連休の終りに

f0119179_1114769.jpg連休最終日は雨。でも、おかげでのんびり過ごした人が多かったかも知れません。フリーで働いてるモモ母は、連休も普段と変わらない生活でしたが、店が混んだり、金融機関が休んでることで、連休らしさを感じていました。
連休中、仕事先に届け物をするのに、京都御苑の中を通り抜けたら、小川に遅咲きの八重桜が大量に散っていました。花びらだけでなく、椿のように花ごと散ったものも多く、川面がピンクに染まるほど。花筏という言葉は知っていましたが、こんなに見事なのを見たのは初めてではないかと思います。そばで遊ぶ親子のうちの一組が、その様子を熱心にスf0119179_144989.jpgケッチしていたのが印象的でした。
連休に行楽地や商業施設に行くのも楽しいけど、心象風景として残るのは、案外こうした何気ない体験なのではないかと思うのです。臨床心理士の先生が子供の育ちには記憶してることより、憶えてないことの方が大事なのだとおっしゃってましたが、春の午後、母親と過ごした穏やかな時間は、本人が忘れてしまっても、きっと大きな意味を持つような気がします。
[PR]
by mmcmp | 2007-05-07 01:46 | 雑感 | Comments(0)
<< なんか良い感じ 豆餅だけじゃない! >>