「若き漆の担い手たち」

f0119179_23491086.jpg寺町二条のギャラリー「Terra」で14日まで行なわれている「若き漆の担い手たち」を観てきました。ギャラリーによる企画展で、埼玉・長野・京都・沖縄と、ところも作風も異なる4人の若き漆作家の作品が集められています。友人の民徳嘉奈子さんは沖縄らしいデイゴの木や漆では珍しい青色を使っていたり、京都の奈良井志野さんは石に漆を塗ったりと、個々の作家さんの意欲的な姿勢がうかがわれます。
多分、京都では他府県に比べて漆器などを目にする機会が多いと思うのですが、どれも漆器店に並ぶものとはまた違う、「作品」であることを意識させるものばかりでした。職人技の研ぎ澄まされた漆工芸も洗練させていて好きだけど、考えてみれば個性を隠すというか、誰かの手で作ったことをあf0119179_0221948.jpgまり感じさせない気がするのです。勿論、見る人が見たら作風の違いが一目瞭然なんでしょうけど、素人目には人の存在を感じさせないというか・・・。それに比べて会場に並ぶ作品は、人が何度も何度も漆を塗り重ねて完成させたんだなぁとか、この人はどんな所で作業してるのかなぁ・・と思わせるハンドメイドのぬくもりがありました。4人の作家さんたちの今後の活躍を期待したいものです!
[PR]
by mmcmp | 2007-10-11 00:24 | 観劇・鑑賞 | Comments(2)
Commented by こむぎん at 2007-10-11 21:54 x
今、私の地元のデパートで『大京都展』が開催されてます。
モモ母さんが紹介されてる『俵屋吉富』、『本田味噌本店』なども出展してました。
今日はゆっくり見られなかったので、また明日、出直します♪
モモ母さんと知り合えたおかげで、『大京都展』も違った楽しみ方が出来ましたよ~!!
Commented by モモ母 at 2007-10-12 01:22 x
早速、「大京都展」を手がかりに井筒屋さんのサイトをのぞいてみました☆
一度食べてみたいと思いつつ、まだ食べたことがない「グランマーブル」のパンが出店してるのでビックリ!
ちょっと高いですが、松葉の「にしんそば」は京都の老舗でオススメですよ~。慣れないと好き嫌いがあるかも知れませんが、私はにしんそばに青ネギをたっぷりかけて食べるのが大好きです!
<< やっぱり「季りん」へ 気心の知れた仲 >>