京都観光のメッカで甘味を味わう

f0119179_163645.jpg多くの人がイメージする京都らしい風景といえば渡月橋、八坂の塔、そして祗園白川の巽橋辺りですね。辰巳大明神なんかが京都サスペンスにはしょっちゅう登場します。確かに縄手から花見小路までの白川沿いは風情があって、モモ母も観光客気分で写真を撮りたくなります。
巽橋のすぐ横、新橋のたもとにある甘味処「ぎをん小森」には、休日ともなると行列ができていました。ジモティが普段使いをにするには価格設定が高いんですが、それだけの価値はあるので、観光で訪れた人にはおススメです。というのも、ここは元お茶屋だった建物。所々に照明が置かれたほの暗い廊下やすだれ越しに見える柳など、情緒満点です。こf0119179_1293823.jpgの日は初めて2階に上がって、かき氷の宇治ミルク(1200円)をいただきました。氷の下に抹茶の寒天が入っているところが京都で抹茶スイーツを食べたい人に喜ばれそうです。もちろん、抹茶アイスを使ったパフェなどもあります。
★ぎおん 小森
祇園新橋元吉町
075-561-0504
11時~21時(日祝~20時)
水休

http://www.giwon-komori.com/index.html
[PR]
by mmcmp | 2008-07-31 01:32 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< めちゃくちゃ美味しいっ カミナリは平気だけど >>