「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:田中亮一( 13 )

45年後の高岡拳太郎

f0119179_16343313.jpg2015年限定だったはずのカテゴリーですが、10月から始まった「タイガーマスクW」に主人公の育ての親として高岡拳太郎が登場、CVも初代当時の亮一さんが再び担当してるので久々に田中亮一さんの記事を。ちなみに「聖闘士星矢黄金魂」もTOKYO MXやサンテレビ等で現在放映されてて、2夜連続で亮一さんの声が聞ける地域もある様です。羨ましい★
「タイガーマスク」は夕方によく再放送をやってたから、子供の頃、モモ母も見てました。前半はあんまりよく覚えてないけど、亮一さん演じるケン高岡こと高岡拳太郎が登場する後半は好きでしたね。伊達直人の代わりにタイガーのマスクを被って試合に出たり、ルリ子さんにタイガーの正体をバラしたり、ラストで直人からマスクを託されたり、結構重要なキャラだったんですよね。彼が虎の穴のボスに倒される回の解説をしているこんな記事を発見。このブロガーさんは当時高校生ということは、今は60代でしょうか?その後を描いた「タイガーマスクW」ではすっかりおじさんになったけど、おやっさん的ポジションで彼が登場し、亮一さんがアテててるのが嬉しい、亮一さん目当てで見るという当時のファンも多い様で、モモ母も嬉しいです。バイク店を経営する拳太郎が赤いバイクをいじってるのを見て、同じく亮一さんが演じた「デビルマン」の不動明を連想したという書き込みも。確かに明くんはいつも赤いバイクに乗ってました。関西は首都圏より1週遅れなので、3話を投稿動画でチラッと見たら、今の主人公がタイガーマスクを受け継いだ経緯が描かれてて、亮一さんが喋りまくってました。今週末の関西でのオンエアが楽しみです。余談ですが、昔、モモ母がADのバイトをしていたラジオ番組に森本英世さんが来られたことがありました。森本さんと言えばモモ母にとっては新田洋さん。タイガーマスクの主題歌を歌っておられましたよね、という話をサブでした記憶があります。今回のオープニングも当時と同じ主題歌で、絵は良いけど、歌がイマイチ。2013年のこの動画を見ると、まだまだいけそうだし、森本さんが今のアレンジで歌えば良いのになぁ・・・。
http://www.toei-anim.co.jp/tv/tigermask_w/
[PR]
by mmcmp | 2016-10-18 17:22 | 田中亮一 | Comments(0)

女性ファン、男性ファン

f0119179_21354851.jpg聖闘士星矢 黄金魂」が明日からキッズステーションでテレビ初放送ですが、モモ母は見られず。でも、モンストのCMや「青山二丁目劇場スペシャル」はチェックしたし、いつか見たいと思ってた「タップス」のDVDも初視聴。トムクルーズの出世作という扱われ方をされてるけど、亮一さんが吹き替えたティモシー・ハットンも良かったです。
今年は降って沸いた様な亮一イヤー。「まさか2015年に田中亮一のデスマスクが見られるとは思わなかった」という黄金聖闘士ファンのコメントをよく目にしましたが、モモ母も今になって亮一さんが若い役をやったり、オーディオコメンタリーCDまで出るとは思いませんでした。そしてデビルマン新旧声優のトークバトルも。声優ファンから演劇ファンになったモモ母最大の後悔は、劇団芸協を観続けなかったこと。2013年に劇団解散を知った時は本当にショックで、正直もう亮一さんの姿を生で観る機会はないかも・・・と思ったのでした。同じ芸協に所属し、声優もされていた弟の田中和実さんは50代で亡くなられたし、聖闘士星矢の中で特に人気が高かったという黄金聖闘士の声優も、12人のうち塩沢兼人さんや戸谷公次さんら5人が故人。なので、トークバトルで元気な姿を拝見出来て良かったし、ツイッターのおかげで思った以上に亮一さんが精力的に仕事をされてることを知って安心しました。いつかきっと舞台も拝見出来る気がしています。10年前のインタビューで亮一さんは「今でも時々デビルマンのファンですと言う人から手紙をもらうことがあります。昔は女性が多かったのに、最近はたいてい男性です」と語っています。トークバトルをご一緒したHさんも、男性は義理堅いけど女性は新しいものに気持ちが移ると前に好きだったものに対する熱が冷める人が多いと言ってました。モモ母は亮一さんの今年の活躍ぶりをかつての女性ファンに是非伝えたいと思ったけれど、彼女達はもう興味がないかも知れませんね。そんなワケで、また何かあれば記事にする可能性はあるものの、このカテゴリは2015年限定ということで、ひとまず亮一さんネタはおしまい。他のカテゴリと毛色の違う記事で違和感があったと思いますが、夢の様な2015年を記憶にとどめておきたかったのでした。おつきあい有難うございました。
[PR]
by mmcmp | 2015-12-30 23:07 | 田中亮一 | Comments(0)

のび太の先生☆

f0119179_2331150.jpg相変わらず田中亮一さんの舞台情報はないけど、先週BSで放送された植木等のドキュメントで植木さんの声をされてたとの情報。見たかったなぁ~。
「文七元結」で共演した古今亭志ん吉さんがツイッターで亮一さんのことを「ドラえもんの先生」と紹介したら、亮一さんといえばデビルマンでしょ、と突っ込まれてましたが、やはり20~30代だとのび太の先生のイメージが強い様です。こちらのツイートにリンクされてるウィキにあった「のび太の結婚前夜」の先生のシーンを見てみました。デイリーモーションの動画で先生が出て来るのは23分頃から。青年になったのび太と共に先生も、「廊下に立っとれ~!」と怒鳴ってた頃より年を取って穏やかに描かれてます。1分程度の短い会話だけど、とても温かみのあるシーンで、何度も見返しちゃいました。「声優とは七色の声を出す人のことでなく、声で芝居が出来る人のことだ」とどこかに書かれてましたが、2人共七色の声の持ち主ではないけど、聞いただけで小原乃梨子さん、亮一さんとわかる個性があって、やりとりが絶妙。結婚前夜の話はしずかちゃんのお父さんの名台詞が有名らしいですが、先生とのやりとりも負けないくらい名場面だと思うのは、ファンの欲目でしょうか? 大山のぶ代さんのドラえもんの話がドラマになるそうですね。亮一さん役の人は出て来ないと思うけど、ドラマを見てみたいです。
[PR]
by mmcmp | 2015-11-30 23:59 | 田中亮一 | Comments(0)

芝居が観たい!!

f0119179_2216164.jpgゼロデビの劇場公開が終了して、波も去ったかなと思ったら、11日のBD&DVD発売に合わせて「まんたんウェブ」が新たな浅沼晋太郎・田中亮一の新旧デビルマン対談を配信。永井豪が舞台挨拶で歴代の役者に引けを取らないと現キャストを評価してたから、以後も浅沼さんで定着すると良いですね。
さて、こうした情報はブックマーク登録しているツイッター検索で知るんですが、モモ母は子供の頃はアニメ大好きだったけど、今はアニメは滅多に見ない演劇ファン。欲しいのはお芝居の情報なワケです。「黄金魂」無料配信中の7月に発売された雑誌のインタビューで、亮一さんが「演技」でなく「芝居」、「俳優」でなく「役者」という言葉を使ってるのを読むと、この人はやっぱり役者さんなんだなと思う。でも舞台に出られる様子は当分なさそうです。ただ、過去の公演の様子を窺い知ることは出来ました。観たいと思っていた2012年に国立演芸場で上演された「文七元結」に出ていた古今亭志ん吉さんの稽古中のコメントはどんな風に変わったのか、気になります。講談や小劇場など様々な分野の人が集まった花之雲右團治一座、またやらないのかなぁ・・・。芸協公演では雑学王の唐沢俊一さんの「置き忘れた荷物」の感想が興味深い。ああ、モモ母も観たかったな。ところで、唐沢さんが亮一さんのことを「トムとジェリー」のブッチの声だ」と書いておられたけど、ブッチって初めて知りました。画像は出てきたチラシ「女子寮記」の裏面の「ふしぎな森の物語」。何しろ頂いたのが30年近く前なので、折り目がついてますが、ご了承下さい。この公演は観てないけれど、モモ母が高校の時に初めて亮一さんの舞台を観たのが、同じ「ふしぎな森の物語」でした。
[PR]
by mmcmp | 2015-11-14 23:39 | 田中亮一 | Comments(0)

ゼロデビで不動明の声は上書きされるか??

f0119179_182515.jpg『サイボーグ009VSデビルマン』の期間限定上映が始まりました。新旧トークバトルやテレビ版ブルーレイの発売等に加えて、公開前日にはムビコレムービーウォーカーで新旧声優インタビューまで配信されて、嬉しい限り。
テレビ版がラスボスを倒さずに終わったことや永井豪の漫画と全然違う内容になったことで、再アニメ化への欲求はファンにも製作者にもあって、これまで度々アニメになったデビルマン。不動明を演じる声優は今回の浅沼晋太郎さんで8人目だそう。だけど大半の人がイメージする声は未だに亮一さんの「デビール!」なんですよね。87年にOVA化された時も「何故田中亮一じゃないんだ!」というクレームが多く寄せられたと聞きます。「聖闘士星矢 黄金魂」を見て「亮一さん、まだデビルマンの声できたんじゃないの?」といった書き込みや「田中亮一じゃないから映画は興味ない」というモモ母みたいなコメントもよく見かけました。ファンとしては亮一さんにやって欲しい。でも「出来る」は優良可で言うと“可”であって、当時の“優”を知っていると70近い亮一さんが現代アレンジされた不動明を演じるのはやっぱり厳しい。せめてナレーションとかカメオ出演してくれたら亮一ファンも劇場に行くのになぁ。トークバトルの時の上映はほんのわずかだったけど、誰がやってもキツイ役を浅沼さんはかなり好演してる様です。大山ドラえもんから水田わさび版が定着するのにも10年かかったワケですが、今回新旧と銘打って亮一さんがやたら登場するのは、元祖からお墨付きをもらって、浅沼さんで後任を浸透させたいのかも。テレビ版を知らない若いファンも多いから、今後は浅沼さんで良いと思う。とは言え、黄色いTシャツ姿の明くんも観てみたい。そっちは亮一さんにやって欲しいけど、年齢的になぁ・・・、OVAのオファー断らないでほしかったなぁ・・・テレビ版好きのジレンマはこれからも続くのでしょうか??
http://009vsdevilman.com/
[PR]
by mmcmp | 2015-10-21 19:46 | 田中亮一 | Comments(0)

ベテラン声優礼賛

f0119179_18211975.jpg「聖闘士星矢 黄金魂」最終回の無料配信もいよいよ今夜まで。デスマスクのセリフが意外と多くて、作品の出来はともかく最後まで優遇されてて嬉しかったです。高価なフィギュアが完売したり、大人のアニメファンってスゴイなと思ってましたが、人のことは言えない、モモ母も初回特典目当てに7日に発売されたこんなブルーレイ買っちゃいました。
黄金魂では68歳とキャスト最高齢の亮一さんも、「デビルマン」では最年少の26歳。錚々たる声優陣が脇を固めてました。トークバトルで亮一さんも共演者の豪華さをおっしゃってましたが、井上和彦さんがレイコックを演じた里見京子さんをご存知ないのがちょっとショックでした。黒柳徹子さんらと共にラジオドラマ史上初めて大人の女性が子供の声を演じたうちの一人とか。80歳の今も朗読教室をされてる様です。シリーズ後半に登場するララを演じた沢田和子さんも大好きでした。永井一郎さんと八奈見乗児さんのアルフォンヌ&ポチ校長のコミカルなシーンは当時も好きだったけど、大人になった今、改めて巧さに脱帽します。「サザエさん」の浪平さんで知られた永井さんは鬼籍に入られ、84歳の八奈見さんは静養の為、「ドラゴンボール超」のナレーター等を先月降板。ブリーフ博士は昨年から亮一さんが引き継いでいます。ドラゴンボールは亮一さんより年上も数名。「サザエさん」はフネ役を46年務めた89歳の麻生美代子さんが交替されると言うので久々に見たら、随分キャストが変わってました。声優の高齢化は長く続くコンテンツに共通の問題で、いつまでも高齢声優が続けるのは老害と思う若い声優もいると聞きますが、先陣の功績は是非知っていて欲しい。画像はモモ母の宝物だった寄せ書き。亮一さんからいただいたチラシは偶然出て来たものですが、色紙はあそこにあったはず・・と思う所を探したら出てきました。懐かしい! 力のある声優さん達の演技、少しずつブルーレイで堪能したいと思います。
[PR]
by mmcmp | 2015-10-09 20:06 | 田中亮一 | Comments(0)

「聖闘士星矢 黄金魂」最終回!

f0119179_1292285.jpg水曜夜にNHKで田中裕二のMCで「人名バラエティー 集まれ田中!」というのを放送していて、ナレーターが田中秀幸さん田中真弓さんで、予想通りボイスオーバーに田中亮一さんも出ていて、面白いなと思ったら、それ以外の声の出演も大半が田中さんだった様です。
さて、秀幸&亮一の両田中が出演する「聖闘士星矢 黄金魂」も今夜0時から配信される13話が最終回。それに先駆けて先週末から今夜23時59分まで1~12話も一挙無料配信中で、亮一さん演じるデスマスクが出る3話、4話、8話を再度見たりしていました。30年前のテレビシリーズは見てなくて、数年前に亮一さんが出てる回だけネットで見たモモ母ですら、デスマスクのキャラが変わり過ぎてて驚くし、スタッフより年齢が高く、ファン歴も長いメイン視聴者から他のキャラを含めた設定や話の展開への不満の声が多いのはよく理解出来る。でも、単純に亮一さんの声がたくさん聞けて楽しい半年でした。黄金聖闘士達の敵役アンドレアスを演じた関智一さんが、印象に残るキャラとしてデスマスクをあげたインタビューで「スタジオで田中亮一さんが喋るのを聞くとデビルマンを見ていた幼い頃を思い出して、仕事で参加しながら視聴者気分を味わっていました」と語っていました。これまでも何度も共演してるでしょ、と最初は思ったんですが、いや、現在第一線で活躍する人気声優を視聴者気分にさせるくらい、亮一さんが若いメインキャラを演じるのが久々ってことなんですよね。だから普段アニメを見ないモモ母もハマった。しかもBD&DVDの各巻に声優のオーディオインタビューCDがついてて、今日発売の3巻は亮一さんと難波圭一さんの対談。こんな企画をしてくれただけで感謝です。26日0時から2週間無料配信される最終回、12人のうちの1人だから、きっとデスマスクの台詞は少ないと思うけど、今から楽しみです・・・。
http://saintseiya-gold.com/index.html
[PR]
by mmcmp | 2015-09-25 13:01 | 田中亮一 | Comments(0)

シュローダーでなくシュレーダー

f0119179_2235389.jpg聖闘士星矢 黄金魂」は12話で漸くデスマスク達が復活したけど、田中亮一さんの台詞は一言だけ。なので、今日は子供の頃、不動明と共に亮一さんが演じるキャラで好きだったシュレーダーのことを。スヌーピーやチャーリーブラウン達が活躍する「ピーナッツ」に登場する、トイピアノでベートーベンを演奏しちゃう男の子です。それってシュローダーでしょ?という人も少なくないと思いますが、当時はシュレーダーでした。「ムーミン」のスノークのお嬢さんもノンノンからフローレンに変わっててビックリしたけど、いつの間にシュローダーになったんだか。谷川俊太郎の訳でもシュレーダーだったと思うけど。
シュレーダーはルーシーによく求愛されてましたが、ルーシーはうつみ宮土理の声がピッタリで強烈に印象に残ってます。他にもチャーリーブラウンの谷啓をはじめサリーの松島トモ子、ライナスの野沢那智など豪華な声優陣でした。ウィキによると亮一さんがシュレーダー役だったのはNHK第二期で、第一期は「ドラえもん」の初代スネ夫で知られる肝付兼太さんだった様です。テレ東でも同一キャスト版が放映されてたんですね。関西でもやってたのかな? ピアノを演奏してるシーンが多く、あんまり喋らないシュレーダーが結構喋った記憶があるのが選挙の話だったなぁと思い出していたら、なんとその回がyou tubeにアップされてました。シュレーダーは生徒会長選挙に立候補したライナスの応援演説をしたり、学校新聞用の写真を撮ったり、開票作業をしたり。スヌーピーのことを「ワンワン」と言ってるのが個人的にはツボです。あれ? 応援演説の長ゼリフ、亮一さんの声がリップシンクしてないよ、その後のライナスの野沢さんは更に絵と声がズレてるし・・と思ったら、この動画は投稿者が保存していたカセットの音声を使って再現したものだそうで。おかげで久しぶりに見られて嬉しかったです。テレビで見た時、日本では「正」の字で数をカウントするけど、アメリカはこんな風にカウントするのか・・・と思ったモモ母。何十年ぶりかで見て、また同じことを思ったのでした。
[PR]
by mmcmp | 2015-09-12 23:19 | 田中亮一 | Comments(2)

まさかの・・・

f0119179_22163983.jpgホントに2015年は降って
湧いた様な田中亮一イヤー。「黄金魂」に続いて、今月からはアニマックスで「デビルマン」のHDリマスター版が放送開始。と言ってもモモ母は見られないんですが、スカパーとかひかりTV等で視聴可能な様です。原作と違ってテレビアニメは単なるヒーローものと一般には思われてますが、実はファンに根強く支持される人気作。記念すべき永井豪原作アニメ第一作で、「キューティーハニー」やマジンガーシリーズのアニメ化もこの作品のヒットがあったからこそ。永井豪は「アニメのデビルマンがヒットしたのは声優さん、とりわけ不動明の声の魅力によるところが大きい。デビルマンに女性ファンがつくなんて夢にも思ってなかった」とインタビューで語っています。アニメの成功を支えたのは、女性ファンだったんですね。そうそう、亮一さんの舞台情報が欲しくて最近ツイッター検索を登録してるんですが、ツイッターってすごいですね、こんなつぶやきをみつけちゃいました。このお母さんこそ前回書いた「出待ちしたファン」の1人ですよね。モモ母が子供の頃、夕方によく再放送されてたけど、他の永井豪アニメより圧倒的に再放送回数が多かったはず。その度に女性ファンを獲得したんだろうと思います。今回秋のリメイクに合わせてリマスター版が配信されたおかげで「デビルマンの声がイケボすぎる」なんてつぶやきも早速聞かれ、若いファンが増えそうで嬉しい限り。田中亮一一世一代の名演と評される最終回はまさに神回、デスマスクやドラえもんの先生しか亮一さんを知らない世代に是非見て欲しいものです☆
リメイクと言えば、実は13日に新宿バルト9でこんな関連イベントがあって、いつも「あほんだらすけ」をご一緒している009ファンのHさんやそのお友達と一緒にモモ母も参加して来ました。当日は70年代放映の009とデビルマンのテレビアニメ各1作と秋公開の新作映画の一部を上映。2015年に自分が大きなスクリーンでデビルマンを、しかも荒木伸吾さんが作画監督を務めた貴重な回を見るとは夢にも思わず、感激でした。トークはかなり暴走してたけど、30年ぶりに亮一さんの生声が聞け、おまけにリクエストに応えて「デビール!」まで披露。リクエストした女性は明くんが初恋の人で兵庫から来たそうですが、他にも他府県から駆けつけたファンが少なくなかったはず。まさかの亮一イヤーはまだまだ続きそうです。
[PR]
by mmcmp | 2015-08-29 23:28 | 田中亮一 | Comments(0)

出待ちしたあなたへ・・・

f0119179_23552942.jpg聖闘士星矢 黄金魂」は現在9話配信中ですが、亮一さん演じるデスマスクは8話のラストで倒れちゃったので、暫らくお休み。代わりにニコ動のこんなMADを見て笑っています。音声を文字起こししてシナリオ作ったり、好きな曲集めたオムニバステープ(当時はカセット〉を作るのが好きな子だったから、あの頃パソコンが普及してたら、きっとモモ母もこういうの作ったんだろうな・・・。
「聖闘士星矢」がテレビ放映されたのは1986年。今回の新シリーズ配信に「生きてて良かった」と喜ぶおじさん視聴者は30~40代が主の様ですが、モモ母はもっと上の世代の女性に見て欲しい。「デビルマン」の収録後、亮一さんがスタジオを出ると高校生くらいの女の子達がよく出待ちをしていたと言います。ヤマトやガンダム等で声優がブームになるずっと前にも、追っかけをするファンっていたんですね。彼女達はおそらく現在60歳前後のはず。40~50代も含め、TV版不動明にハマった亮一ファンが「黄金魂」を子供や孫と一緒に見てたら良いな・・と思うものの、演劇情報を探してたモモ母はみつけたけど、日頃アニメを見ない人はきっと知らないよね。だから京都や美味しいもの情報を探して当ブログに来て下さったついでに、亮一さん情報をみつけて下さることを願って、今後も暫らく亮一さんの記事を書いていこうと思います。若い頃の伸びやかで艶のある声を知るファンには、今の声は確かに年齢を感じさせるけれど、それでも68歳の亮一さんの渾身の叫びは、自身の劣化を感じていたモモ母に、もっと頑張ろうと思う力を与えてくれました。仕事の行き詰まりや老親の介護、病を抱える人もおられるかも知れない、何かと気苦労の多い世代の、特にかつて出待ちをしたと言う女性達が、見た目も何だか不動明みたいなデスマスクに出会えます様に。いえ、亮一ファンだけじゃなく、「必殺技を叫ぶと、自分が倒れそうになる」と言う64歳の田中秀幸さんや「叫ぶと頭が痛くなる」と言う67歳の屋良有作さん(キャストインタビューより)等、ベテラン声優達の熱演が、其々のファンに届きます様に。
http://saintseiya-gold.com/onair.html
[PR]
by mmcmp | 2015-08-08 23:44 | 田中亮一 | Comments(0)