珈琲一杯の悦楽

f0119179_252058.jpgこのところ、なかなかゆっくりカフェを楽しむ余裕がありません。それでも、ふと立ち寄りたくなって「伽藍」の扉を開けました。いつもは窓際かその並びに座ることが多いのですが、この日は初めて真っ赤なバラよりも向こうの奥の席へ。漆喰の壁に囲まれた小さなスペースは、ここだけが他の席から離れていて、いつもにも増して落ち着きます。
ロイヤルコペンハーゲンのカップとシュガーポットが木のテーブルに置かれ、その美しさに魅せられつつ、珈琲を口に。最近はまっているマンデリンは、こちらもうっとりするくらい美味しい。流れるジャズも心地よくて、すべてが完璧にモモ母好み。ここに来ると、いつも心底魅せられてしまうのですが、この日も完全にやられましf0119179_226268.jpgた。多分この手の店は東京にはさほど珍しくないと思うのですが、ここまで見事な店は、京都では貴重。家の近くにあって本当に良かったと実感しました。原稿チェックをしながらのつかの間の悦楽でしたが、こんなひとときがあるからカフェめぐりはやめられません。
★伽藍
上賀茂今井河原町
075-791-1511
11時~22時
月・第2.4火休
[PR]
by mmcmp | 2008-11-15 02:28 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< 満足度高し! 11月の因幡薬師の手づくり市2 >>