宇治観光の定番

f0119179_083584.jpgもうすぐ八十八夜、新茶の季節です。お茶といえば宇治茶。宇治にはお茶屋さんがたくさんありますが、中でもJR宇治駅前の中村藤吉本店は、創業安政六年の老舗茶商。風格ある店の一角がカフェになっていて、観光客の人気を集めています。30日午後は1時間待ちと言われてましたが、モモ母が訪れたのは閉店前だったので、すぐ座れました。
庭には樹齢二百年をこえる「宝来舟松」と呼ばれる大きな松があり、子供の頃、宇治に住んでた母にとっては、藤吉さんといえば立派な松のある古いお店というイメージが強かったようです。でも、若い子たちの関心はもっぱらスイーツ。パフェやゼリー、ぜんざいとメニューは多彩です。注文したソフトクリーム(抹茶)は、シフォンケーキやフルーツが添えられていて、食べf0119179_038261.jpg応え十分でした。お茶の入ったうどんや八穀ごはんもあるのが、甘いものが苦手な男性には嬉しい。連休中は、かなり混みそうです。
★中村藤吉本店
宇治市宇治壱番
0774-22-7800
http://www.tokichi.jp/
[PR]
by mmcmp | 2007-05-01 00:39 | 京都のカフェ | Comments(2)
Commented by ainahaina_y at 2007-05-06 16:05
中村藤吉本店は私も行かせていただきました。
その時は他のお店が満員なのに、中村さんだけが空いていて、、、
あれ?どうなってるの?って思ったのですが、
やはり、宇治といえば、中村藤吉本店なんですよね!
ただ、店構えの古さの割りには店内がきれいに改装され過ぎていて、
「ガックシ。。」となりましたが、
夕方で御近所の品の良さそうなおじいさん達が集まって甘党してらっしゃったのが印象的でした。
Commented by モモ母 at 2007-05-06 20:03 x
カフェを始められたのは、わりと最近だと思います。時間がたてば、もっと馴染んでくるんでしょうね。私が訪れたのは三度目で、前二回はとても混んでましたが、閉店前だった三度目は空いてました。夕方がねらい目ですね。そうそう、お茶やクッキーなどは京都駅の新幹線構内でも入手できるよになってましたよ。
<< 宇治の実力派パティシェ 商品名は「ポテト」 >>