たなばたさま

f0119179_0385291.jpg7日早朝のラジオ番組で♪ささの葉さ~らさら・・・の童謡「たなばたさま」をかけたのですが、題名の「たなばたさま」に「ああ、七夕って七夕様だったんだ」と再認識しました。この敬称の対象って何?月をお月様と呼ぶように、織姫、彦星のお星様を敬ってるの?それとも天の神様に漠然と様をつけてるの?短冊に願い事を書くわけだから、お願いする相手が七夕様なんでしょうが、大人になってから七夕を「七夕様」と言った記憶がありません。昔はかまどにも神様がいたり、身近な神様に日頃から感謝をしていたからこそ、自然と「様」をつけたんでしょうね。
七夕飾りをする家は減ったかも知れませんが、七夕商戦は近年の方が盛んですね。バスからチラッと見ただけだけど、出町商店街では6日、7日と夜店が出て多くの人で賑わってました。写真は飾りつけが始まって間もない6月23日に撮ったもの。そうそう、七夕にはそうめんを食べるんだそうですが、昼に食べなかったので、晩ごはんの時に煮魚に添えてみました。
[PR]
by mmcmp | 2007-07-08 01:19 | 雑感 | Comments(0)
<< シフォンケーキも◎ フランジパニに一番乗り >>