中央線沿線の名曲喫茶

f0119179_0124251.jpg東京での一日目の夜は、吉祥寺で食事をした後、荻窪在住のNさんオススメの名曲喫茶「ミニヨン」へ。荻窪駅南口にある「ミニヨン」は、創業昭和36年と言う老舗。BGMにクラシックをかける店はよくありますが、純粋に音楽を聴くことを目的とした店に入るのは久しぶりです。椅子がテーブルの片側にしか置かれてない席が多く、静かに耳を傾ける場所だということがよくわかります。そういえば、ジャズ喫茶やクラシック喫茶は、向かい合って談笑する空間ではなく、一人静かに思索にふける空間だったと思い出しました。「ミニヨン]では、コンサートなども企画されているので、演奏が聴きやすいよう配慮されたレイアウトでもあるようです。
この日はチェロの音色を聴きながら、カプチーノをいただきました。京都の人にはわかりづらいと思うのですが、モモ母が感じたのは、「いかにも中央線沿線にある店だな」ということ。京都だと、百万遍あたりかなぁ・・・f0119179_0402150.jpgいや、ちょっと違うかな。そういえば、長いこと出町にある名曲喫茶「柳月堂」に行っていません。久々に行きたくなりました。
★ミニヨン
東京都杉並区荻窪
03-3398-1758
11時~22時(日曜19時]
水休
http://members.jcom.home.ne.jp/stmera/mignon/
[PR]
by mmcmp | 2007-04-23 00:44 | 東京のカフェ | Comments(0)
<< 自分だけの空間 飛び石・・・ >>