小さな手土産

f0119179_033761.jpg近所で手土産を調達するなら「しののめ」や「コム・トゥジュール」なんですが、いつもと違うものを買ってみようと「宝泉堂」に行ってみました。目に付いたのは可愛い籠に入った栗納豆「洛くり」(1050円)。小さいので、いくつ入ってるのか尋ねると20個くらいと意外と多かったので、これに決めました。ところが、お店の方が「かんころおひとつですね」と言われた気がして確かめると、隣に並んでいた「松笠かんころ」(735円)と間違われていたみたいで、「洛くり」は8個ほどしか入っていないことが判明。ちょっと迷ったけど、どうも「かんころ」は美味しそうに見えなかったので、やっぱり「洛くり」をお願いしました。
で、商品を準備してくださってる間、いつものようにお茶をいただきながら待つことにしたのですが、ちょうどお茶受けが「かんころ」でした。いただいてみると第一印象はさほどでもなかったものの、黒砂糖の甘みの後から栗のf0119179_033474.jpg風味が拡がって、なんとも上品。こっちでも良かったかな・・・と思いつつやっぱりこっちにとも言えず、「洛くり」を持ち帰りました。「洛くり」は実際にいただいてないので、味のほどはわかりませんが、「かんころ」に負けない美味しさだと良いなぁと思いながら、お世話になったN医師にお渡ししました。
★宝泉堂本店
下鴨膳部町
075-781-1051
9時~17時30分 日・祝休
http://www.housendo.com/index.html
[PR]
by mmcmp | 2008-11-06 00:38 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< 久々のナチュール・シロモト 8歳になりました★ >>