ぼうあい

f0119179_033970.jpg番組で使用した抹茶が残っていたので、家で点ててみました。抹茶が必要な時は「北大路ビブレ」を少し西に行ったところにある「山本園」で買っています。室町通りに面した普通の家のような店です。こちらはかつて三条河原町に店を構えておられました。そして2階には「昴娃(ぼうあい)」という名前のカフェがありました。
「昴娃」がオープンしたのは80年代後半。当時は抹茶スイーツで有名なHもまだ内装は垢抜けない店でしたし、甘味処と言えばお琴が流れる純和風の店が主流でした。そんな中で、モノトーンの店内に大理石のテーブルが配された現代的な空間で抹茶やぜんざいなどを楽しむ「昴娃」は、かなり最先端を行ってました。BGMもニューエイジっぽいものが多かったように記憶しています。本も当時はまだ週刊誌などを置く店が多かったけれど、絵本などセレクトされたものが並んでいました。「ウォーリーを探せ」を初めて見たのがこの店で、面白いなぁと思っていたら、その後、ブームになって驚きました。そのことからも時代の先を読む目があったのだと思うのですが、残念ながらいつ間にか閉店。きっと、早過ぎたんですね。抹茶スイーツのHが表参道や六本木ヒルズにオシャレな店をオープンさせているのを見ると、「昴娃」がやりたかったのは、こういうことだったんじゃないのかなぁ・・と思ったりします。
[PR]
by mmcmp | 2008-01-26 00:38 | 追憶の店・風景 | Comments(4)
Commented by 三条大宮のフランス人 at 2008-01-26 01:41 x
いやぁご無沙汰してます。
「ぼうあい」、おとなの店でしたね。
今でも三条河原町で、かつての入り口をみて懐かしんでます。

遅まきながら本年もよろしくお願いいたします。
Commented by こむぎん at 2008-01-26 10:19 x
先を行き過ぎちゃったんでしょうか…。
昔なからの『純和風』ではない、『和カフェ』のような雰囲気のお店、北九州にもあります。抹茶やぜんざい…あ~今日みたいに寒い日はぜんざい、いいですね、食べたくなっちゃいました…。
Commented by モモ母 at 2008-01-27 00:56 x
三条大宮のフランス人様
久々のコメント有難うございます!
こちらこそ今年もヨロシクお願いします。
やっぱり三条大宮のフランス人様にとっても「ぼうあい」は懐かしい店でしたか。すごく良かったですよね。なくなって残念です。
Commented by モモ母 at 2008-01-27 01:02 x
こむぎん様
そうそう、「和カフェ」の先駆け的な店だったんです。
今ならウケると思うんですが・・・。
土曜も寒かったですね。
甘すぎず、小豆の美味しさが堪能できるぜんざい、食べたいですね~。
<< ちっちゃなパンが袋にいっぱい! 至福の時間 >>