町の漬物屋さん

f0119179_1213581.jpg千枚漬を見ると冬を感じるように、夏の到来を感じる漬物が浅瓜。ご近所のスタンダードな三宅の浅瓜も買いますが、出町の桝形商店街にある「なかにし」で、青じそ入りの「あさづけうり」を買うことが多いです。
出町の漬物屋として有名なのは寺町のN。贈り物には良いかも知れませんが、モモ母には高いだけかな?という印象があります。普段使いなら「なかにし」の方が手軽です。あさづけうりも300円とリーズナブル。「はなまる」のおめざだったか、「食わず嫌い」だったか忘れたけf0119179_1375882.jpgど、田畑智子が出演した時にお土産として「なかにし」の漬物を持ってきてたのを見て、やっぱり京都の人だなぁと感心しました。どこにでもありそうな町の漬物屋さんといった風情ですが、小銭を入れる昔懐かしいザルカゴが店先にぶら下がっているあたり(写真に写ってるの、わかりますか?)も気に入ってます。
★出町なかにし
上京区桝形通出町西入
075-231-7758
9時30分~19時
8日と不定休(日曜が多い)
http://www32.ocn.ne.jp/~masugata/
[PR]
by mmcmp | 2007-06-08 01:48 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< 御影通りのパティスリー 老舗店の傾向? >>