2017年 02月 27日 ( 1 )

月曜の森友報道と「夜明けの街で」

f0119179_22174994.jpg今日はまず渡辺弁護士の記事をリンク。現時点での問題点がうまく整理されてます。月曜は「ひるおび」などの昼ワイドも森友を取り上げてましたが、安倍さんのスポークスマンとも言われる田崎氏の安倍さん擁護が酷くで話題に。この会食のおかげかも知れませんね。隣の伊藤さんが「しつこく頼めるほど安倍さんと親しいということになる」と突っ込んでました。そりゃ籠池さんは安倍さんの携帯番号をご存知らしい?ですしね。昨日は「週刊報道LIFE」、今日は「モーニングショー」が良かったそうで、ワイドショーも取り上げる様になって、漸くテレビとネットのタイムラグがなくなってきたと思ったら、「ミヤネ屋」の様に安倍さんはおかしな学園に利用されただけという世論操作的な番組も。菅野さんがツイートした様に今夜も会食。店の前に緊急スタンディングとの情報もあり、明日はどんな論調の報道になるのか興味深いところです。
さて、東野圭吾の「夜明けの街で」を読みました。東野作品って加害者家族を描いた「手紙」や環境問題が絡んだ「真夏の方程式」など社会的な要素を盛り込んだエンタメ性の高いミステリーが魅力だと思うんですが、これは前半は殆ど男女の不倫話で広がりが少なく物足りない。不倫相手が時効間近の殺人事件の真犯人かも・・・という後半はちょっと盛り上がったけど、結末はご都合主義というか、そりゃないでしょという種明かし。でもまあ不倫や離婚の危機も現代日本社会を反映してるから、これも社会派ミステリーなのかも知れません。クリスマスやバレンタインなどのアニバーサリーに不倫中の世の男たちは妻に悟られずに愛人女性と会う為、こんな必死の作戦を決行してるんでしょうか。奥様方はお気を付け下さい。
[PR]
by mmcmp | 2017-02-27 23:31 | カフェ読書 | Comments(0)