セピアの庭で時を過ごす

f0119179_2411839.jpg一泊で東京に芝居を観に行きました。開演前までのひとときを過ごしたのが、劇場のすぐ目の前にある渋谷道玄坂の「セピアの庭で」。二重になったドアの向こうは、渋谷の喧騒が嘘のような静けさ。前回は窓際の席に座ったのですが、今回はカウンターに座りました。
オーダーしたマンデリンは思ったより軽め。ブラックでいただくのがちょうど良い感じでした。レアチーズケーキは甘さ控えめ。濃厚だけど酸味はそれほど強くなくて、酸味の強いレアチーズが苦手なモモ母には嬉しい。ケーキそのものはそれほど特徴的な味ではなくて、コーヒーと一緒にいただくことで美味しさが増すようです。クラシックの流れる店内で寛ぎながら、コーヒーを半ばいただいてから、ふと奥に目をやると、みごとな百合が飾られているのに気づきました。しかも天井に届きそうなくらいに大きく、花も大輪。マスターにうかがったところ、カサブランカという品種f0119179_3222690.jpgで、もう10年以上欠かしたことがないのだそう。目隠し的な意味合いで飾っているそうですが、その見事さに圧倒されました。渋谷でこの落ち着いた空間を満喫できるのですから、コーヒー1杯で800円以上するけれど、芝居の前後にはまた訪れたいと思うのです。
★セピアの庭で
東京都渋谷区道玄坂
03-3464-7252
12時~23時 無休
[PR]
by mmcmp | 2008-09-11 03:23 | 東京のカフェ | Comments(0)
<< 「人形の家」 さくらちゃんとお散歩 >>