3時間だけやってます!

f0119179_23493089.jpg昔から好きなのに、滅多に行けない「トム・チット・トット」。何度行ってもお休みだったので、閉店したのかと心配していたら、営業時間が午前11時30分から午後2時30分になってました。どおりで何曜日に行っても閉まってるはずです。
「トム・チット・トット」は御所東の裏通りにある和風スパゲティの店。場所柄、そして短時間の営業とあって、オープンして20年というのに、知る人ぞ知るという感じです。おかげで、常に落ち着いた雰囲気。久しぶりにお邪魔しましたが、庫山窯の染付小紋に美しく盛り付けられたスパゲティは、昔と変わらず。繊細さを感じさせるサラダやテーブルにセッティングされるプレートなど、提供されるひとつひとつに、ご主人の美意識を感じます。店名は、娘さんが子供の頃に読んでいた童話から。優しいご主人の、f0119179_0211910.jpg愛するものに囲まれての気ままな3時間営業。訪れたモモ母も、贅沢を分けてもらったような気分になりました。
★TOM・TIT・TOT
河原町丸太町西入一筋上る
075-252-2322
11時30分~14時30分 火・水休み
[PR]
by mmcmp | 2007-02-16 00:45 | 京都でごはんたべ | Comments(2)
Commented by pikachan at 2007-02-18 02:06 x
もとはイギリスの昔話だそうなので、娘さんが読まれた童話かどうかわからないですが、「銀のしぎ」にトム・ティト・トットが出てきます。とっても好きなお話です。ぼんやり食べ物のことを考えるのが大好きで、しかも食いしん坊の女の子が騒動にまきこまれ・・・見つけなきゃいけない小鬼だか妖精だかの名前がトム・ティト・トット。いろいろあってもその名前さえわかれば大丈夫。まさに、知る人ぞ知るなんですね。
Commented by モモ母 at 2007-02-18 12:24 x
お店で見せていただいた絵本は、王様から糸をつむぐよう言われて困ってる妃のところに小鬼がやってきて、代わりにつむいでくれるかわりに小鬼の名前を言い当てないといけない、というお話でした。イギリスではお馴染みのキャラらしいので、きっといろんなバリエーションがあるんですね。ほかにどんな話があるか、知りたくなってきました。
<< 子宮蓄膿症 1 「えっと、おいらは誰だっけ?」 >>