<   2007年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

カビる化粧品、カビない化粧品

f0119179_1840371.jpg雨降りも嫌だけど、蒸し暑いのもうんざりします。先日、化粧品を小さな容器に詰め替えようとフタを開けてみると、フタの周囲のミゾに何やら黒いものが。湿気の多い浴室の入口付近に放置していたので、カビがはえたようです。買ったのは、今から一年ほど前。半年程前にも一度ついたことがありました。この化粧品は、天然素材のみで防腐剤、香料を一切使っていないというのがウリ。確かに自然のものって、長く置いておいたらカビるよね・・・・と納得した反面、これまで使った化粧品でカビが生えたものが一つもないことに気づきました。化粧品は使用期限が書かれてないこともあって、何年も置いておくことが少なくないのですが、見た目は変化ナシ。こっちの方がおかしいよね・・・とコワくなりました。
お世話になってる「ペットキャビン」さんの会員向けブログで、以前「野菜には、腐る野菜と枯れる野菜がある」と書いておられましたが、化粧品にも「カビる化粧品とカビない化粧品」があって、大半はカビない。たまたま昨日、本屋で立ち読みした本に「自然派化粧品を売り物にしてる商品でも、防腐剤を多量に使っているものが多い」と書かれてましたが、顔に直接つける化粧品だけに、消費者はそのことをしっかり認識しておいた方が良さそうです。カビがついていたことで、モモ母はその化粧品への信頼度が却って高まりました。モモのシャンプーも何年も使うのはやめることにします。
[PR]
by mmcmp | 2007-06-30 19:08 | 雑感 | Comments(0)

「夏越の祓」

f0119179_057358.jpg6月の代表的な和菓子といえば、水無月。「夏越の祓(なごしのはらい)」に因んだお菓子で、氷を模った台に魔よけの小豆が乗せられています。京都ではたいていの和菓子屋さんやスーパーで見かけますが、モモ母のイチオシはやっぱり「出町ふたば」。「ふたばのみな月が美味しい!」と言ったら、「あんなもんに美味しい、不味いがあるんか?」と言った人がありましたが、それは認識不足というもの。糊のように味気ないもの、硬くてゴツゴツしたもの、色々あります。モモ母はふたばのを食べてから、よそのが食べられなくなりました。抹茶味があるのも嬉しい。
で、買いに行ったのは先週の土曜日。実は5月5日に柏餅を買いに行ったのと同じ曜日、ほぼ同じ時間帯なのに、この日は並ばずに買えました。やっぱり京都人は紋日に食べるべきものは、きちんとその日に食べるようです。そして6月30日の「夏越の祓」も土曜日。今週末はまたまた「ふたば」f0119179_1214393.jpgの前に、夏の無病息災を祈願して水無月を買い求める人の大行列が出来るはず。恐るべし京都人!
出町ふたば
出町通今出川上る
075-231-1658
8時30分~17時30分
火・第4水休
[PR]
by mmcmp | 2007-06-28 01:22 | 京都でお買い物 | Comments(4)

玉子で巻いた春巻

f0119179_23574856.jpg四条大宮の「上上(シャンシャン)」の卵春巻が美味しいと聞いて、食べに行きました。そういえばバスの中から中華屋さんがあるのは見たような気がするけど、今まで全然ノーマークでした。聞けば、数年前まではプレハブだったのが、いつしかなくなったと思ったら立派なビルになったそうです。それだけ儲かってる、人気があるということでしょう。
この日、注文したのは揚げた鶏にネギとショウガの香りソースの「油淋鶏(ゆーりんじー)」、ピンクのソースが意外だった「青菜炒め」など7品。種類が豊富で、よその店ではあんまり見ないメニューもたくさんありました。その中では春巻はオーソドックスではありますが、名前が「玉子で巻いた春巻」とわかりやすい。なるほど、ほかにも「貝柱とレタスの春巻」「蒸し春巻」と3種の春巻があるので、それぞれちゃんと説明しておく必要があるんですね。お目当ての春巻は、玉子の軟らかさや筍など具のバランスもさることながら、添えf0119179_019017.jpgられた香味塩が美味しさを倍増。次回は帆立とレタスの春巻も試してみたくなりました。
★中国食府 上上
四条大宮下る西側
075-822-8181
11時45分~14時
17時30分~22時 
月休
[PR]
by mmcmp | 2007-06-27 00:22 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

えっちゃん☆

f0119179_23503981.jpgご近所の柴犬のえっちゃん、11歳です。加茂街道の土手に身軽に上がったりしていつも元気なので、長い間、モモより年下だと思ってました。本名はエツコ。本当は飼い主さんのお子さんがまだ小さい頃につけた漢字3文字の名前があるそうですが、どんな字を書くか、奥さんも知らないのだそうです。
えっちゃんを見かけるのは、いつも彼女の家の前の堤防沿い。自分のテリトリーを出たがらないようです。犬がみんな散歩好きとは限らないんですね。町内にも家の前から次の四辻までしか行かない犬がいます。そういえば、モモのお兄ちゃんのリュウくんもお散歩が苦手で外に出ようとしないので、散歩に連れ出せるようにして欲しいと、飼い主さんから相談を受けたとペットショップの人が言ってたっけ。同じ兄妹でも、お散歩大好きで、放っておいたらどこまでも突き進んで行きそうな勢いのモモとは対照的。犬もいろいろですね。
[PR]
by mmcmp | 2007-06-26 00:12 | よその犬 | Comments(0)

やっとフロントラインしました

f0119179_1286.jpg24日は一日雨。結局お散歩には行きませんでした。
6月も最後の週になって、やっとノミ・ダニ駆除剤のフロントラインをしました。これは昨年、獣医さんでもらったもの。出来ればつけずに夏を越せればと思って使わなかったら、涼しくなってシャンプーしてもらった時にノミがいたと店の人に言われました。なので今年は早めにと思いつつ、なかなかできずにいたのです。5月に狂犬病の注射に行った時、「帰ったら今日にでもしてあげてください」と言われたのですが、いくら獣医さんが大丈夫と言っても、副作用で全身の毛が抜けたとか、湿疹ができて病院に担ぎこまれたなんて話をきくし、昨年から「フロントライプラス」という更にキツイ薬に変わってるので、注射当日にするのは躊躇われました。
で、そのうちにと思ってるうちに日が経ち、フロントラインしたら数日間はシャンプーできないので、先に済ませようと思ってると食欲が落ちたり雨が降ったりでなかなかシャンプーできず、シャンプー後も体調の良い日にと思ってるうちに1ヶ月以上経ってしまったワケです。ちなみにフロントラインの代わりに訓練士さんに薦められて市販剤Pを使った年もありましたが、あれは効きませんでした。以来、つけるならしっかり駆除ができるフロントラインにしています。
[PR]
by mmcmp | 2007-06-25 01:25 | モモ | Comments(2)

これは高評価☆☆

f0119179_23422289.jpg出町ふたば」を少し北に行ったところに「ブーランジェリー ルーク」の葵橋店があります。ここは2階にカフェスペースがあって、1階で買ったパンと飲み物を上で食べられるので、朝の仕事の後で寄ることがあります。時間によっては混んでることもあるけど、この日は9時台だったこともあってモモ母が独占。ゴンチチをBGMに朝食をいただきました。
最初にいただいたカツとトマトのサンドは青葉が入って、さっぱりした仕上がり。持ち帰るつもりだったマンゴークリームバンも一口だけ味見しようと思ったら、これが予想以上の美味しさ。クリームバンと言えば「グランディール」だと思っているので、安っぽいカスタードを使ったクリームパンやコルネを食べた時は、すごい損した気分になるのですが、これは一見、スタンダードなクリームバンに見えて、中は甘酸っぱいマンゴクリーム。実は「ルーク」のパンって、人気の割に特徴のない味というか、どれも普通だなぁと思って、今までf0119179_23591277.jpg紹介したいと思わなかったのですが、これは味見のつもりが全部食べるくらい気に入りました。おかげで朝からカロリーオーバーです・・・。
★ルーク 葵橋店
出町通り今出川上る
075-223-5400 
7時~19時 2階~18時
不定休
http://rauk.hp.infoseek.co.jp/index.html
[PR]
by mmcmp | 2007-06-24 00:02 | 京都のカフェ | Comments(2)

店内にキリン発見!

f0119179_23574160.jpg事務所のS君から「今晩きりん行かへん?」のお誘い。久々に出かけました。この日注文したのは「出し巻き」「砂肝の山椒焼き」「イカ焼きそば塩味ガーリックなし」「賀茂トマトと水菜のピリ辛サラダ」などなど。やっばりどれも美味しかったです。写真は「スジチヂミ」。甘く煮たスジ肉とニラの入ったチヂミに、ソースを塗っていただきます。チヂミはこの日のオススメメニューに確か「イカと明太子のチヂミ」とかいうのもありました。今度あったら、食べてみたいと思います。ビリ辛サラダもこの日のオススメメニューの中の一品。適度な辛さでモモ母も最後まで楽しめました。
で、あれこれ食べながら、ふとS君の後ろに目をやるとキリンが!上堀川に移転してからもう何度も来てるのに、ちゃんと認識したのはこの日が初めf0119179_0174682.jpgて。多分、いつもは比較的奥のカウンターに座ってしまうので、帰る時に通り過ぎてても気にしてなかったようです。ちなみに北山新町を東に行った以前「季りん」があった場所には、来月スパゲティ屋さんがオープンする模様。店名は「情熱大陸」だって。
季りん
紫竹下本町
tel 075-492-3570
17時~1時 火休(祝日の場合は翌日)
[PR]
by mmcmp | 2007-06-23 00:22 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

心地良さを再確認

f0119179_0311357.jpg5月に行った「スマート」の記事以来のカフェネタです。平日の午後、久しぶりに護王神社近くの「サラ」に行きました。あんまりゆっくりする時間はなかったものの、静かな空間でクラシックを聴きながらのカフェタイムはやっぱり快適。ああ、好きな場所だなぁと改めて思いました。
東京はアンティークなしつらえのカフェって結構多いと思うのですが、京都って意外と茶色い色調の大人のカフェが少ない気がします。あることはあるんですが、あと一歩のところで垢抜けなかったり。町家カフェの完成度に比べるとホレボレするところが少ないです。そんな中で洋館を使ったこのお店は、かなり良い。途中で入ってきた熟年カップルが、「素敵ねぇ」「こんなところにこんな店があるなんて知らなかった」としきりにおっしゃってました。お店の方の説明によると、営業を始めたのは16年前からf0119179_113031.jpgだとか。もうそんなになるんですね。そういえば、隣の飲食スペースは和食の店だったり居酒屋風になったりして、今はイタリア料理店ですが、「カフェサラ」はずっと続いています。これからも長く素敵な時間を提供して欲しいものです。
cafe SALA
室町出水上る東側
tel 075-451-4741
11時~16時30分(LO16時)
土・日休 その他不定休
http://www.kyoto-sala.com
[PR]
by mmcmp | 2007-06-22 01:05 | 京都のカフェ | Comments(0)

6月の第一位かも

f0119179_2357101.jpg裁判所近くで昼前に打ち合わせが終わったので、柳馬場のタイ国料理の店「バンコクガーデン」でランチにしました。看板を目印に通路を奥に進むと、感じの良いエントランスがありました。店内はまだ時間が早かったこともあって静かで落ち着いた雰囲気。手前だけでも十分な広さがあったので食事の途中まで気づきませんでしたが、奥にもお席があって、後から来た人はみんな奥に入っていきました。
ランチは種類が豊富で、エビのガーリック炒めや焼飯など、いろいろ迷った末に今週のランチの「あげ鶏のせライス」をオーダー。タイカレーなど辛いものはメニューに唐辛子マークがあって親切。それでも辛いと最後まで食べられないモモ母は、ご主人に辛くないか念押ししちゃいました。春巻を添えた鶏のせライスは、うまく味付けされた鶏が食欲をそそります。これにサラダとスープがついて850円は充実。あっさりしてるのに旨みはしっかり出ているスープも一口いただいて「おっ!」と嬉しくなりました。f0119179_0175560.jpg今月は20日で6軒の店に初めて入りましたが、その中ではここがダントツで好印象。ほかのランチも是非試してみたいお店。オススメです!
★バンコクガーデン
柳馬場夷川上る
075-384-0554
11時~14時 
17時30分~22時 日休
[PR]
by mmcmp | 2007-06-21 00:25 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

こちらがオリジナル!

f0119179_045850.jpgご近所の洋菓子の名店が「コム・トゥジュール」なら、和菓子は断然「紫野源水」です。こちらを一躍有名にしたお菓子が夏季限定の「涼一滴」。お取り寄せグルメの人気商品として雑誌などで度々紹介されています。実はモモ母のこの店のイチオシは、秋のお菓子ではあるのですが、やはり「涼一滴」は看板商品だけに、この時期にはハズせない名品です。
水ようかんとごま風味の2種類あって、どちらも口当たりの良さと甘さを控えた上品な味が魅力。白いシンプルな煎茶茶碗に入った見た目も素敵ですが、「涼一滴」という涼しげなネーミングも秀逸。ご主人・井上茂さんのセンスの良さを感じます。ところが、最近はそっくりの商品を売る店を見かけることがあります。それだけ人気商品だといf0119179_0253918.jpgうことでしょうが、煎茶茶碗に入った水ようかんを考案されたのは「紫野源水」さんです。ご購入の際は、どうぞお間違えのないように。
★紫野源水
北区小山西大野町
075-451-8857
9時30分~18時30分
日・祝休
[PR]
by mmcmp | 2007-06-20 00:29 | 京都でお買い物 | Comments(0)