和菓子を巡る旅

f0119179_191450.jpg「好日居」さんでお店の方と東北のお菓子の話になり、そういえば今こんなお菓子があるんですよと出して下さったのが、「みちのくせんべい」。何だか知り合いのお宅でお茶請けを出していただいたみたいで嬉しくなりました。京都でいうとO煎餅のような麩の焼とおっしやったんですが、確かに感触はそうなんだけど、京都の麩の焼って基本はどこも同じなのに、これは薄さといいお味といい、ほかにない仕上がり。カルメ焼きを極薄にした様でもあります。食べてすぐより、一瞬後に甘さが拡がりました。仙台の「賣茶翁」という店のお菓子だそうですが、ここはいまどき電話もない、だから予約も地方発送もない、店に行って買わないと入手できないのだそうです。
旅先ではその土地の美味しいものを買いたくなるけど、欲しいものを入手f0119179_1461676.jpgするために旅をして、ついでに観光するのも楽しいかも、と「みちのくせんべい」をいただいて思いました。特に和菓子は店構えやその土地に息づく佇まいなんかも見てみたい。「カフェ工船」で出してもらった諸江屋の「ココア落雁」も気に入ってお取り寄せしたけれけど、本店を訪れてみたい気持ちは、今も持ち続けています。
(昨日の記事で畳の部屋と書いたのは板間の間違いでした。かつては畳だったそうですが、今は板間に。昨日の記事も訂正しています)
[PR]
by mmcmp | 2008-10-10 01:47 | 雑感 | Comments(2)
Commented by sakura-3rd at 2008-10-11 22:02
ご無沙汰しています、さくら♪杜の都です。
「みち乃くせんべい」は、お土産用に買いに行くことが
多いので、ご用命がありましたらいつでも承ります。
私は京都のO煎餅の方が好きなのですが。(笑)
Commented by mmcmp at 2008-10-12 01:47
お久しぶりです!
そうでした、そうでした!さくら様は仙台でしたね★
やはり地元の人がよく利用されるお菓子なんですね。
でも、さくら様はO煎餅の方がお好みですか・・・。
私もO煎餅も好きなんですが、みちのく煎餅はよそにないオリジナリティがあって気に入りました。
恋しくなったらお願いするかも・・・。その時はよろしくお願いします~♪

<< モモの好奇心 キューピーさんとピアノの調べ >>