「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

デパ地下の和カフェ

f0119179_0165813.jpg久々に大丸地下の「IORI」に行きました。どら焼きが有名な和菓子屋「笹屋伊織」がプロデュースする和カフェで、モモ母たちが行ったのは夕方だったので終わってたけど、昼間なら食事もできます。飲み物やスイーツには、季節のおもてなしの言葉が一筆添えられています。抹茶ミルクには「夏の陽射しが若楓に照りつける頃ですね。イオリで涼しさを感じて頂けましたら幸いです」と書かれていました。そう言えば、抹茶ミルクの緑が若楓を思わせます。
店内は白を貴重にしたモダンな作り。照明が多用されたり、一筆を添える演出があったりとかなり作りこまれているので、そういう作った感じが苦手な人もいるかも知れません。こうした演出が安っぽくなるか効果的かは商f0119179_0591862.jpg品と接客次第。こちらはデパ地下で高い年齢層を相手にしているだけあって接客でガッカリさせられるイマドキのカフェのようなことはありません。モモ母は以前あった三条店の方がより寛げて好きだったのですが、大丸店も西側の一番奥にあるので落ち着けます。30日は土用の丑の日。お茶した後は、三河一色の鰻を買って帰りました☆
★和カフェIORI
大丸京都店地下1階
075-241-7252 
10時~20時
http://www.sasayaiori.com/iori/iori.htm
[PR]
by mmcmp | 2007-07-31 01:01 | 京都のカフェ | Comments(0)

びーめん生活スペシャル

f0119179_0697.jpg梅田のシアタードラマシティで小松政夫とイッセー尾形の「びーめん生活スペシャル」を観ました。イッセー尾形は渋谷ジャンジャンで一人芝居を、小松政夫はテアトルエコーに客演した「一発逆転」を観て以来の舞台です。
中年ボクサーとマネージャー、カジノ初挑戦の夫婦、ロシア演劇をやり続けている劇団員、老ガードマンなど6つのオムニバス。舞台中央のシンプルなステージの両脇には衣装と姿見が置かれ、ひとつの演目が終了すると、イッセーさんは下手、小松さんは上手に分かれて次の役のための着替えとメイク。準備が整ったところで再びステージに上がってさっきとは全く異なる世界が展開されていきます。アンケートに書かれた説明によれば、二人はほとんど稽古をしてないのだとか。設定だけ決めて、アドリブで進行する場面も多く、互いの役者としての経験と力量で魅せていきます。それを二人が楽しんでいるところが、また素敵でした。笑えるけど、ちょっと切ない普通の人々を描いた大人の舞台、今度はいつになるかわかりませんが、また是非行こうと思います。
[PR]
by mmcmp | 2007-07-30 00:43 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

夏のお散歩

f0119179_32467.jpgここ数日、蒸し暑い日が続いています。特に28日は嫌な暑さでした。冬場なら北山の自宅から鷹ヶ峰のクロアさんまでモモを連れてパンを買いに行ったり、西賀茂車庫の辺りや出町くらいまででも平気でお散歩に行きます。でも、今は無理。夏のお散歩は熱中症になると大変です。かと言って運動量が足りなくてストレスがたまってもいけないし、どのくらいの距離や時間が適当か判断が難しいところ。散歩中は元気でも帰宅してからぐったりする犬もいるらしいので、蒸し暑い日は特に気をつかいつつ出かけています。
28日は家電量販店に行く用があったので、6時を過ぎてから、新大宮商店街まで出かけました。夏場としてはちょっと距離があるかなと思ったけど、終始機嫌よくお散歩できました。商店街は夏祭りで屋台やらゲームやらで賑わっていたので、モモが騒がないよう用が終わればそそくさと退散。帰宅後、モモは犬用アイスを嬉しそうに食べてました。一度落ちた食欲も今は戻っています。
[PR]
by mmcmp | 2007-07-29 03:26 | モモ | Comments(0)

奈良の人気パティシェ

f0119179_16404915.jpg橿原神宮前に行った時、せっかく久々の奈良なので、どこかに立ち寄ろうと大和八木のカフェなどをチェックしたのですが、限られた時間で確実に良い店にと思い、結局乗換駅である西大寺で途中下車して「ガトー・ド・ボワ」に行きました。こちらは1991年世界のお菓子コンクールの中でも最高峰と言われる「クープ・ド・モンド・パティスリー」で日本人初のグランプリを受賞した林雅彦さんの店。
看板商品はグランプリになった「アンブロワジー」やドイツの「メートル・ド・パティシェ世界選手権」特別賞の「ラ・ギャラクシー」なんですが、モモ母はそれより寧ろ「モンブラン」のファン。最高級の和栗を使ったここのモンブラf0119179_16542132.jpgンは関西で一番美味しいと思っています。ラジオの「うまいもん」で紹介した時、ディレクターが「あのモンブラン、めちゃくちゃ美味しかったわ」と驚いてました。モンブランは9月からしか販売されないので、この日はレアーチーズとラズベリーを使った「エヴェレスト」を。モンブランほどのインパクトはないですが、食べやすいケーキでした。
★ガトー・ド・ボワ
奈良市西大寺
0120-48-4588
9時~20時
http://www.gateau-de-bois.com/
[PR]
by mmcmp | 2007-07-28 16:59 | 京都・東京以外の店 | Comments(0)

コーヒーの美味しさを再認識

f0119179_23544626.jpg6月に一度も行けなかった代わりにというわけでもないのですが、7月は2度目の「フランジパニ」。既に何組かお客さんが椅子席におられたので、奥の畳席へ。畳に座ってほっこりしたら、営業マンKさんは、次の仕事に行かずにこのまま昼寝したい・・とおっしゃってました。注文したのは杏仁豆腐とホットコーヒー。この日はデジカメを持ってなかったので、以前いただいた杏仁豆腐の写真を載せました。
モモ母はカフェ好きですが、コーヒーにうるさいわけではなく、豆の種類とかどこの豆を使ってるとかには特別こだわりません。「フランジパニ」が好きなのも、店の雰囲気やオーナーさんの人柄、流れる音楽など全体が好みに合っていて、飲み物もカフェオレだったり、アイスティーだったり、バナナf0119179_095560.jpgジュースだったりして純粋なホットコーヒーを頼むことはあまりありませんでした。この日、久々にコーヒーを注文したら、おっ!と美味しさを実感。「カフェ・ドゥ・ガウディ」の深煎り豆を使って、挽きたてを入れてくださる「フランジパニ」のコーヒーは、やっぱり美味しかったのだと今頃になって再認識しました。
フランジパニ
室町鞍馬口下る
tel 075-411-2245
10時~19時 日休
[PR]
by mmcmp | 2007-07-27 00:16 | 京都のカフェ | Comments(2)

青えんどうのわらび餅

f0119179_18183796.jpg23日は片道1時間半以上かけて奈良の橿原神宮前まで出かけました。目的はラジオのうまいもんコーナーで紹介する「菓匠苑 梅ぞの」のわらび餅を取りに行くため。遠方の商品は宅配してもらうことが多いのですが、わらび餅は潰れやすいので、地方発送できないのです。真実ヶ丘店と橿原店があり、橿原の方が近いので、取りに行くことに。
「梅ぞの」のご主人鈴木美典さんは、TVチャンピオンで優勝したこともある実力派。本わらび粉を使った「本わらび」(170円)は、通年販売している中にこしあん、外に炒ったくろすきなこをまぶしたものと、中がえんどうあん、f0119179_18402573.jpg外に抹茶きなこをまぶした夏期限定の「青えんどう」があります。スタンダードなきなこもあっさりして良いですが、青えんどうの餡は期待以上の美味しさです。ぷるんとした口当たりの本わらびにえんどう豆の濃厚な餡が何ともいえません。氷砂糖を使用しているので、甘さの切れが良いのも魅力。京都で入手できないのが残念です。
★菓匠苑梅ぞの橿原店
奈良県橿原市久米町
0774-27-7768
9時~18時(月曜~17時)
火休
http://www1.odn.ne.jp/umezono-suzuki/
[PR]
by mmcmp | 2007-07-25 18:42 | 京都・東京以外の店 | Comments(0)

京都の朝はイノダから

f0119179_23572314.jpg「イノダコーヒ」と言えば京都の老舗珈琲店。「京都の朝はイノダコーヒの香りから」のコピーはすっかりお馴染みです。でも、実際にイノダでモーニングをする人って、お金と時間に余裕のある大店のご隠居か、観光客ぐらいだろうと思っておりました。1050円のモーニングは日常使いにするにはお高いと思うのです。
ところが、先日H医師を訪ねる前に手土産を買うべく大丸に行き、開店までお隣で待とうと久々に朝のイノダ四条店に入ったら、630円でモーニングがあるではありませんか。しかもオレンジジュース、コーヒー、サラダ、ロールサンド(卵・ベーコン)、サンドイッチ(アスパラ・トマト)という豪華な内容。「卵のロールサンドとアイスコーヒーでお願いします」と言ったら、「全部ついております」と言われました・・・。観光客で賑わう本店にもあるのか、四条店の地下一階のみのセットなのか定かではないですが、これ、なかなf0119179_0225832.jpgかオススメです。それにしてもナプキンからグラスからコーヒーカップから灰皿までロゴ入りってすごいなぁと、ヘンなとこに感心したりして。
★イノダコーヒ
 四条支店B1
四条通り東洞院東入る
075-221-2604
9時~19時30分
http://www.inoda-coffee.co.jp/
[PR]
by mmcmp | 2007-07-24 00:24 | 京都のカフェ | Comments(0)

京都ハーネスの会「桂福團治一門落語会」

f0119179_3405165.jpg盲導犬ユーザーと市民による「京都ハーネスの会」が主催する「桂福團治一門落語会」に行きました。場所は「京都ライトハウス」4階ホール。ライトハウスが改築されてから、ちゃんと中に入るのは、これが初めて。明るくキレイな建物で、以前とは随分イメージが変わっていました。エレベーターで4階に上がると、人を招く太鼓の音が大きく響き、既にたくさんの人が集っておられました。やはり生の音は良いですね。
最初は手話落語などもしている福團治師匠と2人の盲導犬ユーザーによる対談。「京都ハーネスの会」の会長の話では、京都府内には約8000人の視覚障害者がいる(弱視などを含めると、その数はもっと多くなります)そうですが、盲導犬は京都市内10、府内10の20頭だけ。亀岡に訓練センターがある京都なのに、他府県に比べてその割合は随分少ないそうです。市内が碁盤の目になっているので、比較的白状で歩きやすいというのも理由だとおっしゃってましたが、対面を気にする京都人気質が影響しているということも以前うかがったことがあります。続いてお囃子の解説。寄席が始まる前の太鼓や落語家によって異なる出囃子、幽霊が出る場面や雪が降る場面での鳴物などが紹介されました。休憩を挟んで落語が始まり、客席の反応もよく、良い雰囲気でした。モモ母は仕事のため途中退出、肝心の福團治師匠の落語が聴けず、残念でした。
[PR]
by mmcmp | 2007-07-23 04:03 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

モモのお薬

f0119179_23454169.jpg能天気な写真を載せておりますが、モモはこの写真を撮った翌朝に久々に吐き、夜のお散歩でウンに粘血が混じっていたので、獣医さんに行きました。いたって元気なんですが、どうも急性腸炎らしく、5日分の薬を2種類もらって帰りました。ひとつは子宮蓄膿症になった時にも飲んでいた「ミヤBM」。もうひとつは半錠に割ってあるので、名前がわからずハイパー薬事典で調べることができません。ちょうど仕事でもお世話になってるモモ母の元主治医で内科医のH先生のとこに行く用があったので、持参して聞いてみることにしました。
調べてもらったら、H先生の医院でも扱っている「フラジール」と判明。人間ではトリコモナス原虫やピロリ菌、アメーバなどに使う抗生物質のようです。以前、歯医者で痛み止めに処方された「ロキソニン」が風邪の時にも有効だったので、モモ母が風邪の時に飲むと効くのではないかと期待したのですが、これでは使えません。「ミヤBM」の方はH先生いわく「人間で言うたらビオフェルミンみたいなもんやね」と、これまた風邪には効果なし。ま、どっちにしても21日でモモが全部飲みきってしまいました。おかげで快調です。
[PR]
by mmcmp | 2007-07-22 00:16 | モモ | Comments(2)

魔女ソルト届きました☆

f0119179_05947.jpg昨年夏、何年ぶりかで「美山はーばりすとくらぶ」を訪れました。小高い丘の上にあるログハウスで、ハーブ製品の販売や造園・ガーデニングの相談などをされています。初めて訪れた時、雲間から顔を出した太陽の光で、テラスから眺めていた山の色が、潮が引くように変化していったことが強烈に印象に残っています。昨年も前回と同じく編集プランナーHさんと出かけました。その時のことは、彼女のブログにも紹介されています。
帰りに買ったのが「魔女ソルト」。自然塩にオーガニックのハーブやスパイスをブレンドしたキッチンソルトで、何にでも使え、軽くふりかけるだけで本格的な味付けができるという文字通り魔法のようなソルト。料理人も認める美味しさで、「こんなん売られたらかなわんなぁ・・」と言ったとか言わないとか。お気に入りは、きのこソテー。舞茸、椎茸、エリンギなど、きのこをスライスしてオリーブオイルで炒め、魔f0119179_1404878.jpg女ソルトをパラパラっとかけるだけで、お店で食べるような味に仕上がるので、手抜きなモモ母には今やなくてはならない存在です。使い切ってしまったけど、車がないと行けないので、メールで注文。送られてきた「魔女ソルト」には、ローリエが添えられていました。
★美山はーばりすとくらぶ
南丹市美山町野添
0771-75-1192
10時~17時
http://www.herbalist.jp/
[PR]
by mmcmp | 2007-07-21 01:45 | 京都でお買い物 | Comments(0)