カテゴリ:京都でごはんたべ( 192 )

小部屋で点心弁当

f0119179_2317442.jpgお昼に北山の「乃し」さんを訪れました。前回の昼に訪れた時はカウンターだったんですが、今回は4人だったので個室に。初訪問時は広間だったスペースをその後に改装されて、今は入口右手のカウンター席以外はすべて個室仕様になっています。どの部屋も掘りごたつ式なので足も楽チン。
お願いしたのは今回も「点心弁当」。お刺身、西京焼、田楽、酢レンコン、鴨ロース、牛しぐれ煮、だし巻きなど、少しずつ多彩なものが二段のお弁当に詰められています。それに煎り大豆のご飯とにゅうめんがつきます。ご飯が煎り大豆なのは節分にちなんでなのでしょうか?香ばしくて、上品な炊き込みご飯でした。にゅうめんには前回ハモが入ってましたが、今回はホタテが入ってました。デザートはバレンタインシーズンらしくチョコレートを使ったカステラといよかんの寒天。どちらも一口サイズで食べやすい。ゆっくり時間をかけて堪能しました。料理の美味しさといい、スタッフの応対といい、こんな店が家の近くにあれば良いのにとご一緒した奈良在住のYさんがおっしゃってました。徒歩圏内に「乃し」さんがあって有難いです。そうそう、「乃し」さんからも近い「コラソン」さんのお友達のパン屋さん、いよいよ2月下旬オープンとの貼り紙ありf0119179_2344457.jpgました。店名は「アンドブレッド北山」です。
★乃し
上賀茂岩ヶ垣内町32
702-7733
12時~13時半
17時~20時半
月・最終火休
http://r.goope.jp/noshi

[PR]
by mmcmp | 2018-02-16 23:47 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

高台寺の帰りに「はせがわ」へ

f0119179_2221479.jpg富岡八幡宮の事件、NHKでゃってたけど、宮司をめぐる姉弟の確執だけ報道されて、神社本庁が女性宮司を認めなかった為に神社本庁から離脱した背景は一切触れずでした。さて、木曜に高台寺の夜間特別拝観に行きました。夜の拝観は10日まで。紅葉の盛りの頃はきっと大混雑だったんでしょうけど、平日だったこともあって、暗くて広い境内を歩くと人の多さは気になりませんでした。紅葉や竹林のライトアップ、プロジェンションマッピング、伏見城から移築された観月台や時雨亭など、見どころが多くて堪能しました。
東山安井辺りを歩きながら「やすい亭」が閉店する前は頻繁に来ていたことが話題になり、洋食つながりで帰りに「はせがわ」に寄りたくなりました。昼間は行列が出来てることもあるけど、夜8時をまわっていたから、空いてるだろうと思って入ってみると、おおっ、平日だけどほぼ満席。高台寺より「混んでる」感が強い。頼んだのは、やっぱり「ハンバーグ&ホタテ」です。7年前の記事は1000円と書いてますが、1100円になってました。でも写真は前とほぼ同じですね。この変わらなさが良いのかも。ホタテは貝柱だけでなく、ヒモや赤い卵もついています。人気のハンバーグはやわらかいけど、肉の旨味を味わうタイプではなく、ソースの濃い味で食べるタイプ。硬い肉たっぷりのゴリラさんと対局にある感じ。がっf0119179_232054.jpgつり食べられるのが若い人向けなんでしょうね。満腹になりました。
★はせがわ
小山下内河原町
075-491-8835
11時15分~22時(LO21時)
月、第3火休
[PR]
by mmcmp | 2017-12-08 23:07 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

普通が良いね☆彡

f0119179_1915323.jpg近畿財務局が森友の黒塗り文書を全面開示する決定をしたそうですね。早く開示して頂きたいと思います。
さて、「カフェマーブル智恵光院店」の帰りなどに前を通って気になっていた「空まめ」に始めて入ってみました。素朴なお惣菜の店で、出来てもう9年になるそうです。この日のお昼の定食(880円)は「さんまの一夜干し」でした。ほかに好きなお惣菜を5種選べるお惣菜ランチ(880円)もありました。
お昼の定食は好きなお惣菜を2種選びます。トマト肉じゃがやマカロニサラダ、セロリと魚の南蛮漬などの中から「ずいきとあげのくずひき」と「マーボー豆腐」にしました。これにごはん、味噌汁、おつけものが付きます。ごはんは大盛りも出来る様でしたが、普通で十分。美味しい一夜干しで、なかなか良い感じでした。と言っても、特に印象に残るほどではないから、わざわざ行くほどの店ではないですね。やっぱり「かね忠」は素晴らしかったと改めて思い出してしまいました。でも、この普通さが貴重だなと思います。「ヒトテマ」みたいなオシャレな感じじゃなくて、街角の普通の定食屋f0119179_21182.jpgながら、お惣菜が豊富なので、飽きない感じ。近くにあったら通いそうです。
★空まめ
上京区今出川智恵光院下る西側
075-441-3673
テイクアウト11時30分~20時
ランチ12時~14時
ディナー17時~20時(要予約)
[PR]
by mmcmp | 2017-11-22 21:02 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

ふらんす食堂のワンプレートランチ

f0119179_244868.jpg更新が滞ってる間に選挙期間に入りました。安倍さんは異例の田んぼの中で第一声。大勢の聴衆に訴えないでどうする、と思うけど、初日の映像をテレビで流してもらうのが目的だから、人数はどうでも良かったみたい。ニュース映像見ても、安倍さんだけ背景が黄色く、建物が写ってないなんて大半の人は意識しないもんね。おにぎり配布も公選法違反の疑いがある様ですが、テレビの党首討論で公判前の籠池さんを詐欺を働く人物と発言するのは司法の独立を犯す問題発言と柳原さんが批判。有権者は冷静に判断しないと、とんでもない選挙になりそうです。
さて、連休に産大近くの「ふらんす食堂わかばとしずく」に行きました。食堂と称しているとは言え、以前は街なかで「レストランナガタケ」として営業されてたので、クオリティはフレンチレストラン。それが郊外で気軽に楽しめるスタイルになり、ワンプレートランチは1500円という嬉しい価格。メイン料理を数種類から選べ、モモ母は牛ハラミのステーキに、サラダはオリーブオイルを使ったドレッシング、飲み物は珈琲を選びました。付け合せの万願寺唐辛子が香り良く、当たり前だけど家で食べる万願寺と全然違う。じゃがいものミルフィーユなど、どれもさりげなく手が混んでいて、永武シェフ、郊外にf0119179_317956.jpg移転して下さって有難う! という感じ。ログハウス風の建物はテラスには犬もOK。ショーケースのデザートも美味しそうだったし、寒くなる前にむぎこと一緒にお茶してみたいです。
★ふらんす食堂
わかばとしずく
上賀茂東上之段町
075-707-2815
月火水11時~17時
金土日11時~22時
木休
http://www.chef-nagatake.com/
[PR]
by mmcmp | 2017-10-13 02:00 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

お茶した後で・・・

f0119179_312682.jpg加計隠しの10月22日衆院総選挙説が囁かれてますが、どうなんでしょうね。加計問題では獣医学部棟の設計図が週刊朝日田中龍作ジャーナル等に流出、一級建築士らが施設費水増し請求疑惑や最先端の研究施設の耐久性が不十分等と指摘、更に学食がワインセラーのある宴会場だったりする様ですが、クローズアップ現代でこの件を放送予定だったのに内閣府の圧力で延期に。但し内情が出回ったり、裏側を暴露したりで、風向きが変わったとも。週明けの報道が気になります。
さて、「華祥」に行った後だと「旅の音」でゆっくりする時間がないので、今回は先に旅の音に行き、お茶をしてから華祥に行くことにしました。旅の音が居心地良くてゆっくりし過ぎた為、予定より遅くなってしまい、既に満員だったら諦めようと思っていたけど、うまい具合に店に到着したところでお客さんが2人出て来られたので、無事に入店出来ました。オイスター焼きそばと迷いつつ、やっぱりあんかけ焼きそば(800円)は外せない。先日別の中華料理店でもあんかけ焼きそばを食べたんですが、麺も具もあんも美味しさが全然違うんです。野菜はブロッコリの炒め(800円)を。ブロッコリ好きなので、これも満足。そして久しぶりに「水餃子胡麻風味」(500円)も。ぷりぷりの水餃子にピリ辛のソースが良い感じで、やっぱり好きだなと再確認。次はオイスター焼きそばも食べたいけど、またあんかけやきそばを頼みそう。あんかけ焼きそばと水餃子f0119179_4325092.jpg胡麻風味が昔からモモ母の華祥ツートップです。
★華祥
田中里ノ内町
075-723-5185 
11時~14時 
17時30分~21時30分 
水休
http://www.kasyou.jp/
[PR]
by mmcmp | 2017-08-20 04:27 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

西陣の梅乃井できんし丼ランチ

f0119179_2314359.jpg今週の集中審議で、安倍さんが加計学園の獣医学部新設の申請を知ったのは今年1月20日だと答弁。 「加計学園も出てきましたね」と鯉さんがコメント下さったのは3月2日。ネットでは2月頃から既に加計疑惑が出ていた訳で、どうしてそんな見え見えの嘘をつくんでしょ? 関係業者からの供応接待を禁止した大臣規範に抵触するからですよね。
さて、火曜は土用の丑の日。今年は「ヘルプ」で四万十うなぎを買ったのですが、5月に行った鰻のネタを書くのを忘れてました。京都には「梅乃井」という名前の鰻屋さんが数軒ありますが、祇園店には子供の頃からよく行ったけど、西陣にもあるのを知ったのは割と最近。一度入ってみたいと思っていました。外観は地味な感じなのに、中に入ると平日だったのにほぼ満員でびっくり。子供連れならお年寄りまで大勢のお客さんで店内は活気がありました。ミニきんし丼にきつねうどん、香の物、アイスクリームがセットになったランチ(1300円)をオーダー。この時は温かいきつねうどんだけど、夏はそうめんときんし丼の組み合わせの様です。きんし丼はミニサイズでも十分食べごたえがありました。鰻は錦糸卵の下に隠れてます。庶民的な鰻屋さんでした。途中、隣席にいたシニア女性客から「美味しいお昼が食べられて平和やな」「ほんま、ミサイル飛んで来るかも知れんし」「カールビンソンが守ってくれてるらしいで」なんて会話が聞こえてきました。5月頃って政府がミサイル危機を煽ってましたが、すっかり間に受けてる様子。「いやいや稲田さんが防衛大臣の間は大丈夫だから」と心の中で思ってました。マジで危機が迫ってたら、安倍さんも稲田さんなんかにやらせf0119179_1105420.jpgないでしょ、日本にとって寧ろ脅威は現政権。隣で鰻食べてた女性たちは今回の集中審議をどう見てるかなぁ。
★梅乃井
大宮通寺之内上ル
075-441-5812
11時~13時30分
17時~19時 月休
[PR]
by mmcmp | 2017-07-25 23:03 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

時代の流れ☆彡

f0119179_0351642.jpg眞子様の「婚約」報道ではなく、公式発表前の「婚約へ」報道。宮内庁は不本意で残念とコメントしていて、共謀罪採決隠しと言われるけど、財務省が不正を知っていた証拠のメールを籠池さんが暴露したのも隠したかったはず。財務省が酒井弁護士や業者に「いつもお世話になります。ご協力ありがとうございます」なんて書いてるし。しかもよく見ると、財務省がメールを送ったキアラ設計って、工事計画の画像を見た当初からモモ母が気になってた錦市場近くに事務所がある京都の業者じゃん・・・。
さて、パンフェスティバルの後、リニューアルされた京都タワーの「KYOTO TOWER SANDO」に行ってみました。「辻利」や「ダイズデリ」が出店している1階をざっと見て、目指すは地下のフードコートです。焼肉の「弘」や北山の「パンケーキルーム」などの京都駅進出は、観光客だけでなく京都人にも嬉しい。「ロティーチキン&ジャッキータコス」が出店しているので、そちらで「ロティサリーチキン&チキンオーバーライスのジャストサイズセット」(780円)と烏龍茶をオーダーしました。タコスの種類も豊富で外国人観光客にも受けそうです。かつてより断然活気がありましたが、子供の頃f0119179_1411116.jpgから両親とよく利用していた中華の「塔苑」が閉店して、ちょっと残念。まぁ特別美味しかった訳でもないから、役目を終えたんでしょうね。これも時代の流れでしょう。次は「弘」に行ってみたい☆
https://www.kyoto-tower-sando.jp/
[PR]
by mmcmp | 2017-05-16 23:57 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

祖母とコロッケが好きなお寿司屋さん

f0119179_23424227.jpgNスペで憲法の特集やってましたね。日本会議の椛島さんを映像で見たの、初めてかも。
客のヘイトスピーチ騒動がネットだけでなくテレビでも取り上げられた木屋町のラーメン屋、休業したんですね、なんか最近、京都のイメージが悪くなってるなぁ・・・。
さて、四条河原町に出かけた際、子供の頃に祖母によく連れられた新京極の「乙羽」に入ってみました。暫くすると数人の男性客が「コロッケさんに勧められて」と入店。お店の人も「コロッケさんには昔からご贔屓にしてもらっています」とのこと。へえ~、ちょっと意外。祖母はちらし寿司をせいろで蒸した「蒸し寿司」が好きだったけど、温かいと酸味が強くなる気がして、生もの抜きの穴子ちらし「くらま」(1300円)を頼んでみました。モモ母はちらし寿司を自ら選ぶことが少なくて、お寿司屋さんで食べたのは数十年ぶり。食べてビックリ、近年食べてるのと全然違う。すし飯に混ぜられた刻み海苔が香り高く、卵も椎茸もそれぞれの魅力が口に広がる感じ。きちんと修業した職人さんの技を感じると共に、自分がそうした寿司から遠ざかっていたことを再認識しました。子供の頃は晴れの日に仕出し屋さんから出前を取ったり、父が先斗町の馴染みの店の寿司を土産に持ち帰ると、それは嬉しくて、まさにご馳走という感じでした。昔は回転寿司なんてなかったしね。最近はスーパーで買ったり、宅配寿司を注文するけど、当然味は落ちる。でも敷居の高い立ちの寿司屋でなく、庶民的な乙f0119179_0403844.jpg羽でもこんなに違うのね。子供がいる方は、日頃はスーパーや回転寿司で良いから、たまには本物の寿司屋の味も覚えてせてあげて下さい。1300円って安くないけど、丁寧に作られたものを幼い頃から味わう経験としては決して高くないと思う。モモ母は次は祖母が愛した蒸し寿司(1400円)を食べようと思います。
★乙羽
新京極通四条上ル
075-221-2412
11時~21時 月休
[PR]
by mmcmp | 2017-05-06 23:25 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

正統派精進料理

f0119179_1184499.jpg「文科省がパン屋に関する記述に特定して検定意見を付した事実はない」と閣議決定。多分これが理由。これまでも変だったけど、どんどん壊れていきますね。更にメールした本人が否定してる辻元議員のデマ騒動まで証拠を検証すべきと閣議決定。どこまでアホなんでしょ・・・。
さて、先週、大徳寺門前の「泉仙」に行きました。新大宮に惣菜店があった頃はよく利用していたし、仕出しを頼んだり、I先生宅でご馳走になったこともあるけど、店で頂くのは初めて。入るとまず抹茶とわらび餅が出されました。店内はモダンさが一切ない、昭和な感じ。いかにも祖母の世代が法事などで使いそうな雰囲気の正統派精進料理店です。精進揚や生麩田楽、白和えなどの手軽な「雲水」(2200円)をお願いしました。胡麻豆腐はもっとねっとり濃厚なイメージだったのに、久々に食べると意外と淡白。生湯葉の上にいくらみたいな赤いものが数粒乗っていて、海藻成分で作った「海の宝f0119179_2104697.jpg石」というものだそう。プチプチ弾力がありました。生麩饅頭も駅の売店で見かける某店のと違って、生麩ならではの味わいが楽しめます。料理も良かったけど、最も感動したのが若竹のお吸い物。際立つ木の芽の香りと初物の筍に春を感じました。このお吸い物を頂いただけでも、訪れた甲斐がありました。
★泉仙紫野店
紫野下門前町
075-493-0889
11時~17時
水休(祝日は営業)
http://kyoto-izusen.com/
[PR]
by mmcmp | 2017-04-09 02:25 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

800円×3=2400円

f0119179_2472312.jpgテレビでは幕引きムードの森友ですが、ネットにはアキエリークスの更新など新たな情報が上がっています。まず気になるのが、安倍さんの国会答弁の速記録に非公開のものがあるとの指摘。そのうち国民は忘れるから「総理も国会議員も辞める」発言をなかったことにするのでは? これはどこの街角調査か不明ですが、内閣府が公表した世論調査で「現在の社会に満足している」と回答した人が過去最高の65.9%になったのは、回答者の半数が60代以上だったそうです。そして昭恵さんが職員と一緒に自民党候補の選挙応援に行ったのは国家公務員違反という福島議員の指摘は重要です。
さて、木曜は細見美術館で「アール・ヌーヴォーの装飾磁器展」を観た後、4年ぶりに「華祥」に行きました。「華祥」は当ブログを始めた頃から行っていて、もう10年以上のお気に入り。相変わらず「あんかけ焼きそば」が大好きです。太い麺が良いんですよね。「青梗菜の炒め」も塩気が程よく、頼んで良かった。そしてヒメママさんが頼んだ「酸辣麺」を味見させてもらったら、これもすごく美味しかった。酸辣湯ではなく、麺が入って、他にはきくらげや卵、人参、片栗をつけた豚肉なども。ヒメママさんによると「七福家」の酸辣麺は酢豚の様な味だったそうですが、「華祥」さんのは酢豚とは全く違う複雑な味。甘味や酸味ではなく旨味が印象に残ります。ピリ辛なので、モモ母は全部食べられないから、少し味見させて頂いたのが適量で、とっても満足。で、値段はどれも800円で、計2400円、一人1200円の明朗会計でした。久々に田口シf0119179_329446.jpgェフとお話も出来たのも良かったです。
★華祥
田中里ノ内町
075-723-5185 
11時~14時 
17時30分~
21時30分 
水休
http://www.kasyou.jp/
[PR]
by mmcmp | 2017-04-04 03:40 | 京都でごはんたべ | Comments(0)