「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

広くなってました!

f0119179_2048162.jpgこのところサロントークの打ち合わせや反省会で「昼行燈」通いが続いていたので、ちょっと気分を変えて半年ぶりに西陣の「卯晴」へ。と思ったら、角を曲がってビックリ!いつもの入口の横にもうひとつ入口が・・・。お隣りにまでお店が拡張されてました。今月はじめにリニューアルされたんだそうです。新しくできた西側部分はテーブル席になっていました。
メニューもご飯ものが以前より増えたみたい。今度はごはん系を食べてみたいものですが、この日は食べるものはパスしてチョコベリーティー(500円)をオーダー。運ばれてくると、まさしくチョコの良い香りがあたりに漂いました。以前たしか「チョコ」というのをお願いしたこともあったと思うけど、チョコベリーティーの方がチョコらしさが強い感じがするのは気のせいでしょうか?ストレートで飲んだり、ミルクを入れたり、色々試しながら味わいました。モモ母的には以前からある側の2階席の方が町家っぽさが堪能できてf0119179_2142335.jpg好きだけど、紅茶関連グッズが置かれた1階の新しいスペースも紅茶ファンには嬉しい空間かも知れません。
★卯晴
大宮通笹屋町下る
075-441-4772
11時30分~17時すぎ
日曜・祝日休 他不定休
http://www.uharu.com/
[PR]
by mmcmp | 2010-03-31 21:05 | 京都のカフェ | Comments(0)

コーギーを選んだワケは・・・

f0119179_2015125.jpg土曜にシャンプーに行ってお尻の毛をカットしてもらったので、お散歩中にお尻の写真でも撮ろうと思っていたのに、雨女モモが外に出ようとしたら、雨ならぬ雪が降ってきました!真冬のサラサラした雪なら平気だけど、水っぽい春の雪のためシャンプーしたてなので散歩は中止。かわりにおヒゲをカットしてもらった鼻のアップを撮ってみました。
「昼行燈」でのサロン後、犬を飼いたい気持ちが高まっておられるM先生。モモ母も犬を飼いたくなってペットショップ巡りをした頃を思い出しました。最初は特にコーギーと決めてたわけではなかったんですよね。モモをみつけて何かこのままサヨナラしたら後悔しそうで、購入に踏み切ったわけですが、実を言うとコーギーって良いかも・・・と密かに思った理由がそれまでにありました。ニュース番組で車椅子の男の子をサポートする「みやび」という介助犬が京都にいることを紹介していたんです。補助犬といえばレトリーバー系のイメージが強いのに、みやびはコーギー。あんなにお利口なんだし、きっと従順で初心者でもしつけやすいに違いない!でもそれは大きな間違いでした。コーギーが介助犬に向くのは、とっても活発な犬種で、ものを拾ったり、ドアを開けたりといった作業が遊びみたいに楽しいと思うからなんですね。だから盲導犬でなく介助犬なんだということが後になってわかりました。モモは単なるやんちゃですが・・・。初めて飼う時って、犬のこと、本当はよくわかってない場合が多いですよね。
[PR]
by mmcmp | 2010-03-29 20:32 | モモ | Comments(0)

昼行燈サロントーク開催!

f0119179_20401289.jpg新大宮の「昼行燈」さんで寺子屋風のミニサロンを開催させていただきました!お店を貸し切り、コーヒー又は紅茶を出してもらって「源氏物語」のお話を約40分、その後、茶話会を1時間ほどという内容。「昼行燈」さんでこうしたイベントをするのは今回が初めてでしたが、予定していた定員を上回る参加者がありました。
どこも良い話きかないよね・・・という閉塞感の中で、何か楽しいことないかなぁ・・じゃあ自分達でやっちゃおう!・・・なんて恩師M先生と話したのがそもそもの始まり。それなら「昼行燈」さんの、あの雰囲気でやれたら素敵だなぁと思って相談したところ、お店の方も快く受けてくださり、実現に至りました。参加してくださった方々も、お店の方々も、企画したモモ母達も、みんなが楽しいと思える時間にしたいというのが、第一の目標でした。不慣れでご不便をおかけした点もあったと思いますが、おおむね好評だったf0119179_2145234.jpgのではないかと思っています。新たな出会いもあって、良い形で広がって行きそうな予感。今後も回数を重ねて、ある程度形が整ってきたら、当ブログでも事前にお知らせをして、いろんな方に参加してもらえると良いなぁと思っています。
[PR]
by mmcmp | 2010-03-28 21:09 | 雑感 | Comments(0)

多彩な韓国そうざい店

f0119179_2240893.jpg少々前の話になるんですが、鷹ケ峰の「クロア」さんに行った帰りのこと。玄琢下あたりに「韓国そうざい」の看板を発見しました。新しく出来たのかと思ったけど、店内は結構使い込んだ感じだったので、今まで気づかなかっただけかも知れません。入ってみて種類の多さにビックリ。辛ラーメンや韓国のりなどの加工品がズラリと並んでいるほか、キムチやチヂミといった手作り惣菜が豊富に取り揃えられていました。
小さなパックに入ったお試しサイズのキムチは100円から。冷凍したチヂミは120円からととってもリーズナブル。その日に漬けたばかりというカブのキムチとあんまり辛くないと書かれたミニサイズの白菜キムチ、ニラとごまの葉とチヂミを買いました。キムチはあっさりめと深漬けの2種類あって、写真に撮ると赤くてインパクトがありますが、カブもその日につけたばかりとf0119179_23121852.jpgあって味は寧ろ大人しめ。サラダ感覚でおいしくいただけけました。イートインも可能で、店内にはごまの何とも言えない良い香りが漂っていました。
★韓国そうざい
チャヂャンナム
紫竹栗栖町
075-495-0044
[PR]
by mmcmp | 2010-03-27 23:13 | 京都でお買い物 | Comments(0)

今度はイートイン

f0119179_22281863.jpg修理に出していたデジカメを取りに五条へ行ったついでに、再び「バティスリーエス」を訪れました。今度は奥のスペースでイートイン。ケーキは少し迷って「アンブル」(500円)にし、ダージリン・セカンドフラッシュ(450円)をお願いしてカウンター席へ。イートインは2人掛けのテーブル席が2つとカウンター。カフェというよりはケーキを食べるための空間という感じです。男性の1人客も複数おられました。
「アンブル」はくるみとチョコレートのケーキ。この手のもので思い出すのが「ドゥブルべ・ボレロ」の「アンブル・ノア」。「アンブル・ノア」のキャラメルのほろ苦さが衝撃的に美味しかったので、モモ母的にはインパクトの点でやや劣るように感じましたが、こちらの「アンブル」は食べた瞬間にくるみの香りが前面にくるから、くるみ好きにはこちらの方が好評かも知れません。以f0119179_22571459.jpg前テイクアウトしたものもそうでしたが、こちらのケーキはムースやスポンジを何層にも重ねたタイプの凝ったケーキが多く、見た目も洗練された感じ。なかなか行く機会の少ない場所にあるので、次の訪問はいつになるでしょうか?
★パティスリー・エス
高辻室町西入
075-361-5521
11時~19時 
木休、水不定休
http://patisserie-s.com/
[PR]
by mmcmp | 2010-03-26 22:57 | 京都のカフェ | Comments(4)

少量生産のウスター&中濃ソース

f0119179_212836100.jpg昨年9月に「李青」を訪れた時のこと。卸業者らしき男性が入って来られ、ほかにお客さんがおられない時だったので、隣の席で店の奥さんと話し始められました。最初は本を読んでいたので会話内容は気にしてなかったんですが、静かな店内なので話し声がよく響く。やがてウスターソースの話題になりました。何でもそのソースは2人だったか少人数でこだわって作っていて、時間もかかるしラベルまで手でひとつひとつ貼っているので大量生産できないんだそう。モモ母が驚いたのは、某有機野菜や無添加食材の会員制宅配サービスRの流通に乗せようとしたけれど、大量生産できないので断ったという話。Rはそれほど規模が大きくないのに、そこにさえも乗らないくらいわずかな量しか生産してないなんて・・・。奥さんが「ウスターソースは日本の文化。一度試してみましょう」と返事されていたので、思わず帰りに「さきほど話されてたソース、美味しかったら私にも分けていただけませんか」とお願いしたのでした。
それでその次に「李青」を訪れた時に聞いてみたんですが、奥さん不在でわからないとのこと。またしつこく聞くのもどうかと思いつつ、先週うかがった時に聞いたら、ウスターと中濃の2種類(各525円)を取り寄せておいてくださったそう。高島醸造の「バピリオソース」で、ウスターも中濃もリンゴ酢入りで味がすっきりクリアーです。小規模メーカーが作るウスターソースってクセのあるものもあるけど、これはオーソドックスで使いやすい。ちょうどヒカリ食品のウスターソースがなくなりかけてた頃だったのでグッドタイミングでした。「李青」さん、有難うございました!
http://www.takashima-jyozo.co.jp/index.html
[PR]
by mmcmp | 2010-03-24 22:24 | 京都でお買い物 | Comments(0)

もっと頂戴!

f0119179_1647529.jpg先週、銀行に行ったついでに「」さんを再訪しました。ちょうど「フリップアップ!」のベーグルをいただいた日だったので、パンは1つだけにして、「フォーナッツコーヒークッキー」(120円)を買いました。たくさん買いたいところだったんですが、うかがってみると日持ちは一週間とのこと。冷凍保存もできるけど、やっぱり味が落ちるというので、とりあえず3枚だけ。
で、1枚は恩師M先生におススメDVDをお渡しする際に、鑑賞のお供にしていただこうとDVDに添えて。もう1枚はそのDVDを焼いてくれた事務所のS君へのお礼にしようと事務所の机に置いておきました。で、3枚目も別の人にあげようと思っていたんですが、翌日S君が「昨日、夜帰ってきたらクッキーが置いてあったんで、食べたらすごい美味しくて一気に食べてしもた。もっとないの?」と言うので、「まだあるよ。じゃあ後で持っていく」とf0119179_1702160.jpgいうことに。そうなんです、見た目はシンプルだけど、なかなか良く出来たクッキーなんですよね。あげる予定だった方にも是非食べて欲しいし、モモ母も今回は食べてないので食べたいから、また近いうちに行かねばと思っています。
★Bagel Kyoto KAI
烏丸押小路東入る4件目北側
11時~18時
日・第1.3月休
http://d.hatena.ne.jp/kai348/
[PR]
by mmcmp | 2010-03-23 17:01 | 京都でお買い物 | Comments(0)

「スイッチ」

f0119179_151644.jpg今年6冊目に読んだのはさとうさくらの「スイッチ」。無表情で人に好い印象を持たれず、突飛な言動で相手を引かせてしまうこともある主人公の苫子。人の首の後ろにスイッチがあって押すと消えれば良い、読者モデルのような子連れ主婦も、メールをしながらのろのろ歩く流行りだけで服を選んでそうな女の子も、いかにもクリエイターという感じの自分に酔っている顔をした男も、この自分もみんないなくなれば良いと苫子は思っていて、読んでる方までイライラがうつりそう。最初は読んでてキツイと思ったけれど、子連れ主婦や自分に酔った顔をしたクリエイターよりは不器用な苫子に共感するし、不遠慮に苫子を批判する人達にはやれやれ・・・と思うわけです。やがて彼女をよく知る人達は嫌うより寧ろ自分の生き方を貫く彼女を羨ましいと思っていることが垣間見えてくる。
いきつけの喫茶店で「歌とか映画とかみんなが同じ切なさや虚しさに共感してるはずなのに、人と共感できないのはどうしてなんでしょうね?」という苫子に「言ってることややってることの表面的なことが違うからで、底の部分は同じだよ」とマスターのサル男。社交的でいかにも仕事してますという感じの元同級生も、表面の出し方は対照的だけど、やっばり不安を抱えていたりして、確かに交際範囲の広い人って意外と本当は友達と呼べる人がいなかったり、非難が実は羨望の裏返しだったり、みんな悩みや焦りがあるんですよね。でも、主人公より長く生きてきたモモ母は最近特に実感するんですが、苦手な人と無理して付き合わなくても、つながっていたいと思う人とは不思議とつながっていられるもので、人間関係を保つのに努力は必要だけど、それが負担じゃなく自然で楽しかったりするんですよね。苫子の交友関係も結構捨てたもんじゃないよと思いながら読了しました。
[PR]
by mmcmp | 2010-03-22 16:09 | カフェ読書 | Comments(0)

9年経ちました

f0119179_1911589.jpgモモが我が家に来て9年が経ちました。今日も寒かったけど、9年前もモモが来てから3月だというのに雪が降ったことがありました。写真はうちに来てから数日後に撮ったもの。ワクチンを打ちに行った時にまだ首が細くて首輪がゆるゆるだったので、獣医さんがヒモで首輪を縮めてくれたため、首のところに白いヒモが写っています。確かに体つきも華奢ですね。それが9年後にはチャウチャウと間違えられるくらいデカくなるなんて・・・。
当時は玄関の土間にハウスを置いて、サークルで囲ったトイレスペースとくっつけて飼っていました。写真のようによくサークルに足をかけて立っていましたっけ。興奮するとその場でくるくると円を描くようにまわるクセがあって、ご飯の前などは嬉しくてハウスの中でよくまわってました。なんか懐かしい・・・・と思っていたら、ここ数日は晩ごはんの時にフードを計量したり、定位置にセッティングしたりしている間に、横でモモがぐるぐるとまわり出しました。このところダイエットしていておなかが減ってるだろうから、嬉しいのはわかるけど、あんた仔犬じゃあるまいし・・・とちょっと呆れました。
[PR]
by mmcmp | 2010-03-21 19:17 | モモ | Comments(0)

花見団子をいただける幸運

f0119179_2230261.jpg新大宮の「昼行燈」に行きました。家から歩いていくと汗ばむ陽気だったので、アイスにしようかとも思ったけれど、やっばりホットで「カフェオレ」(500円)をいただきました。一緒に出してくださったお団子は、お客のMさんが作って持って来られたもの。桜色は山形の紅花を使って染めたのだとか。天然のものでこんなに鮮やかな色が出るんですね。緑はヨモギなんですが、加茂川に生えているヨモギを摘んでこられたんだそう。加茂川にはクレソンなんかもあるそうですが、モモとよく散歩してるのに気づきもしませんでした。カフェオレとお団子なんて一見ミスマッチなのに、美味しくいただけるのは、昼行燈さんという場所がそうさせるのかも知れません。
Mさんは昨日も手づくりのお団子を持ってお店に来られたそうですが、昨日f0119179_22483740.jpgはヨモギがなく2色だけで、その時店にいた学生さんが残念がってたので、彼に蓬団子を食べさせようと思って2日連続で作ってこられたんだそう。おかげでモモ母まで加茂川のヨモギを使った手作りのお団子をいただく幸運に恵まれたというワケです。私達が帰った後、その学生さんは来られたかナァ・・・?
CAFE昼行燈
紫野下門前町
075-204-8816 
13時頃~21時
[PR]
by mmcmp | 2010-03-20 22:53 | 京都のカフェ | Comments(0)