三条会のニューカマー

f0119179_23464711.jpg今年に入って三条会に次々と新しい店がオープンしています。三条大宮にできた自家焙煎珈琲の店「てらまち」もそのひとつ。寺町でなく大宮にあるのに、なんで「てらまち」なのかと思ったら、マスターの名前が「寺町さん」なのだそうです。
町家を使ったお店は一階がカウンター席、靴を脱いで上がる二階が禁煙のテーブル席と和室になっていました。ほっこりできる和室に上がりこんでオーダーすると、清水焼の器に入れられた珈琲が運ばれてきました。二階に他のお客さんf0119179_0121545.jpgがいなかったので、あちこちうろつきまわって撮影させていただいたんですが、吹き抜けから一階席や奥の庭を見おろす感じがなんともいえず良いですね。「てらまち」さんの西隣には外国人の茶道教室ができるとかで、現在工事中。近くにはお酢の専門店もオープンしていました。三条会は今後も目が話せません。
★珈琲工房てらまち
三条大宮西入
075-821-6323
9時~20時(土日8時~)
[PR]
by mmcmp | 2007-05-19 00:17 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< 町家に住むということ 犬は犬らしく >>