「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

「あほんだらすけ20」

f0119179_0421652.jpg下北沢「ザ・スズナリ」で東京ヴォードヴィルショー花組エキスプレスの「あほんだらすけ20」を観ました。今年で20回目を数える歌あり、マジックあり、人情喜劇ありのオムニバス形式の公演です。モモ母はヴォードヴィルファン歴は20年以上ながら、「あほんだらすけ」はまだ4回目。でも、一度観たら翌年も観ずにはいられなくなりました。昨年、まいど豊演じるボビーに舞台にひっぱり出されてしまったHさんも、懲りずに今年もつきあってくれたんですが、終演後すぐ、「来年も来ようね!」と言い合ったほど。
いつも感心するのは、テンポの良さ。1人何役も演じるんですが、今年は特に早替りが多かった気がします。舞台裏は大変そうだけど、運びが実にうまく計算されてます。この「あほんだらすけ」は一人の作家が台本を書くのでなく、役者たちが全員でネタを出し、練りあげていくのが特徴のひとつ。で、最終的に観客に提示されるものが、いつも本当にモモ好み。近年モモ母にとって最も満足度の高い舞台になっています。人情喜劇は今年は珍しく幕末時代もので、山口良一&大森ヒロシ演じる親子にじーんと来ました。ラストは人情喜劇とは一転しておサル姿の山口・大森コンビが曲芸を披露。みんな芸達者でワクワクの2時間でした。今年は地方公演もあります。是非劇団サイトをチェックしてみてください!
http://www.vaudeville-show.com/
[PR]
by mmcmp | 2008-06-30 01:46 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

和カフェも好きです

f0119179_1193643.jpg「さらさ」のようなカフェで抹茶ミルクを飲むのも好きだけど、和カフェで抹茶をいただくのも好きです。ただし、観光地や繁華街にあるスタイル先行で、抹茶の良さが出てない店は、どうも薄っぺらくて好きになれません。その点、俵屋吉富小川店の「茶ろんたわらや」はかなりおススメ。正統派だけど、民芸調の甘味処ではなく、白を基調にしたモダンなカフェ。もちろん珈琲もありますが、紫陽花のきんとんにひかれて抹茶と生菓子のセットをお願いしました。
初めて行った時は、できたばかりだったので、お客さんはモモ母一人だけ。次に行った時は満員で、表に待っている人も何人かいて、入るのを断念しました。三度目のこの日は、入って行くと、先に親子と思われる女性客が一組。暫くしてお友達同士らしき女性2人が入ってこられました。ちょうf0119179_136975.jpgど良い混み具合のように思います。でも、当然かも知れませんが、お客さんは全員女性でした。
★俵屋吉富 小川店
寺之内通小川西入る
075-411-0114
10時~18時 
火休
http://www.kyogashi.co.jp/top.html
[PR]
by mmcmp | 2008-06-28 01:38 | 京都のカフェ | Comments(2)

これが白キュウリです☆

f0119179_120367.jpg夏ですねぇ~、新町商店街の「木村青果店」に白キュウリが並び始めました。家では賀茂の地のキュウリ(地元・上賀茂で採れるキュウリ)と呼んでるんですが、一般には白キュウリというのかちょっと不明。同じようなのが近所のスーパーでは「奈良県産 半白キュウリ」と書かれて売られてました。奈良でも昔から白いキュウリがよく栽培されていたようです。関西以外でもよく見かけるものなんでしょうか?
「木村青果店」では1袋3本100円という安さ。そのせいかどれも曲がってるけど、まっすぐなのを売ってる時もあります(当たり前か・・・)。よく中に種がツブツブと入っています。そういえば最近の一般的な緑キュウリ(っていう言い方するんでしようか?)は、滅多に種がないですね。種がある方がみずみずしい感じがして美味しいと思うのですが、苦手な人も多いようです。このキュウリ、浅漬にして食べるのがおススメ。単に塩もみしたり、斜めに切ってサラダに添えたりもします。ただ、サラダに入った緑のキュウリはドレッシングでも食べるけど、白キュウリの時はなぜかマヨネーズに醤油を少々かけて食べるのが好き。色のせいか、あんまり酢の物にしようとは思いませんね・・・。
[PR]
by mmcmp | 2008-06-27 01:42 | 京都でお買い物 | Comments(0)

いつまで??

f0119179_43586.jpgやっと国産バターを買いました。「クロア」の奥さんと国産バターが入手困難という話をしたのは、3月のことでした。当時、業務用のバターが品薄でお菓子やパン業界の人が困っていると聞いていたけれど、スーパーには一般向け商品が割と普通に並んでおりました。3月以降はクリスマスやバレンタインなどが済んでお菓子の需要も落ち着くので、マシになるだろうとの見方もありました。が、もうすぐ7月というこの時期になって、京都のスーパーにはバターがほとんどありません。
モモ母宅では、とっくに賞味期限が切れたエシレのバターを使いつつ、どうしたものかと考えておりました。紫明のWでみつけた有機バターは消費期限7月初旬でとても使い切れません。近所のスーパーに漸く入荷した大手メーカーYのバターを諦めて買うか、やっぱり高くて賞味期限が短いエシレを暫く買い続けるしかないのか・・・と思っていたら、ブライトン近くのEで「よつ葉バター」を発見。久しぶりに目にする「よつ葉」。でも品薄状態が当分続くだろうから一人1個限りと書かれてました。近所のスーパーに少しだけ残っているYのバターの棚にも似たような貼紙がしてあります。で、その横には大量のミルクが並んでいるワケですね。市販のホモ牛乳ではバターはできないそうですが、メーカーはバターを作る生乳はなくても、ミルクは安定供給してるんですね。そりゃ、バターがあってミルクがない状況の方が困るんだろうけど、今頃になってのバター不足。まだ当分続くんでしょうか??
[PR]
by mmcmp | 2008-06-26 04:32 | 京都でお買い物 | Comments(0)

花遊小路のさらさ

f0119179_113981.jpg「さらさ花遊小路」に行きました。「さらさ」の中で一番新しいけど、冨小路三条の閉店に伴ってお引越しオープンしたということは、ここが本店になるんでしょうか?2階に上がると寛げそうなソファ席が。予約席の札があったけれど、「予約は7時からなので、それまででしたら良いですよ」とお店の方。時計はまだ5時、余裕です。ソファに座ってほっこりし、柳桜園の抹茶を使った抹茶ミルクをいただきました。
冨小路店には昔よく行きました。東京の友人に「いかにもあなたが好きそうな店」と言われたのを、今でも覚えています。やがてスタッフもお客さんもどんどん若くなり、モモ母ももっと落ち着きのある店を好むようになって、次第に足が遠のいていきました。移転先である花遊小路は、新京極の喧騒から一歩入っただけなのに、静かで前時代的な雰囲気。でも、モモ母の祖母(明治42年生)が若い頃は、芸舞妓さんは勿論、女学生にとっても欲しいものがたくさん並ぶ楽しい通りだったf0119179_1552717.jpgそうです。そんな花遊小路に、「さらさ」が再び若いお客さんを呼んでいるようです。花遊小路に華やいだイメージを抱いた祖母から時代は流れ、孫のモモ母よりもさらに若い人たちへと世代交代は進んでいくのだけれど、「さらさ」は花遊小路の新しい楽しみ方を提案してくれているようです。
★さらさ花遊小路
新京極四条上る中之町
075-212-2310
12時~23時30分
毎月最終水休
http://www.cafe-sarasa.com/
[PR]
by mmcmp | 2008-06-25 01:59 | 京都のカフェ | Comments(2)

ダイエット思案中

f0119179_1112258.jpgヒメママさんからヒメちゃんとのツーショット写真を送ってもらいました。微妙な距離感ですが、これが唯一のツーショットで、それ以外はうまく2匹が画面におさまらなかったそうです。しかし小型犬と並ぶとモモのデカさが目立ちますね。よそのコーギーブログに登場するコーギーちゃん達を見て、細さに驚くこともしばしば。うーん、そろそろダイエットが必要でしょうか?
そう思っていたところに「ぺピイ」に連載されてる神沢礼江さんの「パウなやつら」で、やはり避妊手術後に太ってしまったバニラちゃんのために、フードの量を半分にしてしらたきや葉もの野菜を混ぜる「しらたきダイエット」を始めた話が掲載されていました。アピちゃんはフードにおからを混ぜる「おからダイエット」を実践中ですが、それよりしらたきの方が簡単だとか。モモもブロッコリや白菜の軸、大根、キュウリなどの野菜は大好き(夏はスイカも)。でもフードに混ぜたことはありませんでした。フードを減らすと満腹感がなくて、拾い食いしても困ると思ってたけど、たまに混ぜてみた方が良いかなぁと思案中です。
[PR]
by mmcmp | 2008-06-24 01:32 | モモ | Comments(0)

おススメ料理も要チェック☆

f0119179_045161.jpg熊野神社前の上海家庭料理の店「七福家」に行きました。「カイラスレストラン」に行った時から気になって一度入ってみたいと思っていたのですが、外から中の様子がうかがえなくて、常連さん相手の店だと苦手だなと思っていました。でも、そんな心配は無用でした。扉を開けると、気さくな奥さんが優しく迎えてくださいます。
座敷に上がってまずはほっこり。メニューを見ながら頼むものを決め、奥さんを呼ぼうとカウンターの方を振り返ると黒板の「本日のおススメ料理」にも美味しそうなものが書かれていて、決めたはずの注文を変更、「海鮮チーズ入りすり身のじゃが芋揚げ蟹明太子ソース」を頼みました。これは頼んで正解!色鮮やかなソースが大量で、かなり贅沢につけてもまだ余る。奥さんがお皿を下げられた時もまだ少しお皿に残っていて、ちょっと心残りでした。「文甲イカの黒豆味噌炒め」はややピリ辛、食欲をそそります。「五目あんかけ焼きそば」は野菜たっぷりで嬉しい。「蟹とレタスのガーリックチャーハン」は少し塩分多めだけど、シェアして食べるなら問題なし。「卵スープ」はとろみがすごくてビックリ。どれも美味しくいただきました。次回はこf0119179_0344178.jpgの日に頼むのをやめたフカひれ入り餃子を食べようと思います。
★七福家
聖護院山王町
075-771-3833
11時30分~14時30分
17時~22時 
水休
[PR]
by mmcmp | 2008-06-23 00:41 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

三方原&ケープコッド

f0119179_0582653.jpg先日「フレンドフーズ」で初めて目にした「三方原ポテトチップス」。ポテトチップスは滅多に買わないのに、無添加、季節限定、春から夏にかけて収穫されたばかりの新じゃがいもを直ぐにスライスという説明文と毎年お客さんの要望の高い商品ですというポップに乗せられて買ってしまいました。大手メーカーのポテトチップスを久しく食べてないので、それよりずば抜けて美味しいか、さほど大差ないかよくわからないのが正直なところ。でも、食べ進むうちに、「ケープコッド・ポテトチップス」のことを思い出しました。
「ケープコッド・ポテトチップス」はアメリカ東部マサチューセッツ州の先端の半島ケープココッドの名物。ボストンのスーパーやドラッグストアではとってもメジャーな商品です。ホームページを見るとモモ母がボストンにステイしていた10年前とはパッケージデザインが変わった気がしますが、薄くてそれまで食べたことない軽さとジャガイモの味が強くする感じがして、ハマッておりました。帰国後、東京・下北沢のスーパーでみつけた時は感激したのに、その後店頭から消えてしまいました。どこかで入手可能なら是非とも買いたいものです。
ボストンといえばコーギーの飼い主の多くが敬愛するターシャ・テューダーf0119179_1413821.jpgが亡くなったんですね。滞在中はボストン出身でバーモント在住だった彼女のこともコーギーのこともまるで興味がなかったモモ母ですが、ターシャが愛したバーモントの美しさは今も眼に焼きついています。
[PR]
by mmcmp | 2008-06-22 01:49 | 京都でお買い物 | Comments(0)

相変わらずの心地よさ☆

f0119179_1213756.jpg前回「久々の・・」のタイトルで「火裏蓮花」の記事を書いたのが昨年10月。今回はさらに久々、8ヶ月ぶりの「火裏蓮花」です。初めて訪れたときは「知る人ぞ知る」的な店だったと思うけど、最近はよく記事を目にするし、メジャーになって雰囲気が変わってるかな?と思いつつ出かけましたが、ほっこり感は変わらず。平日の午後だったこともあるでしょうが、日曜・祝日はお休みなので、基本的にはゆっくり過ごせる雰囲気を保っておられるのではないでしょうか?
モモ母がいただいたのはアイスのカフェオレ。でも写真は漆作家Kさんがオーダーしたお店の方おススメのトマトとカボチャのジュースを載せてみました。最初は興味あるけどどんな味か想像できないとオーダーを迷っていたKさん。でも頼んでみるとスムージー風で冷たくさっばりしてなかなか美味です。味はトマトが勝っていて、トマトジf0119179_1413677.jpgュースに近い感じ。これからの季節にピッタリです。次回はモモ母も是非オーダーしてみたいと思います。
火裏蓮花
柳馬場姉小路上る
075-213-4485
11時~18時 
日・祝休
http://www.hpmix.com/home/quarirengue/
[PR]
by mmcmp | 2008-06-20 01:47 | 京都のカフェ | Comments(0)

テラス席はイヌOK

f0119179_364976.jpg北山橋東詰から加茂川沿いの道を少し上がった所にある「カフェノイナー」。加茂川に面したテラス席はイヌの同伴OKなので、ヒメちゃん、モモと共に休憩しました。ほかのお客さんの迷惑にならないよう端っこの席に陣取り、モモは席だと落ち着かない為、少し離れた塀にくくっておきました。昨日の記事に出てきたボウルに入った水は、席について間もなくお店の人が出してくれたものです。
モモ母がオーダーしたのは、スモークサーモンとクリームチーズのサンドイッチとカプチーノ。ここの飲み物にはたいていクッキーがついています。この店は散歩でよく前を通っていて、これまでも何f0119179_3235933.jpg度か来たことがあるんですが、混んでると注文を聞いてくれなかったり、出てくるまで時間がかかった記憶があって、最近は入ったことがありませんでした。でも今回はワンたちへの配慮もしてもらったし、開放的な席でのんびりさせてもらって、なかなか好印象でした。イヌ同伴でのお茶に、今後も重宝しそうです。
★カフェノイナー
上賀茂今井河原町
075-711-7077
11時~23時
[PR]
by mmcmp | 2008-06-19 03:27 | 京都のカフェ | Comments(0)