「和而不同~Same But Different・・・」

f0119179_1354072.jpg21日まで岡崎の「京都国際交流会館」2階展示室で行なわれている「和而不同-東西両極の芸術表現による宇宙宏観-(墨象と写真)」を観にいきました。王石明さんの水墨画とロバート・マクノートンさんの写真による交流展で、マクノートンさんの作品を観るのは初めてでしたが、キャンバスに描かれた油彩のような不思議なタッチの写真でした。
水墨画家であり書家でもある王さんは、モモ母が大好きなアーティストの一人。水墨画というと穏やかで枯れたイメージが強いのですが、王さんの作品はアグレッシブ。コンテンポラリーアートを観ているような斬新なものがあったり、静物を描いていてもそこに秘めた躍動感や気迫を感じさせるものがあります。中でも黒と白のバランスが美しい「映日」や、自宅の蓮をモチーフにした連作に魅力を感じました。昔と比べて落ち着かれたなぁと感じるf0119179_2222934.jpg時期もありましたが、ドイツでの作品展の成功が転機になったのでしょうか、最近は王さんの中でまた何かが変わった様子。新たな展開を予感させます。来月も水墨画を指導している生徒さんとの展覧会が建仁寺であるとのこと。楽しみです。
http://www.kcif.or.jp/jp/zigyo/sistercity/07/same-different.html
[PR]
by mmcmp | 2007-10-18 02:24 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)
<< お得感あります! 紅茶の店がありました >>