2017年 10月 02日 ( 1 )

「虹の谷のアン」

f0119179_0225023.jpgほらほら、危惧してた極右大連立の可能性を指摘する声、最悪の事態を恐れる声がチラホラ。中島岳志さんのこんな怖いツイートもあって、今年の流行語大賞は「国難去ってまた国難」だったりして。
さて、アンブックスのレビューを書こうと思っていたら、神谷明さんが槐柳二さんの訃報を伝えるツイート。槐さんといえば有名なレレレのおじさんよりも、モモ母は「赤毛のアン」のマシュウ役が好きでした。ご冥福をお祈りします。そのアニメや絵本でしかいらないアンをちゃんと読んでみようと年に一冊くらいのペースで読み続け、今年は「虹の谷のアン」を読みました。設定ではアンももう41歳。この作品ではアンもアンの家族も脇役で、話の中心は牧師館の子供達。途中で孤児のメアリーも乱入して、様々な騒ぎを起こしていきます。フェイスが可愛がっていた鶏のアダムが隣町から来た牧師をおもてなす為にしめられたり、自らへの罰として断食をして幼いユナが倒れてしまったり、やはり子供がメインの方が生き生きとして、「炉辺荘のアン」よりもずっと楽しく読めました。大人たちは狭いコミュニティで噂話に花を咲かせ、物語の世界として読むのは良いけど、住むのはちょっとなぁと思う。でもどうやらこうした平和で牧歌的な話はこの作品までの様で、次作では第一次世界大戦下でアン一家の男たちも戦地に赴くとか。それはまた来年以降に読むつもりです。
[PR]
by mmcmp | 2017-10-02 01:46 | カフェ読書 | Comments(0)