玉子で巻いた春巻

f0119179_23574856.jpg四条大宮の「上上(シャンシャン)」の卵春巻が美味しいと聞いて、食べに行きました。そういえばバスの中から中華屋さんがあるのは見たような気がするけど、今まで全然ノーマークでした。聞けば、数年前まではプレハブだったのが、いつしかなくなったと思ったら立派なビルになったそうです。それだけ儲かってる、人気があるということでしょう。
この日、注文したのは揚げた鶏にネギとショウガの香りソースの「油淋鶏(ゆーりんじー)」、ピンクのソースが意外だった「青菜炒め」など7品。種類が豊富で、よその店ではあんまり見ないメニューもたくさんありました。その中では春巻はオーソドックスではありますが、名前が「玉子で巻いた春巻」とわかりやすい。なるほど、ほかにも「貝柱とレタスの春巻」「蒸し春巻」と3種の春巻があるので、それぞれちゃんと説明しておく必要があるんですね。お目当ての春巻は、玉子の軟らかさや筍など具のバランスもさることながら、添えf0119179_019017.jpgられた香味塩が美味しさを倍増。次回は帆立とレタスの春巻も試してみたくなりました。
★中国食府 上上
四条大宮下る西側
075-822-8181
11時45分~14時
17時30分~22時 
月休
[PR]
by mmcmp | 2007-06-27 00:22 | 京都でごはんたべ | Comments(0)
<< 「夏越の祓」 えっちゃん☆ >>