和菓子が届きました☆

f0119179_1322751.jpg先日、「紫野源水」の和菓子をいただきました。ご近所の名店「紫野源水」のお菓子はお使い物によくするのですが、人からいただくのは久しぶり。やはり嬉しいものです。
「春霞」は春の野を表現した薯蕷練り切り。裏ごししたつくね芋で淡い紅色は桜、緑は柳、黄色はレンギョウをイメージしたもの。中は白あん。白あんにはインゲン豆などを使う店も多いようですが、こちらは白小豆を使っています。もうひとつは「本わらびもち」。寝かせて風味を増した本蕨湖が使われていて、プルプルやわらかく、しかも適度な粘りもあり、中のこしあんとベストマッチ。わらび餅というと夏のお菓子と思われがちだけど、こちらではわらびの季節の2月初旬から4月20日頃までの販売。「本蕨粉を使ったわらび餅は冷蔵庫に入れf0119179_29489.jpgないで」と奥さんがおっしゃってました。実は美味しくいただいたので、記事にしようと後日、お店にお話をうかがいに行ったのです。写真左は昨年夏に撮ったものですが、今回もモモを外に待たせて、話を聞いてきました。
紫野源水
小山西大野町
075-451-8857
9時30分~18時30分
日・祝休
[PR]
by mmcmp | 2008-03-17 02:11 | いただきもの | Comments(2)
Commented by こむぎん at 2008-03-17 23:49 x
和菓子って、季節を感じさせてくれますね~。
最近は和菓子屋さんをのぞく機会が減ってしまってたので、モモ母さんのこの記事を見て、明日にでもデパ地下に行ってみようかなって思いました^^
モモちゃん、おりこうさんにして待ってますね~!!
Commented by モモ母 at 2008-03-18 01:49 x
そうですね~☆和菓子が春を運んでくれたようでした。
洋菓子も使われるフルーツなどで季節を感じますが、和菓子は形を見て、名前を聞いてそれぞれの季節を思い起こさせてくれるのが魅力ですね。
モモは待ってる間は大人しいんですが、迎えに行った途端、嬉しいんだか待たせてたことを怒って逆ギレするんだか、やけに興奮するのが困りものです・・・・。
<< 大きな木 3月の知恩寺の手づくり市 >>