「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

おうちでカフェ気分2

f0119179_0423154.jpg半蔵門のホテルから吉祥寺に向かう途中、渋谷マークシティwest mallに立ち寄りました。お目当ては「神楽坂茶寮」の渋谷店。と言ってもお茶しに行ったわけではなくて、9月末に出たCDを買いに。前に買ったアルバムについていたプレゼント券を持参したら、茶葉のティーバッグを添えて、可愛い布バッグに入れてくれました。渋谷だけあって昨年ランチを食べた時にはすごい混雑していたので今回は飲食はしないことにしたけど、早い時間は空いていて落ち着けそうでした。
5枚目のアルバムはボサノバが誕生する前のブラジルの大衆音楽「ショーロ」で、明るい雰囲気。所有する3枚のアルバムの中ではvol3の染谷俊のピアノが最高に気に入っているので、最初はちょっと期待はずれかな?とも思ったんですが、聴き込むうちにやはり「神楽坂茶寮」らしい空気感があって耳に馴染んできました。ちなみにお店のサイトを開くと流れてくるのが、vol3の最初と最後に収録されている「saryo'sテーマ~陽だまりからf0119179_195245.jpgの手紙~」です。安らぎを感じる美しい曲なので、興味のある方は聴いてみてください。
★神楽坂saryo
渋谷マークシティ店
東京都渋谷区道玄坂
tel 03-3496-0990
10時~21時
http://www.saryo.jp/
[PR]
by mmcmp | 2007-11-30 01:15 | 東京のカフェ | Comments(0)

シモキタのカフェでパンを調達

f0119179_053492.jpg東京に行ったら、必ずどこかでパンを買って帰ります。今月上京した時には世田谷代田近くのスーパーで「代官山ヒルサイドパントリー」のものと下北沢の「チクテカフェ」のものを。「チクテカフェ」では町田市の人気の天然酵母パンの店「チクテベーカリー」のパンが購入可能。入ってすぐの棚に並ぶ様子はなかなか絵になります。今回はシンプルな「パン・ド・ミ」と栗の渋皮煮入りの「マロン」を購入。しっかり噛み締めて美味しさを味わうタイプのパンです。
今回は置いてなくて残念でしたが、モモ母はここの「バニラキプフェル」というバニラビーンズを使ったしっとりやわらかなクッキーの大ファン。最近は京都でも似たタイプのクッキーをよく見かけるようになりました。「ノリズ」さんのスノーボールというお菓子もこれに近い食感と美味しさです。でも、この店のものを初めて食べた時の印象が強くて、あると必ず買いたくなります。こちらは若い人に人気のカフェなのですが、カフェとしての利用はしたことf0119179_0304627.jpgが一度もなくて、もっぱら買い物専門。時間があれば、いつかお茶も飲んでみたいと思っています。
★チクテカフェ
東京都世田谷区代田
03-3421-3330
12時~21時 
水休
http://www.cicoute.com/
[PR]
by mmcmp | 2007-11-29 00:32 | 東京でお買い物 | Comments(0)

初めてのミシェルズベーグル

f0119179_0134894.jpgネット販売しかしてないので、意外と京都の人に知られてないけど、ベーグル好きの間で噂の「ミシェルズベーグル」。最近再び通ってる「ユノディエール」と目と鼻の先にありながら、店頭販売してないので、いつも前を通っては、一度入ってみたいものだと思っておりました。先日、系列店の「グランディール」でも買えると聞いて堀川店でチョコベ―グルを買ってみたら意外と美味しかったけど、その後、確認したら「グランディール」で売ってるベーグルは、「ミシェルズ」と同じ製法で作られてるものの材料が違うことが判明。やはり天然酵母に天日塩やアルカリイオン水を使った「ミシェルズ」のベーグルを、とネットで注文して、店に取りに行きました。
注文したのは4つだったんだけど、仕事先で試食したり、ディレクターTさんにおすそ分けしたりで、持ち帰ったのは栗と宇治抹茶の2つだけ。しっかり抹茶の味がして、小豆が良いアクセントになっていた宇治抹茶が予想以上に気に入りました。チョコは万能細胞で一躍時の人となった山中教授の元f0119179_0475513.jpgで学ぶ院生Mちゃんと一緒に試食、こんなもちもちのベーグルは初めてとMちゃんも気に入った様子。クルミメープルをおすそ分けしたTさんも、早速自分で注文したと言っていました。
★ミシェルズベーグル
下鴨下川原町
075-706-8228
https://seclinks.jp/michels-bagel.com/index.html
[PR]
by mmcmp | 2007-11-28 00:51 | 京都でお買い物 | Comments(6)

秋のお散歩

f0119179_23304687.jpg連休中の京都はすごい人出だったようです。今は桜の季節と並んでお散歩が楽しい時期。思わぬ場所で見事に咲き誇る桜に出会う春も素敵なのですが、色づく木々を眺めながら、気温が下って遠くまででもどんどん歩ける秋の楽しさはひとしおです。冬の風物詩である鴨川のユリカモメはまだ見かけませんが、いつの間にか水辺にはサギやカモなどの野鳥が随分と増えています。
モモは土手の下で落ち葉掃除をしていたえっちゃんのお母さんをみつけて一目散。思い切りナデナデしてもらいました。足で踏みしめる感触が心地良いのか、カサカサと鳴る音が嬉しいのか、アスファルトの道でも落ち葉の積もったところを歩きたいようです。夏以来フロントラインをしてないので、ノミなどがつかないかちょっと気になりながらも、楽しそうなモモを見ているのは、こちらも楽しいもの。こうした時間を大事に慈しみたいと思います。しかしそれにしても日が短くなりました。少し遠出をすると、すぐに日が暮れて、何もしないまま一日が終わった気分になるのが困ったものです。
[PR]
by mmcmp | 2007-11-27 00:00 | モモ | Comments(0)

東京土産に受賞ケーキ!

f0119179_031783.jpg東京にロールケーキを持って行った翌日、「アテスウェイ」でチョコケーキを買って帰りました。「アテスウェイ」はモモ母の母校の正門前にあるケーキ屋さん。と言っても在学中はまだなくて、初めて訪れた時は目の前に出来てたのでビックリ。
こちらはクープ・ド・フランス世界大会に日本人として初めて総合優勝した川村シェフの店。社会学者Kさんがモモ母の母校で行なわれた学会に行った時に、出席者の多くがこの店のお菓子を手にしていて、皆よく知ってるので驚いたと言ってました。こちらではチョコ系のお菓子を買うことにしていて、今回はアルパジョンコンクールショコラ部門で優勝した「ガトー・ド・ボワイヤージュ・オ・ショコラ」とH医師夫妻への手土産用に比較的日持ちがする「ケーク・ショコラ・オランジュ」をセレクト。最高級フランス産チョコを使ったf0119179_0321857.jpgという「ガトー・ド・ボワイヤージュ・オ・ショコラ」は、さすが複雑な食感と味わい。薄くカットしていただく食べ方が新鮮でした。
★アテスウェイ
武蔵野市吉祥寺東町
0422-29-0888
11時~19時30分
月休
http://www.atessouhaits.co.jp/index.html
[PR]
by mmcmp | 2007-11-26 00:43 | 東京でお買い物 | Comments(2)

京都土産にロールケーキ!

f0119179_0361497.jpgしばらくコーギーだったスキン、また元のものにしてみました。
先日の東京行きがちょうど「シロモト」さんの伊勢丹出店期間中だと知り、入手困難な「恐れを知らぬ川上音二郎」のチケットを取ってくれた友人Hさんへの御礼に、メイプルロールを持参することにしました。「シロモト」さんのロールケーキの中でも、シンプルなメイプルロールが一番美味しいと思うのです。
9時半過ぎの新幹線指定席を取っていたのですが、伊勢丹の開店時間に合わせて1時間遅らせ、10時に地下の売り場へ。持参した保冷バッグに入れて無事に東京まで持っていきました。東京には有名なパティスリーが一杯あるし、いつもは和菓子などの京都らしいものを選ぶけど、「シロモト」のケーキは是非とも東京の人にも食べて欲しい!京都でロールケーキといえばFが有名。でもFのように1ヶ月(昔は1年以上予約待ちでした)待たなくても、3分の1程度の値段で十分満足できるロールケーキが食べられます。銀座で美味しいものを食べ慣れたHさんにも満足してもらえたようで、一安心。ホントは仕事で超多忙な出版社勤務のNさんにも渡したかったけど、今回は時間の都合で断念。いつか伊勢丹出店を利用して、必ずNさんf0119179_1181613.jpgにも「シロモト」のメイプルロールをお届けしたいと思っています☆
パティスリー ナチュール
シロモト

京田辺市山手東
0774-65-2635
10時~19時30分 
火休
http://www.n-shiromoto.com/
[PR]
by mmcmp | 2007-11-25 01:29 | 京都でお買い物 | Comments(12)

好みのセレクトに感激!

f0119179_026353.jpg下北沢のお気に入りの店のひとつが「カフェ・タス・ヴァリエ」。フランス語で「さまざまなカップ」という意味だそうで、その名の通りカウンター奥にたくさんのカップが並んでいます。オープンは25年程前で、今のオーナーさんになってからは6年程とか。一時ずっと閉まっていて潰れたのかと心配したけどまた常時開くようになったのは、オーナーが変わられたからなんですね。
ここは置いてある本が良くて、以前はフロイトの本やジャズの入門書などがあったけど、数年ぶりに訪れたら大好きなロベール・ドアノーの写真集があって嬉しくなりました。「市役所前のキス」が超有名な写真家ですが、パリの日常を描く目が温かくて素敵です。写真集を眺めながらのカフェオレも美味しい。数年ぶりに訪れたと言うと、前はなかったはずと言いながらレコードをかけてくださいました。それがまたモモ母が好きなソニークラーク。なんで好きなものがわかるの?と思うくらいf0119179_18408.jpgアイテムがモモ母好み。昔この店でかかっていて、オーナーさんに薦めてもらったコルトレーンの「ブルートレイン」は、今も家で時々聴いています。
★カフェ・タス・ヴァリエ
東京都世田谷区北沢
03-3469-9618
12時~23時
火休
http://tassesvariees.com/archives/photo/index.html
[PR]
by mmcmp | 2007-11-24 01:11 | 東京のカフェ | Comments(0)

Best Cafe In My Life

f0119179_23463232.jpg大学時代、下北沢から井の頭線で吉祥寺まで出て、バスで大学に通っていたモモ母には、「マリーズチェア」「ジョンヘンリーズスタディ」「まめ蔵」など吉祥寺にお気に入りの店がたくさんありました。特に好きだったのが、チェリーナードの「くぐつ草」。江戸時代から続くあやつり人形劇団「結城座」が運営するカフェで、階段を降り、重たい鉄の扉を開けると、いつも変わらぬ時間が流れています。
ジャンギャバンなんかが出てくる古いフランス映画の舞台になりそうな店だと、ジャンギャバンの映画なんてロクに観てない癖に、大学当時から思ってましたが、他の店が潰れたり路線変更する中で、今も当時のままの雰囲気を漂わせているのがこの上なく嬉しい。東京のカフェでは間違いなくこのf0119179_0223547.jpg店が一番好きです。今は「フランジパニ」のように京都に大好きなカフェがたくさんあるけど、長く愛しているという点では、やはり「くぐつ草」が一番かも知れません。昼過ぎだというのに、薄暗い店内は時間を忘れさせてくれます。時には学生時代のように「くぐつ草」のような店で、友人と演劇や人生について語りたくなりました。
★くぐつ草
武蔵野市吉祥寺本町
0422-21-8473
10時~23時 
無休
http://www.youkiza.jp/kugutsusou/index.html
[PR]
by mmcmp | 2007-11-22 00:24 | 東京のカフェ | Comments(0)

「恐れを知らぬ川上音二郎一座」

f0119179_019406.jpgシアタークリエの杮落とし公演「恐れを知らぬ川上音二郎一座」を観にいきました。日比谷に誕生する新しい劇場のオープニングを飾るのが三谷幸喜の書き下ろしとあって、12000円という値段にもかかわらず発売開始から10分でチケットが完売した話題作。川上音二郎と彼の妻で日本の女優第一号となった貞奴、一座の面々がアメリカ・ボストンでの「ヴェニスの商人」を上演するまでを描き、3時間半という長さを感じさせないテンポの良さ、観客参加型の遊び心のある演出などで楽しめました。
とにかく●売れっ子作家、主役に有名俳優を起用して知名度で観客を動員する●舞台経験が少ない主役をフォローするため脇を実力のある役者でかためる●有名人のギャラを反映してチケットが高くなる●各役者のためのシーンを用意しないといけないので、上演時間が長くなるという今の演劇興行の典型。主役のユースケ・サンタマリアと常盤貴子の見せ場も作りつつ、実際に芝居をまわしていくのは周りの役者という作りが実にうまく、おかげでモモ母がファンの堺雅人の出番が多くて大満足。瀬戸カトリーヌが予想以上に頑張ってました。ちなみに導入部でほんの一瞬だけあった今井朋彦、堺雅人、小林隆、阿南健治のチャンバラシーン、「新選組!」を思い出した人はモモ母だけではないはず。
[PR]
by mmcmp | 2007-11-21 00:56 | 観劇・鑑賞 | Comments(2)

ふぁみちゃん、メジャーデビュー!!

f0119179_04722.jpg暖かい日が続いたので、あと1ヶ月ちょっとでお正月なんて信じられなかったけど、ここ数日で急に寒くなって、冬の訪れを実感しました。
お店に並ぶ来年のカレンダーや手帳にも興味を持ち始める時期ですが、このブログでも紹介した京都出身、盛岡在住のふぁみちゃんが、「2008猫めくり番外編」というカレンダーに登場しています!このカレンダーはあの有名な「猫めくり」と同じカミンの発行で、日めくりではなく、週めくりになっています。表紙の裏の説明によると、惜しくも「猫めくり」「こめくり」に採用されなかった写真の中からコミカルな猫たちを選んで制作したもの。お魚をくわえたネコちゃんや風呂敷に包まれたネコちゃんなど、「猫めくり」に負けないくらい可愛いです。ふぁみちゃんは「皇帝ペンギンの行進だ」というタイトルで3月に登場。ペンギンたちのセッティングなど撮影が大変だったと思われますが、ふぁみちゃんはその間、じっとお利口にしていたんですね。来年3月が今から楽しみです。
http://www.comin.co.jp/
[PR]
by mmcmp | 2007-11-19 00:21 | よその猫 | Comments(4)