昔からのお気に入り

f0119179_1433192.jpg長年ラジオの早朝番組でアシスタントを務めてきたKさんが29日で卒業。残るものは好みが合わないと却って迷惑だろうと思い、彼女も好きな和菓子屋さん「紫野源水」で、モモ母が一番好きな「かぐや姫」を買って、お渡しすることにしました。十勝産小豆を使ったこなしの中に上質な丹波栗を入れた上品なお菓子で、ひとつひとつ竹の皮に包まれています。秋の栗をかぐや姫に見立て、竹藪の中からかぐや姫が出てくるイメージで、笹を敷いた竹籠に入れられた趣向が何とも素敵。
Kさんにお渡しする前にお店で写真を撮らせていただいていたら、「一番初めに、このかぐや姫をPに出していただきましたね」と奥さん。「涼一滴」がお取り寄せギフトでブレイクする何年も前に、雑誌Pの別冊で京都掲載分を担当した時にこの「かぐや姫」を紹介したのですが、奥さf0119179_2164134.jpgんがずっと覚えていて下さったと知り、嬉しくなりました。以前、ご主人も「こういう古くからのお客さんを大切にせんとあかんのや」と言って下さったことがありましたが、有名になると態度が変わる店も少なくない中、そういう姿勢ってとても大事だと思います。お店の魅力って、商品だけじゃないですよね。
紫野源水
北区小山西大野町
075-451-8857
9時30分~18時30分 日・祝休
[PR]
by mmcmp | 2007-09-29 02:24 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< 10月1日秋メニューへ こんな店があったとは >>