<   2008年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

決心

f0119179_0282122.jpgワンドロップ」や近所のスーパーで買い物しつつ、週に一度は「ヘルプ」に行っています。今週は田中真弥さんの菊菜(158円)を買いました。お店の人が「やっと入荷しました」とおっしゃってましたが、このところ収穫量が減っているそうです。菊菜は木曜の夜のお鍋に入れて食べました。買ってから数日経ってましたが、瑞々しさは変わらず。まだ数回しか買ったことないけど、田中さんの野菜は強いと感じています。
田中さんの話を聞く「こだわり会」の例会に参加した女性が、「京都で本当に有機をやっているのは3人だけと聞いて、勉強に来ました」と言っていました。厳密には有機と言えないケースも多いようで、とことん無農薬で野菜を作るのは、生半可な気持ちではできないようです。一般的な農業をやっていた父親から反対され、一度は京都を離れていた田中さんですが、やっぱり無農薬で野菜が作りたいと思い、北海道から京都まで歩いて帰ることにしました。「途中で挫折したら有機もきっと続かへん、京都まで帰れたら有機もやれる」と思ったのだとか。足に豆を作りながらも京都に帰還、その後の病害虫との格闘の日々と、田中さんの有機農業への道はとってもドラマチック。なんか坂口憲二とか照英あたりでドラマ化できそうです。
[PR]
by mmcmp | 2008-02-29 01:27 | 京都でお買い物 | Comments(0)

「ムルソー・ダプレ」

f0119179_083279.jpg春になったら、また東京に行きたいなぁと思っています。最近は芝居を観にいく程度しか立ち寄らない渋谷ですが、かつてはモモ母定番のショッピングコースがありました。パルコの「ヴィニーニ」から「ガーデナー」をのぞいて、「ボンマジック」、「オ・タン・ジャディス」の雑貨を見て、終点は原宿の「ミッシェル・コラン」。
途中で何度か立ち寄ったのが邸宅風のカフェ「ムルソー・ダプレ」でした。エントランスの小経にには花が咲き、店内には木の調度品が並ぶアンティークな雰囲気。デザートも美味しかったのに、お気に入りの店が次々と閉店し、このコースを歩かなくなって足が遠のいてしまいました。久々に訪れたくなったんですが、ここも数年前になくなって、建物も壊されてしまったようですね。最後に訪れた時は定休日だったので、門から写真だけ撮ったのが、かろうじて残っていました。もっとたくさん撮っておけば良かったなぁ。浅草の姉妹店は今もあるというので、昨年行って見たけど、雰囲気は渋谷の比ではなく残念。探してみたら、こちらにかつての店の様子が出ていました。この風景、恋しいです。センスの良いものが揃っていた「ガーデナー」も本当に恋しい。かつてのオーナーさんがどこかでお店を出しておられないかなぁ・・と思っています。どなたか御存知ないでしょうか?
[PR]
by mmcmp | 2008-02-28 01:06 | 追憶の店・風景 | Comments(4)

オーナーさんの魅力

f0119179_1362142.jpg先日、公務員Hさんと「ズーセス・ヴェゲトゥス」の近くを通りかかったので、のぞいてみました。町家にバームクーヘンの看板が目印。じっくり味わうと美味しいけど、インパクトに欠ける地味なお菓子が多いので、そのことをHさんにも伝えたのですが、彼女は大学時代ドイツ文学を専攻していただけあって、とても気に入った様子でスパイスバームクーヘンとキッシュをお買い上げ。この日は買わないつもりだったモモ母も試食して美味しかった「ケーゼ・ゲベック」(280円)を購入しました。ケーゼ・ゲベックとはチーズのお菓子という意味だそうで、チーズとパプリカを入れた生地に白ごまとけしの実がトッピングされていて、食欲が増します。
会計を済ませて店を出ると、「お店の人がすごい感じ良かったね」とHさん。そうそう、ここはお菓子と一緒にオーナーの森さんの人柄で温かい気持ちf0119179_221874.jpgになれるのが良いんです。「フランジパニ」さんや「ノリズ」さんなど、何度も記事にしているモモ母お気に入りの店はみんなオーナーさんが魅力的。「クロア」さんに行くとシアワセになるのもそう。皆さんも是非、素敵なオーナーさん達に会いに行ってください!
★ズーセス ヴェゲトゥス
紫竹下竹殿町
075-634-5908
11時~19時 木休
[PR]
by mmcmp | 2008-02-27 02:07 | Comments(2)

ナッツの誘惑

f0119179_102216.jpgモモ母が手土産を調達する店の定番「コム・トゥジュール」。たいていはマドレーヌやガレットなどの焼き菓子、場合によっては季節の生菓子を買って行くことが多いのですが、この日は「ナッツの焼きタルト」を買いました。「ナッツの焼きタルト」は「コム・トゥジュール」で最も有名なお菓子。いわば「出町ふたば」の豆餅みたいなものです。優しいケーキの方が個人的にはこの店らしいと思うのですが、世間での評判はダントツでこれ。昨年の新宿伊勢丹の京都展でも大きく紹介されていました。確かに数種類のナッツがこぼれんばかりに盛り付けられていて、美しさは芸術品の域。
この日は珍しく1ピース350円のものがホールでディスプレイされてました。f0119179_1245430.jpg少しこぶりなものもあって、こちらは1ホール1400円で販売されています。女性だけでなく男性にも好まれるようで、以前、放送作家Iさんに渡したら、次に会った時に「あのお菓子がもう一度食べたい」と言うので、店まで案内したことがありました。ナッツの美味しさが病みつきになる人、多いみたいです。
コム・トゥジュール
小山元町
tel 075-495-5188
10時~19時30分  水休
[PR]
by mmcmp | 2008-02-26 01:27 | 京都でお買い物 | Comments(2)

むりやり雪景色

f0119179_1361080.jpgこのところ京都では週末になると雪。各地でペットブロガーさん達(ペットのプログって本当にたくさんあるんですね)が雪の中をお散歩するワンちゃんの写真を公開されているのを見ると、モモも雪の中で遊ばせてやりたいものだと思います。でも、雪が降ってる間は体が冷えるし、積もってないとおなかも汚れる。土曜日は結局お散歩に行けませんでした。翌日、晴れて雪が積もってると一番良いんですが、モモ母は夜中に仕事をするので、起きるとたいてい地面の雪は既に溶けています。日曜も屋根には積もってたけど、地面の雪は溶けてました。
夕方、晴れ間が出てきたので、モモを連れ出し近所を一回り。見ると事務所のS君が借りてる駐車場の一角に昨日からの雪が少しだけ残っていました。そこで無理矢理モモを連れて行って写真撮影。雪の上でじっとさf0119179_22025.jpgせるのに苦労しつつ何とか撮ってみましたが、モモ母としてはコーギーライダーのニヤちゃんみたいに一面雪の中での写真が撮りたかったんですよね。でも、引きで撮るとすぐに周りのアスファルトが写ってしまうんで、結局背景が白いだけの写真になってしまいました。なので足跡のオマケつきです。
[PR]
by mmcmp | 2008-02-25 02:18 | モモ | Comments(2)

山食パンならGGD

f0119179_022422.jpgトースト用には山食パンを常備しているモモ母家。「クロア」も手堅く美味しいし、「かめや」も「おっ、やるな」という感じなんですが、「グランディール」と並んで特に好きなのが「グリーンゲイプルズ・ドリーム」のもの。数年前、玄以通りのY牧場が周辺住宅に試供品を配布していた時に、メインの牛乳やヨーグルトよりも印象に残ったのがサックリした食パンでした。どこのものか確かめたら、「グリーンゲイブルズ・ドリーム」のもの。Y牧場では定期購入しかできないので、申し込みはしなかったけど、その後も気になって「ノリズ」の帰りなどに店まで買いに行きます。
「グリーンゲイブルズ・ドリーム」は名前の由来になった赤毛のアンの家を思わせるような店構え。店内や品揃えは街のバン屋さんっぽいですが、自然回帰水や天然塩など材料にこだわっていて、体に優しい材料を使用した安全なパン作りがモットー。山手にあるので、わざわざ行かないといけないf0119179_18149.jpgけれど、「ちせ」で惣菜パンを買った時も、トーストはここまで買いに行きました☆
★グリーンゲイブルズ・
ドリーム
北白川下池田町
075-712-8887
12時~19時
日9時~19時
水・土休
http://www.kyotobakeryclub.jp/ggd/index.htm
[PR]
by mmcmp | 2008-02-24 01:12 | 京都でお買い物 | Comments(2)

美味しさと安全

f0119179_23405495.jpg「ヘルプ」の野菜には作り手の名前や写真が書かれたり、解説があったりします。イチゴのところに「このイチゴは天然由来のものや安全性の高いもので病害虫を防いでいる」とあったのですが、その下に「一般にイチゴの農薬は50回くらい使用されます」と書かれていてちょっとビックリ。イチゴは苗から初めての収穫まで1年半、収穫も半年ほどかかるとかで、収穫期間中だけで30回以上の農薬散布をするようです。そんなに何度も農薬が使われてるなんて、初めて知りました。
なので試しに安全性が高いというのを買ってみたんですが、正直なところあんまり美味しくない。贈答用などに使われる甘くてジューシーなイチゴの味を知っていると、とても598円(通常750円)出してもう一度買う気にはなりません。近所の「ワンドロップ」でイチゴはないか尋ねたら、5月頃に少し入る程度とのこと。この時期に巷にイチゴが大量に並ぶのはやっぱり不自然なのかも知れません。ちなみに「ワンドロップ」にあるリンゴはできるだけ農薬を使わないよう「限界に挑戦」しているんだそうですが、減農薬はあっても無農薬で育てた果物はほとんどなさそうです。リンゴは皮をむくからまだ良いとして、皮ごと食べる子供達も大好きなイチゴ。美味しさと安全は共存できないものなんでしょうか?少し探してみるつもりです。
[PR]
by mmcmp | 2008-02-23 00:10 | 雑感 | Comments(2)

初めてのマンデリン

f0119179_005343.jpg大好きな「フランジパニ」。店内にはチェロの音が心地よく響き、窓の外でかすかに揺れる緑を眺めていると、ここにいるのが好きな自分を再認識します。
もう数え切れないくらい何度も訪れている「フランジパニ」だけど、この日初めて「コーヒー マンデリン」〈450円〉をオーダー。インドネシアのスマトラ産の豆で、深く重みのある味わいとのこと。食べものやお菓子には結構こだわる方なのに、コーヒーは全然うるさくなくて、最近になってどうやら深煎りの方が好みらしいということを自覚した程度。なので今まで「フランジパニ」さんでコーヒーを飲む時はブレンド〈400円〉で満足してたんですが、ちょっと飲み比べてみf0119179_025479.jpgることに。ちなみにブレンドはコロンビア産が中心だとか。こちらも深煎りで好きなんですが、マンデリンの方が味が濃い感じ。これがコクっていうんでしょうか?〈レベル低くてすみません・・・〉待っているといつも以上に良い香りが漂ってきたように感じました。が、これは全くの気のせいかも知れません。
フランジパニ
室町鞍馬口下る
tel 075-411-2245
10時~19時 日休
[PR]
by mmcmp | 2008-02-22 00:29 | 京都のカフェ | Comments(2)

いつの間に??

f0119179_0163271.jpgモモは今日も絶好調ですが、昨年末の血尿は散歩中に突然起こりました。ロゼワインよりアセロラドリンク、いや絵の具のように赤く一瞬、目を疑いました。すぐに獣医さんに行きたかったけど、あいにく夕方から仕事。元気なので、とりあえず膀胱炎の可能性を考えて菌の繁殖を防ぐマル秘ウォーターを飲ませて様子を見ることに。と、真っ赤だったのは散歩中の4回だけで、以後は普通のおしっこ。食欲もあっておなかも問題なく土日を過ごしました。頻尿でもないし受診して下手に抗生物質を投与されるより良いかと思いつつ、放置して大丈夫か獣医さんに電話したら、溶血なら症状が出てすぐでないと検査してもわからないし、ガンなら数日の差は違いないので、年を越してから受診しても構わないとのことでした。
で、先日犬ドックを受けたワケですが、慢性膀胱炎がみつかったのは偶然で、血尿はおそらく玉葱や葱などを食べたための溶血だろうとのこと。急性膀胱炎だと尿に血が混じることはあっても、尿全体が赤くなることはなく、頻尿の症状もなかったため。日頃から注意してるので知らない間に食べたとしても大量に放置などしてないんですが、葱の産地や犬の個体差などもあって、量は関係ないそう。父の血圧の薬が落ちてたかもと話したら、血圧の薬では溶血は起きないそうです。最近はやけに食い意地がはって体重も12.2キロになったモモ。一体、いつの間にどこで葱類を食べたんだか、油断もスキもありません。
[PR]
by mmcmp | 2008-02-21 00:51 | モモ | Comments(4)

わがまま聞いてもらいました☆

f0119179_2358929.jpgこのところ事務所のS君の「季りん行かへん?」のお誘いを度々断ってたので、先週の雪の降る夜に出かけました。この日はあれこれリクエスト。まずイカ焼きそばはソース味か塩ガーリック味なんですが、ガーリックなしの塩味で。写真左の「貝柱とみょうがの柚子あえ」はみょうがを少なめに。極めつけは「あったか温メン」。この日のメニューには「テールスープと玉子のふわふわクッパ」はあったものの、温メンは書いてなかったのです。なので最初は「今日はできないんです」と言われたんですが、「あれ、美味しかったのに~」と残念がっていたら、厨房に確かめて「お作りします」と言ってもらいました。ほかに豚キムチや牛タンの塩焼き(写真右)なども注文。どれも美味しくいただきました。
ところで、最近「キリンキリン」と紹介した記事が多いので、お店の人に確認したら「前は『季りん』だったんですが移転後は『キリンキリン』になったんです。でも常連さんは『季りん』とおっしゃいます」とのこと。今までずっとf0119179_0192792.jpg季りん」だと思ってたのにちょっとショック・・・。でもショップカードには相変わらず「季りん」と書いてあるんですよね。う~ん・・・。
★キリンキリン
紫竹下本町
075-492-3570
17時~1時 第3火休
[PR]
by mmcmp | 2008-02-20 00:25 | 京都でごはんたべ | Comments(0)