あたたかい葛餅

f0119179_23481660.jpg鴨川の桜は盛りを過ぎた感がありますが、吉野の桜はこれからが見頃のようです。奈良・吉野の中千本にある「八十吉」は、吉野葛の製造販売の老舗。その京都店が、丸太町の府庁前にあります。小さな目立たない店なので、今まで通り過ぎていたのですが、葛湯を買いに行ったら、二階で葛菓子がいただけるというので、上がってお抹茶と本葛餅をいただくことにしました。
注文して暫くしてから運ばれてきた葛餅は、温かくてめちゃくちゃ弾力があります。いかにも作りたてという感じ。今まで食べてたあんこを薄い葛で包んだ葛餅とはまるで違います。きなこをまぶして、あんこなしの吉野葛そのものを食べる葛餅です。さすが本葛、こんなに粘りのある葛餅を食べるのは初めて。なのに、何だか懐かしい味がしました。いただきながら、この美味しさがわかるのは、年をとった証拠だf0119179_042889.jpgと実感。若い人には受けないかも知れないけど、大人にはきっと支持されるお味です。後から出していただいた桜茶も春らしくて素敵でした。
★八十吉 京都丸太町店
丸太町通新町
075-252-3187
11時~19時 
日休
http://www.yoshinokuzu.co.jp/
[PR]
by mmcmp | 2007-04-11 00:06 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< そら自分のせいやで・・ ベーグルとシェ~ >>