<   2008年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

あふれる優しさが嬉しい☆

f0119179_0221523.jpg一乗寺の「ヘルプ」に行った帰り、高野の「hana」さんに行きました。何と昨年改装されてから初めての訪問。改装後も何度か前は通ったんですが、たまたまお休みだったりして、入る機会がありませんでした。カフェがなくなって現在は店頭販売だけなので、くまちゃんを添えてもらうことは出来ませんが、お誕生日ケーキにはくまちゃんが健在ですし、店内の雰囲気も以前と変わらぬ優しさにあふれていました。
こちらのお菓子は作り手の誠意が伝わるものばかり。子供達が毎日安心して食べられるよう材料にも配慮されています。添加物を入れてないかわりに味はいまいちなものも多いけど、「hana」さんのは味も見た目の可愛さも言うことなし。大好きな「さらら」は久しぶりに食べたせいかサラサラ度がアップした気がするし、初めて買った「いちじくキャラメル」はいちじf0119179_0442231.jpgくのプチプチ感とキャラメルの風味がマッチして不思議な魅力。シフォンケーキも柔らかで好感度高い。食べるといつも優しい気持ちになります。
★hana
高野竹屋町
tel 075-723-7515
11時~18時30分 
日・第1月休
http://kyoto-hana.boo.jp/
[PR]
by mmcmp | 2008-01-31 00:50 | 京都でお買い物 | Comments(0)

厳密には・・・

f0119179_0155645.jpg「京滋有機農業研究会」の田中真弥さんの野菜を買いに「ヘルプ」に行ったのですが、田中さんのものがなかったので、亀岡市の平井國晴さんの低農薬の菊菜(100円)などを買いました。
最近はカフェでも有機野菜を使う店やオーガニックコーヒーを売りにする店が多いですね。家庭菜園で有機野菜作りにチャレンジする人も増えているようです。でも田中さんによれば市販の種は薬品で処理されたものが大半。油粕も搾ったものと薬品で油を抜いたものがあったりして自分は有機農業をしてるつもりでも、厳密には有機とは言えないケースもあるようです。正確でないと言えば納豆などの大豆製品の「遺伝子組み換えでない」という表示。あれって実は5%以下なら遺伝子組み換え大豆を使っていても「遺伝子組み換えでない」と表示できるんですよね。これは偽装表示とは騒がれない。モモ母は近所のスーパーの安売りの野菜も買うし、添加物が入ったものも買わないわけではありませんが、知っておくべきことがたくさんあるなぁと思う今日この頃です。何しろ我が家で一番クオリティの高い食事をしてるのはモモですから・・・。
ちなみに2月9日京都JA会館で「京都有機農業研究会」主催の金子美登さんの講演会「なるほど!有機農業入門」が行なわれます。興味のある方はcocorono@mist.ocn.ne.jp へお問い合わせください。
[PR]
by mmcmp | 2008-01-30 00:29 | 京都でお買い物 | Comments(0)

やっと買いに行きました☆

f0119179_038151.jpg寒い季節になると恋しくなるのが「富三油」の豚まん。昨年から行きたい行きたいと思いながら年を越し、1月も最終週になって漸く買いに行けました。なかなか買いに来られないので多めに買って、余った分は冷凍保存。冷凍しても皮が変質しないとご主人がおっしゃってたので安心です。ちなみに1個160円になっていました。
ほかにもモモ母をレンコン好きにさせた「豚肉レンコン炒め」やラジオの「うまいもん」で紹介した時に出演者に大好評だった「ニラ饅頭」、筍たっぶりであっさり美味しい「青椒牛肉絲」などをお買い上げ。買ったことないけど、「ローストビーフ」や「にら肉炒め」も美味しそうでした。見ているとどんどん欲しいものが増えるのでセーブするのが大変。そうそう、「そば鶴
f0119179_0524984.jpgを教えてくれたモモ母と同じ「藪そば」ファンの美容師Mさんに焼き豚の美味しい店をきいた時、まず名前があがったのが「富三油」でした。
★富三油
西ノ京池ノ内町
tel 075-812-4058
9時30分~21時頃 日休
[PR]
by mmcmp | 2008-01-29 00:55 | 京都でお買い物 | Comments(0)

雨女+雪女

f0119179_015581.jpgモモと散歩に行くとよく雨が降ります。夕立に合って雷雨の中を帰ったことも。以前お世話になった訓練士さんに「モモちゃんは雨女やね」と言われたことがあったけど、確かに小雨の中で訓練してもらったり、雨で延期したことも度々でした。
最近は晴れているので散歩に行こうと思ってハーネスをつけ、ドアを開けたら雪になっていたり、歩いてると雪が降り出したり。タヌキの嫁入りって言うんでしょうか、晴れているのに雪が舞うことが今年は多い気がします。日曜も晴れてたのに、準備をしている間に空が暗くなって雪になりました。仕方なくつけたハーネスを外して家の中に戻し、少し経ってモモは留守番させて買い物にだけ行こうと思ったら、晴れてきました。今なら行けると再びハーネスをつけて外出。するとまた雪が舞って来たのです。モモは別に寒がる様子もなく機嫌よく歩いてましたし、少しすると止んで晴れ間も出てきたのですが、散歩に出るタイミングが難しくて時間のロスが多いのが、困ったものです。いっそのこと、雪が積もった状態なら「犬は喜び庭かけまわり~♪」状態なんですが・・・。
[PR]
by mmcmp | 2008-01-28 00:46 | モモ | Comments(2)

ちっちゃなパンが袋にいっぱい!

f0119179_0305567.jpg土曜の早朝の番組に出ていただいた方からパンをいただきました。モモ母がもらったのは直径3~4センチのちっちゃなパン。袋にたくさん入って、こんなの初めて見ました。食べてみると、モチモチして噛むほどに美味しさが広がる感じ。最後に酸っぱさが残るんだけど、決して嫌な酸っぱさではなく塩気もちょうど良い。素朴でいかにも材料を吟味して真面目に使ってることが伝わってきます。
袋に貼られたシールの店名と電話番号を頼りにネットで調べたところ、高槻市にある「二十四節記」の中の「ラ・スレーニャ」という店の「プチパン」というものらしいことが判明しました。ここはフルーツ天然酵母を使って石窯で焼いているパンの店のようです。「二十四節記」のサイトを見ているとカフェやレストランもあって、建物の雰囲気もなかなか良さそう。大阪の情報にはトンと疎いモモ母ですが、かなり興味がわきました。上牧駅から徒歩3分らしいので、機会があれば是非行ってみたい。プチパンはおすそ分けした友人にも好評でした。
http://www.relife.co.jp/24sekki.htm
[PR]
by mmcmp | 2008-01-27 00:49 | いただきもの | Comments(0)

ぼうあい

f0119179_033970.jpg番組で使用した抹茶が残っていたので、家で点ててみました。抹茶が必要な時は「北大路ビブレ」を少し西に行ったところにある「山本園」で買っています。室町通りに面した普通の家のような店です。こちらはかつて三条河原町に店を構えておられました。そして2階には「昴娃(ぼうあい)」という名前のカフェがありました。
「昴娃」がオープンしたのは80年代後半。当時は抹茶スイーツで有名なHもまだ内装は垢抜けない店でしたし、甘味処と言えばお琴が流れる純和風の店が主流でした。そんな中で、モノトーンの店内に大理石のテーブルが配された現代的な空間で抹茶やぜんざいなどを楽しむ「昴娃」は、かなり最先端を行ってました。BGMもニューエイジっぽいものが多かったように記憶しています。本も当時はまだ週刊誌などを置く店が多かったけれど、絵本などセレクトされたものが並んでいました。「ウォーリーを探せ」を初めて見たのがこの店で、面白いなぁと思っていたら、その後、ブームになって驚きました。そのことからも時代の先を読む目があったのだと思うのですが、残念ながらいつ間にか閉店。きっと、早過ぎたんですね。抹茶スイーツのHが表参道や六本木ヒルズにオシャレな店をオープンさせているのを見ると、「昴娃」がやりたかったのは、こういうことだったんじゃないのかなぁ・・と思ったりします。
[PR]
by mmcmp | 2008-01-26 00:38 | 追憶の店・風景 | Comments(4)

至福の時間

f0119179_0444158.jpgこれまでこのブログには書いてなかったけど、いつ訪れても至福のひと時を提供してくれるのが、北山の「伽藍」。萩原珈琲の豆を使い、器はロイヤルコペンハーゲン。ほの暗い店内に流れるジャズはCDではなくレコード。ビル・エヴァンスがかかることが多いようで、この日も「Waltz For Debby」が心地よく流れていました。カウンターにはいつも真っ赤なバラが飾られています。ひとつひとつにオーナーの美意識が感じられます。東京などではこの手の珈琲店もさほど珍しくないんでしょうが、京都では貴重な存在です。
この見事な空間でいただくカフェオレのおいしいこと。ドア越しに舞う雪を眺めていると、まるで自分が映画の中にいるようでした。ブレンド800円、カフェオレ900円と価格設定はかなり高めなので普段使いには出来ませんが、行く度に心から魅せられています。ただし、この手の隙のなさが苦手f0119179_05258100.jpgな人もきっとあるでしょうから、合わない人にはただ高いだけの店かも知れません。
★伽藍
上賀茂今井河原町
075-791-1511
11時~22時
月・第2.4火休
[PR]
by mmcmp | 2008-01-25 00:55 | 京都のカフェ | Comments(0)

一体どうやって???

f0119179_0332685.jpgモモはブログ用のネタを次々提供してくれます。先日、北大路大宮近くの鶏肉店で買い物をしていた時のこと。こちらのお店にはコーギーと柴犬のミックス犬と、ダックスの2匹のワンがいて、モモの気配を感じたのか店の奥から盛んに鳴き声が聞こえていました。モモも時折吠えてましたが、リードを足で踏んで動けないようにしてお財布からお金を出そうとしていると、何故か店内に走りこむモモの姿がっ!
過去に3回首輪が抜けたことがあったので、昨年からはお散歩の時にはハーネスを装着しています。8の字になっていて前の輪に首を通し、後ろの輪を前足と後ろ足の間の胴にまわして固定するので、とれることがないはずなんですが、何故か脱出。慌てて中に入らせてもらって付け直したけど、ハーネスは留め金が外れていたわけでもなく、抜け殻状態でリードにくっついておりました。気になる場所に行きたい気持ちが勝って、何とか脱出したんでしょうけど、お金を探してたので、決定的瞬間は見ないまま。一体どうやって腕を抜いたのか、まるでマジックみたいで不思議でなりません。お前は引田天功か!と言いたくなりましたが、帰り道もモモは涼しい顔で歩いておりました・・・。
[PR]
by mmcmp | 2008-01-24 00:56 | モモ | Comments(0)

「小林かいちの世界」展

f0119179_23554861.jpg京都精華大学で26日まで行なわれている「小林かいちの世界-京都アールデコの真髄展-」を観に行きました。小林かいちは大正から昭和初期に三条の「さくら井屋」が販売した絵葉書や絵封筒などを描いた生没年不明の謎の叙情画家。昨年あるコレクターの方からブームになってると聞くまで全く知りませんでしたが、作品を一目見て好きになりました。叙情画家と言えば竹久夢二や蕗谷虹児などが有名だけど、デザイン性では夢二よりも完成度が高いと思うのです。f0119179_0312280.jpg
地下鉄の国際会館駅からスクールバスで京都精華大学へ。作品自体が小さいこともあって会場は情報館のほんの一角だけを使った小規模な展覧会でしたが、作品は見ごたえのあるものばかり。ビアズリーの影響も感じる一方、着物の図案的な手法も使われているのが京都らしい。教会やキャンドルなどエキゾチックなモチーフはとてもモダンな印象で、鑑賞後、思わず売店で「小林かいちの世界-まぼろしの京都アールデコ-」を買ってしまいました。長い展示期間の終盤になって漸く訪れることができましたが、足を運んでよかったです。
http://johokan.kyoto-seika.ac.jp/index.php?event%2Fkaichi
[PR]
by mmcmp | 2008-01-23 00:40 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

和菓子を贈る

f0119179_0172534.jpg東京に和菓子を贈ることにしました。「紫野源水」の「かぐや姫」にしたかったのですが、既に販売終了だったので、下鴨の「ほうせん」へ。こちらはまだ栗のお菓子がありました。
やわらかな「きんとん」は発送には不向きとかで、最初は別の栗のお菓子を勧めていただいたのですが、以前茶房で食べた栗きんとんがあっさり美味しかったので迷っていたら、お店の方が奥から箱を持ってきて、「こういう形ならきんとんもお送りすることができます」と提案してくださいました。でも、夏に食べた「ひんやりあずき」が上品な甘さでとてもモモ母好みだったので、それに近い小豆をシンプルに炊いたものを組み合わせたい。その旨を伝えると、まf0119179_0444297.jpgたまた奥で詰め方を工夫してサンプルを作ってくださいました。贈る人の意向に合わせてあれこれ考えて下さるのが嬉しい。もう少したくさん数が入ると良かったのですが、ひとまず贈りたいと思った2種類の和菓子が箱に綺麗に収まり一安心。伝票を書きつつ、出していただいたお茶とお菓子で一服しました。
★ほうせん
下鴨西高木町
075-712-1270
10時~17時 
水休
http://www.housendo.com/pre/housen.html
[PR]
by mmcmp | 2008-01-22 00:47 | 京都でお買い物 | Comments(2)