「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

看板より好み優先

f0119179_044712.jpgクロア」のパンが底をついてきたので、「アイタルガボン」の前に「ボンボランテ」に寄りました。買ったのは最後の1つだった「レーズンとオレンジのパン」(60円)に「ベーコンエピ」(220円)、「クリームチーズとブラックペッパーのパン」(220円)、持ち歩いても大丈夫というので久々に「パンプディング」(200円)を買いました。パンプディングの美味しさを初めて教えてくれたこちらのパンプディング。カラメルのほろ苦さが絶品です。クレセントというか蹄鉄みたいなクリームチーズとブラックペッパーのパンは予想外に硬くて一瞬驚いたものの、美味しさも予想以上でかなりはまりました。パンにチーズとペッパーが良くマッチしてます。
これは昨年の話ですが、週に一度早起きする土曜の朝に買いに行ったことがありました。開店前で数人のお客さんと少し待ってから入ったんですが、どうやら他の人は食パンの予約に来られた様子。で、モモ母の番になって注文したら、傍にいたお客さんから不思議そうな顔で「食パンは買わないんですか?」と尋ねられました。勿論この店は食パンが有名なのはモモ母も知ってます。一時は予約が数ヶ月待ち状態で、食べ物にうるさいハモンド講師Jさんが漸く入手したものをおすそ分けしてもらったことがあったけど、Jさんもモモ母も一度食べたら気が済みました。オーナーさんが東山f0119179_1323691.jpgのIにおられた頃から彼女のパンが大好きなモモ母には、食パンよりも満足度の高いものがほかにたくさんあるので、そっちを買います。この日買ったのはすべて◎。食パンファンを否定する気はありませんが、看板商品だけにとらわれると、好みの商品と出会うチャンスが減って損だと思うんですよね・・・。
★bonne volonte
河原町荒神口上る
075-213-7555
11時~20時 日・月休
※8月1日~31日夏季休業
[PR]
by mmcmp | 2010-07-31 01:34 | 京都でお買い物 | Comments(0)

往く店来る店

f0119179_142592.jpg「伽藍」の閉店にショックを受けた翌月、今度はそのお隣の「ライブラリー」が閉店。居心地の良い店が続けて消えるなんて・・。と、思ったら、オープンして1年も経たないうちに円町の「サンスクルール」が突然長期休業に入られた模様。さらに水曜に河原町丸太町に行くと前回「ファーマーズ」に寄った時には隣にあったリストランテFが別の店になってました。急激な変わりように驚くと共にお店を続けていくことの大変さを改めて知る思いです。そうそう、「華祥」さんはお店のサイトによると27日で百万遍の店を閉店されたご様子。こちらは来月移転オープンされるので、笑顔で「お疲れ様でした」と言えますね。
さて、去って行った店もあれば新しくお目見えした店もあります。河原町丸太町の裏通りに今月出来た「アイタルガボン」さんを訪れてみました。店内に入ると思ったより奥深い。席と席の間が離れているので、とてもゆったり落ち着けます。テーブルが広いのも気に入りました。有機栽培のコーヒー豆を使った「カフェラッテ」(400円)はアイスのみ。パスタやパニーニ、デザート類のほか、ちょっとしたお茶菓子も豊富で、「キャラメルカシューナッツ」(220円)を添えてみました。店主はレゲエ好きとかで「アイタル」はジャマf0119179_1302948.jpgイカの言葉で「自然な、フレッシュな」、「ガボン」は造語で、良い意味で「平凡な、ありふれた日常の」という意味だそう。日常に溶け込む店になります様に。
★アイタルガボン
中町通丸太町上る
075-255-9053
11時30分~22時不定休
http://italgabon.blog133.fc2.com/
[PR]
by mmcmp | 2010-07-29 01:36 | 京都のカフェ | Comments(0)

なんで苦手なの?

f0119179_2191123.jpgこのところお散歩は暗くなってから。それまでは水を大量に飲むので、時々路地に出して用を足してもらうことにしています。
どこのワンちゃんも遅い時間にお散歩されるみたいで、大小様々な犬に出会います。どなたかのブログでたくさんの犬が集まるイベントで、よその犬にケンカを売っているのは自分んちの犬も含めてすべてコーギーだったと書いておられましたが、その光景が目に浮かぶと思ったくらいモモもよその犬にガウガウ吠えまくったり、近づいていってニオイ嗅ぎまくったり。そうかと思うとペタンと伏せして相手の様子を窺ったり。何らかのリアクションをせすずにはいられません。ところが、ある家の近くを通った時のこと。その家にはモモの苦手なコーギーがいて、その家が近づくと立ち止まって行くのを嫌がったり、大急ぎで反対側へ行ったりするんですが、この日はそのコーギーちゃんも夜になってから散歩に出たようで、バッタリ鉢合せ。・・・と、モモは何故か吠えもせず、相手の様子を窺うこともせず、逃げるように早足で向こうへ。全くのノーリアクションで、まるで見なかったことにしてるみたい。いつもとの違いにちょっとビックリしました。その直前には大きなゴールデンにケンカ売っておきながら、なんで同じコーギーの、しかもあの子だけをそんなに恐れるのか???犬の世界は不思議です。
[PR]
by mmcmp | 2010-07-28 02:39 | モモ | Comments(0)

「よきかな」で邪気を払う

f0119179_432274.jpg「喫茶葦島」の帰りに「紫野和久傳」に行きました。「西湖」を送る手配をした後、ふと丹波大納言のおぜんざい「よきかな」に目が行きました。「これ、かなり甘いですか?」と尋ねると「いえ、それほど甘くなくて小豆の味がしますよ」とのこと。「宝泉堂」の「京ぜんざい」を思わせ、和久傳のものも試してみることにしました。
商品に添えられていた説明書に「善哉はお釈迦様が善行をなした弟子を『善き哉、善き哉』と褒めた言葉が由来と言われている」とありました。そんなおぜんざいは邪気を払い、穢れをふせぐのだそう。折りしも26日は土用の丑でウナギを食べて暑気払い。「ヘルプ」の四万十ウナギが食べたいけれど、酷暑の中を高野から歩くのが億劫になって近所で買って済ませたので、今年は代わりに「よきかな」をプラス。そういえば、土用の入りにあんころを食べなかったから、ちょうど良いかも。器に入れると見るからに甘そうf0119179_4485737.jpgだったけど、食べるとそれほどでもなくて、形のしっかりした宝泉堂のものとはまた違う味わいがあります。茶寮でソルべに添えられてた小豆もこれだったんですね。
紫野和久傳 堺町店
堺町通御池下る
tel 075-223-3600
10時30分~19時30分 無休
http://www.wakuden.jp/
[PR]
by mmcmp | 2010-07-27 04:52 | 京都でお買い物 | Comments(0)

「伽藍」閉店

f0119179_0293384.jpg北山にあった「伽藍」の閉店から2ケ月近くが経ちました。閉店を知らせる書家の筆による美しい貼紙が静かな余韻を漂わせていましたが、今はそれもなくなり、代わりのテナント募集を見ると「ああ、本当になくなってしまったのだ」と実感して悲しくなります。萩原珈琲の豆を使った珈琲も美味しかったけど、チョコレートケーキもいかにも珈琲との相性を考えられていて絶品でした。閉店を知った時、まず思ったのは、「繁華街から離れた小さな珈琲店の閉店だけれど、これは京都にとって大きな損失だ」ということでした。ある方は文化の集まる京都でやっていけなかったことが残念とおっしゃってましたが、やはりこの店と京都を結びつけて考えるのはモモ母だけではないようです。
伽藍 閉店」といった検索ワードで当ブログを訪れて下さる方が何人もおられました。やはり惜しむ人が多いのだと思っていましたが、検索してみると、京都やグルメ関係のブログってすごく多いのに、「伽藍」の閉店のことを書いた記事ってないんですね。学生さん等が気軽に入れる店ではなかったので若いブロガーさんは関心がなくて当然ですが、グルメ評論家や珈琲通を自認する人達のコメントがないのが意外でもあり、残念でもあります。そういえば飲食店をカタログ的に紹介するブログはあっても食文化を語るブログはそんなに多くないかも知れません。「伽藍」開店10周年の時に寺町二条の書店Sの前のご主人が執筆された文章があるそうです。戦前からの珈琲店遍歴の末に「伽藍」に出会われたという内容だそうで、機会があれば是非拝読したいものです。どなたかお持ちでしたら、ご一報いただけると嬉しいです。
[PR]
by mmcmp | 2010-07-26 01:15 | 追憶の店・風景 | Comments(6)

今年も始めてみました

f0119179_151264.jpg暑い時期は歩くには遠くて乗り物に乗るのは勿体ない微妙な距離にある店は足が遠のきがちです。「昼行燈」もちょっと行けてなかったので土曜に行こうと思ったら夕立。出る時間が大幅に遅れたけど、おかげで暑さが随分マシでした。
昨年「始めてみました」の貼紙と共に夏季メニューで登場した「かき氷」が再登場。今年の貼紙は「今年も始めてみました」。同時に「誠ブレンドの珈琲ゼリー バニラアイスと共に」(500円)も登場しました。かき氷は昨年いただいたことがあるので、この日はコーヒーゼリーをオーダー。アイス好きのモモ母としてはアイスが乗ってるのは大歓迎だし、パフェみたいで、見た目的にもなかなか可愛い。暗めの店内でうまく写真が撮れず、モードを換えたりして撮影に手間f0119179_2202317.jpg取っていたらアイスが少し溶けてしまいました。でも溶けたアイスの甘味とゼリーの苦味がマッチして、それはそれで良い感じ。これはこの夏、是非リピートしたいところです。ちなみにかき氷とコーヒーゼリーの2つが加わったので、おにぎりとおかゆの2つはメニューから消えて行きました。おかゆは食べずじまいで残念です・・・。
CAFE昼行燈
紫野下門前町
075-204-8816  
13時頃~21時
[PR]
by mmcmp | 2010-07-25 02:23 | 京都のカフェ | Comments(0)

李朝の「木偶」展

f0119179_220466.jpg李朝喫茶「李青」で8月8日まで開催中の「李朝の『木偶』展」を観に行きました。期間中は特別システムで、最初に観覧料500円を支払います。食事メニューはお休み。夫婦や家族、鳥や龍など様々な木偶が並べられ、普段丸テーブルが置かれている場所も展示スペースになっていました。葬儀の際に使用するものなのにカラフルで、どこかユーモラスな表情のものもあって温かみのある感じ。「旅立つときは孤りではありません」というコピー通り、こうした木偶たちが傍にいてくれると寂しくないかも知れません。棺に入れるのかと思ったら墓地まで棺を運ぶ際の「喪輿(サンヨ)」と呼ばれる輿を装飾するためのもので、繰り返し供用したんだそう。朝鮮文化を知る興味深い展示でした。
喫茶スペースは満員だったので今日は喫茶はやめておこうかと思ったんですが、ふと見ると奥の座敷でもお茶が飲めるとのことで、そちらでアイスの柚子茶をいただきました。掛け軸や壺などがある素敵な座敷で、いつも憧れていたんですが、期間中だけ特別に喫茶スペースにしているとのこと。あがらせてもらえてすごくラッキーでした。おまけに大きな韓国の団扇f0119179_2501872.jpgまで使わせてもらえてとっても嬉しい。涼しげなガラスの器に入った冷たい柚子茶もさっぱり喉を潤してくれて、満ち足りた気持ちになりました。
李青
河原町今出川下る
075-255-6652
11時~18時 月・火休
[PR]
by mmcmp | 2010-07-24 02:55 | 京都のカフェ | Comments(0)

百万遍で食べ納め

f0119179_23475456.jpg学生街の本格中華、百万遍の「華祥」さんが、移転のため現在の店舗を7月で一旦閉店されると聞いて、食べ納めに行きました。何と1年半ぶりの訪問です。6時に電話したら、まだ並ばずに入れるとのことだったんですが、6時20分に行くと既に満席。前で少し待ちました。相変わらず人気のようです。新店舗は広くなるのかと思ったら、ご主人いわくそれほど変わらないとのことですが、厨房は少し広くなるとか。ここ数年は狭い厨房で黙々と調理し続けていた田口シェフ、厨房が広くなるのは良いことですね。場所は東大路に面していて、御影通りの京都銀行の向かい辺りで、8月中旬のオープンを予定しているそうです。
久々だとやっぱりこれを食べなければ、という「水餃子胡麻風味」(450円)と「あんかけ焼きそば」(750円)。「華祥」というといつも同じ料理の写真で申し訳ないけど、この2つは間違いないです!「水餃子を」と言えば「胡麻の方ですね」と奥さんから言われるくらいモモ母お気に入りの水餃子は、プリプリで大満足。あんかけ焼きそばは平麺が何とも言えず美味で、この店で一番好きなメニューです。ほかに「小海老のチリソース煮」(800円)も頼f0119179_019857.jpgんでみましたが、例によってとっても美味しいけどモモ母は辛いとちょっとしか食べられないので、一口だけで堪能しました。
華祥
8月より田中里ノ内町
075-723-5185 
水休
http://www.kasyou.jp/
[PR]
by mmcmp | 2010-07-23 00:21 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

モモ母がいる時、いない時

f0119179_115143.jpg今回も大雨の後の写真でスミマセン。でも水曜に河原に行ったら、先週金曜には泥水の中に沈んでいた飛び石が復活してました。水量ってあっという間に変わるんですね。
梅雨が明けてからは川の水かさも一気に減るくらい暑い日が続いています。週明けに時間があったから午後4時過ぎにお散歩に出たらまだまだ日差しが強くて地面の温度も高そうだったので短足モモにはきつかったかも・・・と反省して、翌日からは6時以降に出ることにしました。火曜は8時過ぎに近くのショッピングセンターまで行ったんですが、買い物を終えて戻り、歩き出したところで若いカップルに「コーギーですよね」と声をかけられました。長い毛のコーギーは初めて見たというので兄弟でもこの子だけが長いという話などをしていると、モモが女の子に向かって立ち上がってアピール。すると傍で見ていた男の子が「あんたお母さんと一緒やと愛想いいなぁ~」。ビビリなので自分だけしかいない時に見知らぬ人が近づいてくると警戒するみたいですが、触られまくっても、緊張しつつなすがままだと思っていたけど「お母さんがいん時はプイってしてたのになぁ」とのことで、ちょっと意外。外で犬を連れた人に会うと犬そっちのけで飼い主さんに近づいて愛想をふりまくのに、あれはモモ母がいる時限定みたいです。
[PR]
by mmcmp | 2010-07-22 01:35 | モモ | Comments(6)

大人の珈琲店できました

f0119179_0345652.jpg河原町三条に良い自家焙煎珈琲の店ができたと聞いて行ってみました。河原町三条と言えば昨年カトリック教会傍にNが出来た時もいくつかのブログで褒められてたけど、行ってみるとちょっとひどかったので、今回も見かけ倒しの店だったら嫌だなという不安と期待が入り混じった複雑な心境で出掛けたのですが、ビルの5階に出来たその空間は本物でした。
この日も暑かったからアイスが飲みたいところだけど、こだわりの珈琲を味わうならホットかなと思ってマンデリンを使った深煎珈琲(600円)と山田牧場製のチーズケーキ(500円。ドリンク付なら400円)をお願いしました。運ばれて来た珈琲はとっても良い香り。口に含むと心地よい苦味が広がるんですが、濃すぎる訳ではありません。京都市の天然水使用とメニューに書かれていたのでうかがったら、錦天満宮の水とのこと。ゆっくり丁寧にお湯を注ぐ様子にマスターの珈琲への愛情を感じました。チーズケーキは冷凍のまま出されるので数分待っていただきましたが、最初はアイスクリームとチーズケーキの中間みたf0119179_0355269.jpgいな不思議な食感。完全に解凍された後半はまろやかなチーズケーキで、癖になりそうな美味しさです。器も椅子も使い心地がよいけれど、前面に出すぎない大人な感じが素敵です。帰りはマスターがエレベーター前まで見送って下さいました。オープンは5月15日とのこと。また通いたい店が増えました。
★喫茶葦島
三条河原町東入
075-241-2210
11時~21時 月休
http://ashijima.com/
[PR]
by mmcmp | 2010-07-21 00:45 | 京都のカフェ | Comments(2)