あずき処のあずきを味わう

f0119179_2131663.jpg下鴨の「宝泉堂」に「丹波ひんやりあずき」を買いに行きました。丹波大納言をゆっくりと炊き上げたものが、1袋250グラム入っています。パッケージには白玉やアイスクリームと一緒に食べたり、ぜんざいにしてと書かれているのですが、モモ母はいつも暫く冷蔵庫で冷やした後にガラスの器に少しずつ入れて、そのままいただきます。やわからく、それでいて美しい形を保ち続けているちょうど良い炊き加減、混ぜ物なしの小豆と砂糖だけが作り出す味わいを、それで十分堪能できるのです。
ところで「宝泉堂」は本店と、本店から少し東に歩いた住宅街にある「茶寮宝泉」、京都駅新幹線駅構内にある「宝泉JR新幹線京都駅店」の3つの店舗があるんですが、商品ラインナップが微妙に違って、「ひんやりあずf0119179_2412629.jpgき」は本店で、しかも夏期しか売ってないんです。本店では商品を用意してくださる間にお茶とお菓子を出してくださいます。冷たいお茶に、道中の暑さを一瞬だけ忘れました。
★宝泉堂本店
下鴨膳部町
075-781-1051
9時~17時30分 日・祝休
http://www.housendo.com/index.html
[PR]
by mmcmp | 2008-07-28 02:54 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< カミナリは平気だけど 土曜日のフランジパニ >>