夏のしつらえ

f0119179_21947.jpg珈琲、紅茶がないので、カフェのカテゴリーに入れるのも何ですが、洛北高校前周辺でモモ母が大好きなお店が「ほうせん」。あずき処「宝泉堂」の茶房で、閑静な住宅地にあって町家とはまた違った京都らしさを体験できます。廊下に沿って進むと二つの座敷があり、美しいお庭を眺めながら、お抹茶やお煎茶、生菓子、わらび餅などがいただけます。夏らしいメニューも用意され、その中から抹茶の「京しぐれ」をお願いしました。上品に炊きあげた小豆はさすがあずき処。抹茶の寒天は甘みが足りないと思うほどあっさりしているのですが、暑い夏には寧ろちょうど良い。冷たいお茶とよくあう品の良いお味でした。
お部屋は葦戸やすだれを用いた夏らしいしつらえ。さりげなく置かれたうちわ立てや廊下の蚊取り線香も情緒があります。以前はなかった座卓も配されていました。これはお客さんが増えたせいですね。前f0119179_255547.jpgは一部屋に他のお客さんと同席することは滅多になかったのですが、お盆休みのせいもあるのでしょうか、次々お客さんが来られるのには驚きました。そういえば、京都駅の新幹線構内にも最近お店ができました。でも、周辺にはこれといった観光スポットはありませんが、観光客の方には是非本店まで足を延ばして欲しいと思います。
★ほうせん
下鴨西高木町
075-712-1270
10時~17時 水休
http://www.housendo.com/pre/housen.html
[PR]
by mmcmp | 2007-08-15 03:03 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< 生の声を聴く 商店街にできたカフェ >>