10月1日秋メニューへ

f0119179_23394624.jpg京都駅新幹線構内の「宝泉」が気に入った父が、お世話になっているS先生に和菓子を贈りたいというので、二人で洛北のお店へ。まずはやはり茶房「ほうせん」で一息。土曜の夕方だったこともあって、玄関には靴がこれまで訪れた中で最もたくさん並んでいました。行く度にお客さんが増えているように思います。
贈り物の試食も兼ねてオーダーした水ようかんは、後を引かず、とても気持ちの良い甘さです。こちらの水ようかんを食べたら、他店のは甘すぎて食べられなくなるかも。ただし水ようかんや京しぐれなどの夏期メニューは30日まで。「冷やしぜんざい」も、10月1日からは温かい「おぜんざい」になるそうです。数年前に食べて感動した「栗きんとん」が登場するのも、やf0119179_071851.jpgはり1日からなのだとか。盛夏に訪れた時とはお部屋のしつらえが変わっていましたが、1日からはより一層秋らしいものになるのでしょうね。初めて訪れた父も美しい庭や京都らしい佇まいに丁寧な接客の「ほうせん」が気に入った様子で、「S先生が京都に来られた時にはこちらにお連れしよう」と言っていました。
★ほうせん
下鴨西高木町
075-712-1270
10時~17時 
水休
http://www.housendo.com/pre/housen.html
[PR]
by mmcmp | 2007-09-30 00:13 | 京都のカフェ | Comments(2)
Commented by 遊菓里 at 2007-09-30 17:22 x
モモ母様
こんにちは。いつも楽しみに拝見させて頂いています。
紫野源水さんといい ほうせんさんといい 家の近くにあったなんて 知りませんでした^^;
あたたかいぜんざい食べに 行きたいです♪(栗きんとんも・・・)

美味しいお店の紹介とっても 嬉しいです。
Commented by モモ母 at 2007-10-01 00:54 x
遊菓里様、コメント有難うございます。
ほうせんは価格設定は正直言って高いと思いますが、素敵な雰囲気の中でいただくので、コストパフォーマンスは決して悪くないと思います。是非一度、お出かけください。
実は黒みつだんごの「美玉屋」も目と鼻の先です。
<< ホスピタリティ溢れる自宅カフェ 昔からのお気に入り >>