東京、ニューヨーク、そして京都へ

f0119179_23562944.jpg巷にはバレンタイン用のチョコが溢れていますが、モモ母はそんな喧騒を避けて岡崎へ。「kyoto 生chocolat」は、築100年の日本家屋に「オーガニックティーハウス」を併設した生チョコとチョコレートケーキのお店です。オーナーシェフの中西さんは、東京のホテルオークラでフランス料理のシェフを務め、ニューヨークの日本総領事館で腕を磨いた後、カナダ人の奥様と共に帰国。中西さんの作るデザートは本当に素晴らしく、モモ母は行くたびに、「移住先に京都を選んで下さって有難う!」と思ってしまいます。
今日いただいたチョコレートムースも、見た目の美しさと程よい甘さで魅了されました。飲み物には、店名にもなっている絶品の生チョコがつきます。f0119179_0113354.jpg生チョコのことは、近日中に詳しくご紹介します。待ち切れない方はお店へ。平安神宮の近くですが、岡崎通から少し入った所にあります。写真の看板が目印です。
★kyoto 生chocolat
岡崎天王町
tel 075-751-2678
12時~17時 月・火休
http://www17.plala.or.jp/kyotochocolat/
[PR]
by mmcmp | 2007-02-02 00:33 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< きらきらひかる川面を臨む席で・・・ オレンジのオリーブオイル >>