西湖でスローダウン

f0119179_09730.jpg紫野和久傳」のおもたせで一番有名なのが、「西湖」。おもたせというだけあって、「みなさんのおかげです」の食わず嫌いのお土産にも、何年か前に登場してましたね。正式な品名は「れんこん菓子 西湖」。和三盆に蓮根の粉などが入った、やわらかな生菓子です。わらび餅や葛餅みたいにモチモチしてるけど、口どけがよく、独特の食感が楽しめます。
この「西湖」は食べる人と環境を選ぶと、モモ母は常々思っています。味は確かに美味しいのだけど、誰もが気に入るわけではなくて、「なんじゃこりゃ」と思う人もあるはず。じっくり腰を落ち着けて、できれば家庭画報とかに載ってそうな美しいお部屋で、凝った器でいただきたい。そうすれば、大半の人が好きになるはずです。決して慌ただしい日常の中でパクつくものではないんですね。f0119179_0294759.jpgだから雑然としたモモ母宅には相応しくないお菓子ではありますが、口に運ぶと不思議と落ち着くというか、バタバタするのはやめようという気になります。
★紫野和久傳 堺町店
堺町通御池下る
tel 075-223-3600
10時30分~19時30分
無休

http://www.wakuden.jp/
[PR]
by mmcmp | 2007-03-28 00:34 | 京都でお買い物 | Comments(4)
Commented by ジーナ&マイカ母 at 2007-03-30 10:51 x
そ~なんですよね。私も始めて「西湖」を食べた時の感想は「何じゃこりゃ~!」でした。何せ毎日「慌ただしい日常」を送っている人間なもんで・・・<(-.-;)
Commented by モモ母 at 2007-03-31 00:20 x
私も第一印象は「?」でした。それが二度目に食べたは随分イメージが違ったんですよね。「おもたせ」にする時は、相手が気に入りそうか、なんじゃこりゃと思うか、考えてから贈りたいですね。好きな人はめちゃくちゃ好き!という人が多いです。
Commented by ゆきち at 2011-06-27 22:25 x
通販の記事から、この記事を思い出しました。京都にいた時、京都本を熟読し、もの自体は知っていたのですが、私には、こういうものは敷居が高いと敬遠していました。この記事を読ませていただいたこともあるのですが、今年の夏は、ぜひ一度 「西湖」を味わってみたいと思っています。すごく楽しみです。but、口に合わないかも?! 通販にするか、久しぶりに京都まで行くか 考え中です。京都、暑いですか。でも、盆地だから、夜は涼しいですよね。
Commented by mmcmp at 2011-06-28 01:40
京都も今はまだエアコンなしでもしのげますが、盛夏は夜でもかなり蒸し暑いです。私は夏は極端に行動範囲が狭くなるので、先が思いやられます・・・。
西湖はエアコンの効いた畳の部屋で出来れば窓ごしに青紅葉なんかを愛でながらいただくと、とっても美味しいと思います。ざわついた場所で汗だくになってペットボトルを飲みながら食べると、一体どこが美味しいんだか・・・となるかも??
<< 緑がいっぱいの邸宅カフェ たまに買うなら、この豆腐 >>