmp | 2017-04-09 02:25 | 京都でごはんたべ | Comments(0)
<< 夜の葦島 今年の桜と日本人の変容 >>