<   2008年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

雨あがる

f0119179_013097.jpg先週は2日続けて出ようとした矢先に雨が降り出して、お散歩が中止になった雨女モモ。土曜も午後からは降るかも知れないと言われていたので、珍しく午前中に加茂川までお散歩に出ました。堤防西側を少しうろついた後、河原に下りて北上。紅葉に加えて、柿の木がたくさんの実をつけ、秋らしい光景が続いています。まだ道がぬかるんだところもありましたが、朝の光を浴びて気持ち良い。本当は毎日朝も連れてこれると良いんだけど・・・。
この日は夕方も二度目のお散歩へ。今度はお買い物を兼ねて大宮商店街を北大路近くまで。途中、やっぱり雨がぱらつき出し、引き返そうかと思ったけれど北の空は明るかったので、そのまま歩き続けたら、やみました。久しぶりに行った鶏肉店で店の人に可愛がってもらってモモもご満悦。で、一度帰宅した後、今度は暗くなってから事務所に届け物。この日は長短合わせて3回散歩に行けました。事務所の階段を降り難そうにしてたので、久々に抱き上げたら、また重くなった気がします。これからも出来るだけ歩かないと。明日も晴れますように・・・。
[PR]
by mmcmp | 2008-11-30 00:26 | モモ | Comments(0)

ある雨の日に

f0119179_035244.jpgこのところの京都は平日でも人の出が多くて、バスなども結構混んでいます。三連休最後の日、ふらりと大徳寺近くの「レモン館」に立ち寄ってみました。大徳寺と言えば高桐院をはじめ紅葉がキレイな塔頭が多いので、京都案内本によく掲載されている「レモン館」は、さぞかし混んでいるだろうと思っていたのですが、夕方で雨も降っていたせいか、常連さんらしきお客さんがカウンターにおられただけで、奥の円テーブルの席も空いていました。こちらの席に座るのは初めて。常連さんたちの会話も気にならず、ゆっくり過ごせました。
朱塗りの器に入った白玉だんごにも心引かれたのですが、今回は自粛しf0119179_0221827.jpgて珈琲をオーダー。こちらで珈琲をいただいたのも、この日がはじめてだったような気がしますが、香りが良くてなかなか美味しくいただきました。珈琲には自家製という小さなお菓子が添えられていまます。雨の夕方は既に薄暗く、静かな時間が流れていました。(右の写真は別の日に撮ったもの。右奥が円テーブル席です)
★レモン館大徳寺店
北区紫野上門前町
075-495-2396
11時~18時 月休
http://www2u.biglobe.ne.jp/~lemonkan/
[PR]
by mmcmp | 2008-11-29 00:26 | 京都のカフェ | Comments(0)

中津川の栗きんとん

f0119179_035090.jpg編集プランナ-Hさんから「川上屋」の栗きんとんをいただきました。栗好きとしては嬉しいいただきもの☆「川上屋」は中山道の宿場町として栄えた中津川にある創業元治元年の老舗和菓子屋だそう。中津川の栗きんとんといえば「すや」しか知らなかったモモ母、こちらの栗きんとんは初めて食べました。栗の自然の味を生かした素朴であっさりしたきんとんです。
京都以外の人にとって生八橋はO、千枚漬はDが有名ですが、生八橋はSやNが老舗だし、千枚漬も地元の人にはDよりMの方が評価が高かったりするわけで、知名度と品質や地元の評価は必ずしも一致しないんですよね。栗きんとんはどうなんでしょ?メジャーな「すや」との違いを紹介したいところですが、「すや」のを食べたのはもう何年も前なので、どんなだったか微妙なところを忘れました。それにしても中津川には似たような栗きんとんの店が、いったい何軒くらいあるのかと思ったら、こんなにあるようです。栗と砂糖だけなのに味がそれぞれ違うらしいので、栗きんとん巡りしてみたいですねぇ~。基本はあっさりだし、数個は一気に食べられそうです・・・。
http://www.kawakamiya.co.jp/catalog/
[PR]
by mmcmp | 2008-11-28 01:06 | いただきもの | Comments(0)

源氏のあとは・・

f0119179_12038.jpg今年は源氏物語千年紀で各地で関連イベントが行われてきましたが、今まで全くと言っていいほど行く機会がありませんでした。今年も1ヶ月ちょっとという今になって、廬山寺で行われている「紫式部のその時代とその世界展」のチケットを入手したので、行ってみました。廬山寺は紫式部の邸宅跡で、源氏物語の多くをこで執筆したとも言われます。古い屏風絵や注釈書を見ていると、この頃よりもさらに昔に書かれた「源氏物語」が、いつの時代にも人々を魅了してきたことが伝わってきました。千年の時を経て、なお色あせないってすごいですね。
展示と紅葉を楽しんだ後は、久しぶりに「李青」へ。どこも混んでいそうだけど、ここなら空いてるかも・・・と期待して重い扉を押すと、なんとお客さんはf0119179_1232783.jpg誰もなくて、奥のテーブルを独占できました。いつも静かな空間なので余計な会話は控えたい雰囲気ですが、この日はお店のスタッフも結構大きな声で喋っていたので、まあ良いか・・という感じ。お寺で冷えた体を柚子茶で温めながら、ほっこりしました。
★李青
河原町今出川下る
075-255-6652
11時~18時(17時30分LO)月・火休
[PR]
by mmcmp | 2008-11-27 01:29 | 京都のカフェ | Comments(0)

秋の収穫祭

f0119179_3314252.jpg連休最終日にKBSホールで「秋の収穫祭」というイベントがあるというので、のぞいて来ました。有機野菜農家や無添加食品をつくる人、オーガニックレストラン、自然食品店などが物販や展示などを通して健康や環境を重視した新しい価値観とライフスタイルの提案をするというもの。会場には思った以上にたくさんの団体がブースを出していて活気がありました。産まれた時から製品としての生を生きる工場畜産の動物達の実態を解説した展示など、モモ母にも関心のある内容だけれど、ちょっとくどい感じが残念でした。最近の手づくり市を見慣れているせいか、見た目で損してる感じ。安全な食材を使うと地味なものしか出来ないなんてことはないと思うんですが・・・。
そんな中で、美味しそうだったのが「まほろばの馬車」さんの天然酵母パン。2週間から1ヶ月、3ヶ月とゆっくり完熟させたホシノ天然酵母を使った生地に有機玄米を練りこみ、きんぴらと柚子味噌を入れたおやき風のパンは、もっちりして食べ応え十分。「ベジタリアンのための中華まん」も、有機f0119179_4102471.jpgたまねぎをじっくり炒め、しいたけやお肉の代わりにグルテンバーガーを使うなど手がかっています。知恩寺の手づくり市に時々出しているとか。知恩寺もまた行かなねば・・・と思いました。
★まほろばの馬車
090-5650-7075
[PR]
by mmcmp | 2008-11-25 04:12 | 京都でお買い物 | Comments(0)

モモと上賀茂神社の手づくり市へ

f0119179_0454413.jpgモモと加茂川の河原を北上して上賀茂神社の手づくり市をのぞきに行きました。堤防の木々も色づき、川にはユリカモメやマガモたちがたくさんやってきていて、すっかり晩秋の風情。でも日曜の午後は歩いていると、分厚い上着を着て出たことを後悔するような暖かさでした。夏場は遠出をするとバテバテになるモモも、絶好調で楽しそうに歩いていきます。
4ヶ月ぶりの上賀茂神社の手づくり市は紅葉シーズンの連休とあって大賑わい。モモは中に入れないので、今回も入口につないで大慌てで見てまわったのですが、お目当ての「みずほ製菓」さんは発見できたものの、「SHIZUKU」さんは見当たらず。「遊菓里」さんや「もとの店」さんは出店されないことを知っていたけど、暫く行かない間に知らない店が増えたかも。今回は初めて買ったのは「CAFE703」さんの焼き菓子「バナナとココナッツ」と「ゆずチョコ」。どちらもバランスの良い味でした。いつもの「梟珈琲」さんf0119179_1112642.jpgのホットもいただきました。珈琲店に豆を卸しているとあって、こだわり十分。辺りには珈琲の良い香りが立ち込めておりました。で、帰宅後は京都駅の旅行代理店まで出かけたんですが、京都駅はえげつない混雑ぶり。連休に京都観光をしようという方は、相当覚悟がいりそうです。
[PR]
by mmcmp | 2008-11-24 01:15 | モモ | Comments(0)

買いだめしました☆

f0119179_0162293.jpg忙しい日のお昼にやっぱりレトルトカレーは重宝します。このところ我が家に常備してるのが、創健社の「チキンカレー」。いろんなものを試してみても、クセがあって食べにくかったり、また食べたいと思うほどではないものが多いのですが、これは適度な辛さと飽きのこない味が気に入っています。国産のんご、にんじん、小麦粉などを使い、化学調味料や乳化剤、着色料、香料は加えていないんだそうで、特にこだわりは青森トキワ養鶏の鶏肉を使っていること。遺伝子組み換えやポストハーベストのないトウモロコシや大豆を使った自家配合で育てているそうです。
この「チキンカレー」を最近はずっと「ファーマーズ新町店」で買っていたのですが、なんと7月下旬にオープンしたばかりなのに、22日で閉店してしまいました。なんと早い撤退でしょうか・・・。「ヘルプ」に比べるとやや品揃えは劣るものの、暑い時期にわざわざ一乗寺まで行かなくてもモモ母家の定番商品が手軽に買えて重宝していたのに。なんかまるで、夏の間だけ「ヘルプ」の代理をしてくれたみたいです。最終日に訪れて初めて閉店を知り、22日は全商品2割引きとあってあれこれ買いだめしました。勿論、この「チキンカレー」も4箱買っちゃいました。
http://www.sokensha.co.jp/index.html
[PR]
by mmcmp | 2008-11-23 00:42 | 京都でお買い物 | Comments(0)

まるでミルフィーユ?

f0119179_2233489.jpgラジオのうまいもんコーナーで紹介した「白菜と大葉の重ね漬」、父にも食べさせたら「これ、美味しいなぁ」と何度も申しておりました。確かに。
「白菜と大葉の重ね漬」は、滋賀県湖南市の漬物メーカー「やまじょう」が今年6月に本社前にオープンさせた直売店「山上本店」で販売されているお漬物。京都で見かける・・・というか、一般にどこでもそうだと思うんですが、白菜の漬物といえば、元の形を残したまま漬けられてますが、この重ね漬は葉を一枚一枚はがして、樽の中に重ねていく手法で作られています。こうすることで味が均等に浸かるのだとか。軸の分厚い部分が重ならないよう配慮して、間にはオレンジの人参や黒い昆布をはさみ、断面が幾重にもなっていて見た目もキレイ。アシスタントMさんは「まるで漬物のミルフィーユ」と表現していました。シャキシャキ歯ごたえが良くて、食が進みます。実はこれ、千枚漬の漬け方を応用したもの。そういえば、千枚漬の美味しい季節になりました。
★山上本店
湖南市下田
0120-359-486
10時~18時
[PR]
by mmcmp | 2008-11-22 00:40 | 京都・東京以外の店 | Comments(0)

おススメはいちご

f0119179_031742.jpg京都や滋賀にも最近はブランド卵が増えています。そのひとつが「美山の子守唄」。平飼いでエサにもこだわり、さらに防護ネットを二重にして野鳥などの侵入を防いでいるとか。そのせいか価格設定が高いので、モモ母は同じ美山の平飼い卵でも「えびさか養鶏場」の方をよく買うのですが、「美山の子守唄」ブランドで卵だけでなくお菓子も販売しています。
マスコミによく登場するのはプリン。でもモモ母がひそかに注目しているのは「メレンゲ」です。特に良いのがいちご。ブランドを展開すること京都の社長が「うちの卵は白身がすごい」という卵白と粉糖、グラニュー糖、フリーズドライのいちごパウダーを使った自信作です。今までメレンゲのお菓子ってそんなに美味しいと思ったことはなかったのですが、これは口の中でシュワッと溶ける感じが今までになく好印象。人工的なイチゴの味ではなく、子供の頃に食べたイチゴミルクを思わせる自然のいちごらしい素朴さが良いんです。プレーンと抹茶といちごの3種類あって、プレーンは食べたことがないけれど、食べるなら抹茶より断然いちご。京都駅の「スバコ」や北野白梅町イズミヤの直営店で購入できます。
http://www.miyamanokomoriuta.jp/index.html
[PR]
by mmcmp | 2008-11-21 00:48 | 京都でお買い物 | Comments(0)

今やとっても有名☆

f0119179_074660.jpg先日ご近所の奥さんが「菓楽」の「西賀茂チーズ」をくださいました。受け取った父によると「テレビで有名になったお菓子で、一度食べたいと思って買いに行ったので、おすそわけ」とおっしゃっていたとか。シンプルなスフレチーズなんですが、関西ローカルの番組で紹介されてから火がついて、一時は入手困難と言われたほど。確かに一口サイズで重たくないので、すぐになくなる美味しさです。でも、モモ母はスナッフルスや東京・駒澤大学前のNの方がインパクトがあって、さらに好みかな。
「菓楽」の魅力は寧ろ住宅街に溶け込んでいて、とても良心的なところ。暫く訪れてないので、現在の値段はわかりませんが、「西賀茂チーズ」も100円しないはず。商品になりにくいちょっと形の崩れたものなどをおまけにつけてくれたり、地域の若いお母さんたちを応援するかのような店作りが、とても好感が持てます。そんな他所にもあるはずの地元に愛されるケーキ屋さんが、わざわさ遠くから行く店になってもう久しいですが、人気は衰えることはなそさう。いつまでも堅実な店であり続けて欲しいと思います。久々に食べた「西賀茂チーズ」は、変わらぬ美味しさでした☆
★菓楽
大宮中ノ社町
075-495-0094
[PR]
by mmcmp | 2008-11-19 00:40 | いただきもの | Comments(0)