風邪の季節に

f0119179_23541011.jpg日曜は雪がちらついて寒かった。モモの茶色い背中にも時折白いものがついておりました。こういう風邪をひきそうな日に持ってると安心なのが西陣の「たんきり飴」。その昔、西陣織の職場では細かい糸埃が舞って、咳をする職人さんが多かったそうで、この飴を舐めて痛みを和らげていたのだとか。上質の土生姜の絞り汁を入れたたんきり飴は、香料を一切使用していない自然の味。ひとつひとつ微妙に形が違うのが、いかにも手作りらしい。モモ母が頻繁に愛用してた頃は喉に生姜の刺激が心地よくて、いかにも効いてる感じがしたんですが、数年前に職人さんが変わられてからは味がマイルドになってちょっと残念。でもマイルドになったおかげf0119179_0181279.jpgで子供も食べられ、今の方が好きという人も少なくないようです。
こちらは豆平糖やハッカ味など飴の種類も豊富ですが、あられも40種類ほど並んでいて、これがまた美味しい。辛さが際立つ七味やマヨネーズ味などのほか、ラジオの「うまいもん」スタッフには、ゴボウ味のあられがウケてました。
★たんきり飴本舗
大宮寺之内
075-441-4429
10~19時(日曜~18時)
[PR]
by mmcmp | 2008-01-14 00:22 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< 今年もお世話になります! モモのしっぽ >>