わかった気がする★

f0119179_21245926.jpg政府が座間の事件を受けてツイッターの規制を検討とか。ホントにそんな動きになったら言論の自由は、いよいよ風前の灯。そんな中、渡辺弁護士のナイスなコメントに「禿同」いたします。
さて、「ルビノ堀川」裏にあったブックカフェ「ことばのはおと」が、8月「西陣ふじ義」さんの近くに移転。どんな様子か行ってみたら新しい店も相変わらず満員で入店制限されてたけど、雨の日に立ち寄ってみると意外と空いていたので、一番奥のカウンターで「柚子ソーダ」(540円)を頂きました。すぐ傍には石油ストーブ、その上には土鍋が乗ってました。目の前に並ぶ本の中にエルマーのシリーズがあったのが懐かしい。かつての「ペンネンネネム」を彷彿とさせます。前はさほど良いとも思わなかったのに、雑誌などに頻繁に紹介されて行列が出来ることもある人気店。にゃんこバフェがインスタ映えするからなんだろうなと思ってましたが、トイレが縁側の向こうにあることを聞いた女の子が「わ~」と言うのを聞いて、ああ、そういうのが新鮮なんだなと気づきました。石油ストーブといい、トイレの配置といい「ハイファイカフェ」と共通する点もあるものの、ハイフf0119179_22105432.jpgァイさんとは明らかに客層が違う。勿論、読書を楽しむ一人客はどっちもいますが、主流は若い女の子のペアやカップル、そして外国人です。確かに彼らにはこういう店が物珍しくて魅力的でしょう。人気の理由がわかった気がします。前の店より近くなったので、人が少なそうな日にはカフェ読書に行きたいと思います。
★ことばのはおと
上京区天神北町
075-414-2050
11時30分~19時 月・火休
http://www.kotobanohaoto.net/contents/
[PR]
by mmcmp | 2017-11-12 22:16 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< ミルクも重要 8歳(仮)になりました >>