「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

月曜日に「月曜日のフォーク」へ

f0119179_064315.jpg最近は滅多に外食しないモモ母ですが、月曜は「乃し」さん以来のごはんたべでした。メンバーも「乃し」さんの時と同じ、タレントTさんとディレクターYさん。今回の店はイリスさんのブログでお気に入りと紹介されてたのと、Tさんが一度行ってみたいと思っておられたというので、「月曜日のフォーク」に決めました。目立つ看板はなく、軒下に飾られたフォークが目印という町家イタリアンです。
夜は4500円のプリフィクスコースのみと思ってましたが、3980円の水無月コースもありました。プリフィクスは前菜、パスタ、メイン、デザート、食後のドリンクを数種類から選びます。デザートもドルチェの盛り合わせとチーズの盛り合わせから選べました。写真は前菜盛り合わせ。ブラックペッパーがアクセントになった冷たいスープが特に好評でした。魚介とかぶのオイルソースのリングィーネはパスタのゆで加減もよく、魚介もふんだんで大満足。ドルチェのタルトタタンは見た目かなり甘そうでしたが、食べてみるとそれほどでもなく大人の味でブランマンジェも口当たり良く、コーヒーと共に美味しくいただきました。ただ、ほの暗い照明の部屋で写真の出f0119179_116115.jpg来がいまいちで残念。次は明るい時間にランチしたいと思います。
★月曜日のフォーク
万寿寺高倉西入
070-6681-7796
ランチ(土日)11時30分~午後2時
ディナー17時30分~23時
火・祝祭日のある週の翌日の水休
http://www.getsuyoubinofork.com/
[PR]
by mmcmp | 2009-06-30 01:21 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

やっぱり好き☆

f0119179_217548.jpg土曜の夜、「ファーマーズ」で買出しした帰りに「ボンボランテ」に寄りました。訪れたのは今回も午後7時。雨が降ってた前回よりは少なめだったけど、結構たくさんのパンがありました(店内写真は前回撮影したものです)
「ボンボランテ」で昔からよく買っていたのが「パンプディング」と「グリッシーニ」。この日は両方あったので買ってみました。グリッシーニはよそでも美味しいのがあるんですが、レストランなんかでいただくのでなくパン屋で買ったのは、「ボンボランテ」の前にオーナーがパンを焼いていた女坂のIに併設されていたベーカリーが初めてだったかも知れません。久々に食べたけど、改めて小麦粉の美味しさが伝わる逸品だと思います。パンプディングもカラメルが効いて、よそではこんなに美味しいのに出会ったことがないと思うほど。濃い味でガツンとくるタイプなので、あっさり系が好きな人は苦手かも知れませんが、一度は食べてみてください。モモ母もあっさり系が好きなんですが、これは断然美f0119179_2393980.jpg味しいと思うのです。そうそう、「8月1~31日は夏季休業。9月から定休日が日・月曜になります」との貼紙がありました。ご注意下さい。
★bonne volonte
河原町荒神口上る
075-213-7555
11時~20時 
水・木休(9月より日・月休)
[PR]
by mmcmp | 2009-06-29 02:41 | 京都でお買い物 | Comments(0)

甘すぎないのが嬉しい!

f0119179_030113.jpg京都は和風のイメージがあるせいか、清水から高台寺、円山公園へと続く道には数多くの甘味処があります。産寧坂と二年坂の間の土産物屋が軒を連ねるエリアに「梅園」がありました。河原町店は知ってたけど、清水にも店があったなんて初めて知りました。滅多に来ないエリアなので、この機会に入ってみると、店内は昔ながらの純和風で正統派の甘味処といったところ。モダンなインテリアで味がいまいちな和カフェより好感が持てます。
四角いみたらしだんごが有名ですが、暑い日にみたらしを食べる気になれず、かき氷は頭が痛くなりそうだったので「冷やし抹茶小豆」(750円)をオーダー。「お好みでみつをかけてお召し上がり下さい」とのこと。いただいてみると、まさに抹茶の中に白玉や小豆、寒天が入っていて、みつが入ってないので抹茶そのものは甘くない。でもゆで小豆が入ってるので、適度に甘い。いや、これは気に入りました。みつを入れたら多分、モモ母にはくどくなって後味がとても甘く感じただろうと思います。白玉は弾力があって美f0119179_0593229.jpg味しいし、口の中に抹茶の苦味と小豆の甘さが広がって、さすが老舗。周辺の店の大半が営業を終了する午後5時以降も開いてるのもポイント高いです!
★梅園 清水店
東山区清水
075-531-8538
10時30分~17時30分
無休
[PR]
by mmcmp | 2009-06-28 01:03 | 京都のカフェ | Comments(0)

手堅くイノダへ

f0119179_2495486.jpgこの一週間は嵯峨嵐山、清水八坂界隈という京都観光のメッカに行くことになったモモ母。嵯峨では前から一度行きたかったカフェSに入ったんですが、雰囲気は良いし接客態度も悪くないんだけど、サラダつきホットサンドにおしぼりやフォークを運び忘れたり、運んできたアイスオーレを「アイスティです」と言ったりして、残念な印象。祗園下河原のJはシックな店内で落ち着けたのに、ケーキが美味しくなくてガッカリ。金曜は清水寺の帰りに、今度は手堅く老舗「イノダコーヒ」の清水支店に立ち寄ってみました。
産寧坂近くの複合施設「青龍苑」の一角にあって、広々とした店内は天井f0119179_312236.jpgが高く開放的。窓からは小川治兵衛が造営したものを再構築したという庭が見えて京都らしい雰囲気です。苑内にはテラス席も設けられています。この日も暑かったけど、平日だったせいか、さほど混んでなかったので、アイスカフェラテをいただきながら、心地よく休憩できました。
★イノダコーヒ清水支店
東山区清水
075-532-5700
9時~17時
無休
http://www.inoda-coffee.co.jp/index.html
[PR]
by mmcmp | 2009-06-27 03:24 | 京都のカフェ | Comments(0)

注射は秋に・・・

f0119179_140588.jpg6月も残りわずか。連日30度前後の気温が続き、水曜は梅雨の晴れ間に夏の雲が浮かび、日差しも夏そのもの。ロン毛のモモはしょっちゅうハァハァとバンティングをしています。
実はまだ狂犬病の注射が打てていません。3月のワクチン接種で妙な反応をしたので4月は避け、5月半ばくらいまではのんびり構えてたんですが、後半は行こうとしてもなかなか時間がとれずそのまま6月に。うちは車がないので事務所のS君の車で獣医さんまで連れていってもらいます。S君に時間があって、モモの体調が良くて、お天気でなおかつあまり気温が高くない日・・・となるとこれが結構難しい。さすがに不安になって6月初めにフィラリアの薬をもらいに行った時に6月中に来れなくても接種可能かきいたところ、4~6月が推奨期間だけど、過ぎても別に構わないとのこと。それならいっそ涼しくなってからでも良いか確認すると、接種し忘れてる犬のところには9月頃に再度ハガキが届くらしく、それからでも良いとのことでした。「なるべく今月中に連れて来ます」と言って帰ったものの、チャンスがないまま今に至っています。今年もまた近所で接種した翌日に柴犬が死んでしまったそうだし、無理せず涼しくなってからにすることに決めました。出来れば9歳になる前に済ませたいので、9月下旬から10月にと思っています。
[PR]
by mmcmp | 2009-06-25 02:07 | モモ | Comments(0)

京都土産に吹よせ

f0119179_214522.jpg今回の東京行きで、京都からのお土産にしたのが「ぎぼし」の「吹よせ」。「カフェマーブル」を訪れる前に買いに行ったのでした。「ぎぼし」は明治時代に創業した昆布の専門店。地味な店構えが、イマドキの店にはないマジメさを漂わせています。店内にはおぼろ昆布や塩昆布のほかに昆布で編んだカゴやざるのような細工ものもあって、昆布だけでも多彩な品揃え。ですが、すみません、モモ母、こちらで昆布を買ったことはありません。買うのはもっぱら「吹よせ」です・・・。
「吹よせ」は、あられや海老せん、豆などが入ったいわゆるお好みあられ。さほど目立ちませんが、勿論、揚げ昆布も入っています。よく見るとシャコも。お寿司以外でシャコを食べるのって、この吹よせくらいかも。モモ母が好きなのは、四角く切った海老せんを数枚重ねて海苔で巻いたもの。歯ごたえが良いんですよね。おつまみにもお茶請けにもなります。ちなみに、「吹き寄せ」というと半円に折り曲げたような形の生姜味の玉子煎餅(・・・f0119179_2383168.jpgって、こんな説明でわかりますか?)もよくあるけど、モモ母、あれはどうも苦手です・・・。
★ぎぼし
柳馬場四条下る
075-221-2824
9時~17時30分
日・祝休
http://www.kyoto-shijo.or.jp/giboshi/frame.htm
[PR]
by mmcmp | 2009-06-23 02:39 | 京都でお買い物 | Comments(0)

行けば良かった・・・

f0119179_0535394.jpg先週、東京に行った時に毎年「あほんだらすけ」をご一緒しているHさんから「しろたえ」のお菓子をいただきました。赤坂にある洋菓子店だそうですが、これまたモモ母は全く知りませんでした。写真の焼き菓子も勿論美味しかったけど、一口食べて「おっ!」と思ったのが、シュークリーム。濃厚だけどしつこくないクリームがたっぷり入って実にモモ母好み。賞味期限がその日限りなので今夜中に食べてと言われて、ホテルの部屋でパクついたため、写真を撮らなかったのが悔やまれます。赤坂と言えば3月には赤坂に泊まってACTシアターで「蜉蝣峠」を観劇。翌日に赤坂見附駅近くのGカフェで朝食を食べました。「しろたえ」はそのすぐ近くだったようで、喫茶もあるらしく、知っていたら是非行きたかったところです。
「カフェ タス ヴァリエ」の動画サイトの画面横に「しろたえ」の文字を発見。「西洋菓子 しろたえ」の動画もありました。シュークリームの映像も出てきます。チーズケーキがウリだそうで、確かにマジメな感じはしたけど、モモ母的には断然シュークリーム!ところでイラストマークは白妙を被った女性だったんですね。一瞬、ウサギか何かの動物だと思ったのは、モモ母だけでしょうか??
[PR]
by mmcmp | 2009-06-22 01:10 | いただきもの | Comments(0)

どれも気に入りました★

f0119179_23424641.jpg西荻在住のNさんは長く荻窪に住んでおられたジモティ。「邪宗門」を出た後、彼女おススメのパン屋さんに連れて行ってもらいました。1軒はモモ母も西荻にある頃に訪れたことがあったけど、もう1軒の「ルクールピュー」は全く知らない店でした。
調理パンが充実していて、新幹線の中で夕食にしたミニサンドがなかなかのヒット。生ハムやサラミなどが入った見た目にも可愛いサンドのセットで、3種類のパン生地と中身が楽しめ、しかも3つともとっても美味しい。車中で撮影したものの出来がイマイチで掲載できずスミマセン。写真右のレーズンは生地のもっちり感が印象的。左のパンは単にチーズクロワッサンだと思って買ったら中にウインナーが入ってました。でも脂っこさf0119179_0482420.jpgがなく全体がうまく調和していて予想外の高評価。教えてもらわなければ絶対行かなかった店だけど、どのパンも洗練された味でクオリティが高く、是非また訪れたいと思います。店内で食事も出来るそうで、そちらも興味津々です。
★ルクールピュー
東京都杉並区荻窪
03-5335-5351
7時30分~21時
日祝8時~20時
http://www.lecoeurpur.co.jp/
[PR]
by mmcmp | 2009-06-21 00:54 | 東京でお買い物 | Comments(0)

あの頃のまま

f0119179_2131787.jpg西荻窪で「ミーシカ」や「三月の羊」などをのぞいた後、荻窪に移動して、「邪宗門」に行きました。モモ母が大学時代によく通った喫茶店で、急な階段を上がった店内は年代ものの掛け時計が時を刻み、独特の雰囲気を漂わせています。壁の絵画も個性的で、窓際の絵は笑い仮面みたいでかなりコワイ。けれど長い歳月を経て変わらぬままそこに掛けられていることが嬉しかったりするのです。
数年ぶりのこの日はストレートコーヒーを飲みたいところだったんですが、歩き回った後で暑かったため、アイスのミルクコーヒーをオーダー。カフェオレやカフェラテではなく、ミルクコーヒーです。先日「昼行燈」でジブリの話をした時に、モモ母が好きな「耳をすませば」に出てくる店は聖跡桜ヶ丘の「邪宗門」がモデルであること、荻窪の「邪宗門」が好きなことをご主人にf0119179_2491929.jpg言ったら、ご主人は国立の「邪宗門」によく行ったとのこと。次は是非国立の「邪宗門」に行ってみよううね、と西荻在住のNさんと話していたんですが、帰宅して確認したら、国立の邪宗門は昨年12月に閉店したようです。残念・・・。荻窪の店はこれからも変わらずに長く営業を続けて欲しいと願っています。
★邪宗門
東京都杉並上荻
03-3398-6206
12時~21時
http://www.jashumon.com/index.htm
[PR]
by mmcmp | 2009-06-20 02:55 | 東京のカフェ | Comments(0)

西荻窪の週末

f0119179_0584371.jpg何年ぶりかで金曜の夜を東京で過ごしたモモ母。土曜は西荻窪に出かけました。途中で気付いたんですが、中央線の快速って日曜だけでなく土曜も西荻窪にとまらないのね・・・。で、荻窪で総武線に乗り換えて西荻窪へ。吉祥寺に向かうバスが走る通りを少し歩いて細い道を曲がった住宅街に目的の「クワランカカフェ」がありました。バス通りはモモ母の学生時代より華やいだ雰囲気になった印象でした。
「クワランカカフェ」は西荻在住の出版社勤務Nさんおススメのカフェ。以前は渋谷の雑居ビルの屋上にあったそうですが、ビルの老朽化に伴って西荻窪に移転したのだそう。店内には苔玉や野草が並び、都会のオアシスだったであろう渋谷の様子を彷彿とさせます。今は地域の人たちに愛される心地の良い空間という感じ。西荻に快速がとまらないこともあってか、土曜の昼というのに静かで、ゆったりお昼を味わうことが出来ました。いただいたのは「豚の角煮のせ高菜ごはん」。やわらかな角煮としっかり味付けf0119179_12614100.jpgられた高菜が食欲をそそります。周辺には小さな雑貨屋さんやギャラリーも点在していて、街歩きが楽しいエリア。人混みを避けてのんびり週末を楽しみました。
★qwalunca cafe
東京都杉並区西荻北
03-6672-8967
11時30分~23時 
月休(祝日・祝前日営業)
http://www.qwalunca.com/#
[PR]
by mmcmp | 2009-06-19 01:29 | 東京のカフェ | Comments(0)