<   2011年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ワンディッシュを味わう

f0119179_17303441.jpgエシレでアイスクリームを買ったことだし、早く東京駅に向かおうと思ったんですが、京都着が遅くなるので「ジョエル・ロブション」でパンを買って帰ることにしました。前回とても美味しくいただいた「季節野菜のフォッカチャ」(399円)を再び購入。車内で食べるつもりが、結局、家に帰って「墨繪」の「ナポリのパイ」と共に軽く温めて晩ごはんにしました。
季節によって見た目の印象が随分変わりますね。前回の記事の写真と見比べると違いがハッキリ。今回は色目は地味。でも、パプリカ、スナックえんどう、タケノコ、枝豆、グリーンアスパラ、くるみ、ブロッコリ、小さなジャガイモまで乗って、楽しい。いかにもフレンチの一皿のような盛り付け方で、センスの良さに感心してします。洗練されたものを目にするって重要f0119179_17455951.jpgですね。大事にいただきたいと思って、お料理のようにナイフとフォークでいただきました。ナポリのパイもそうでしたが、やはり温めるとホテルの部屋でいただいた時より美味しさが格段に上りました。他の季節はどんなものがトッピングされているのか、試すのが楽しみです。
★ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 丸の内店
東京都千代田区丸の内 
丸の内ブリックスクエア1F
03-3217-2877
11時~21時
http://www.robuchon.jp/marunouchi/

[PR]
by mmcmp | 2011-04-30 17:49 | 東京でお買い物 | Comments(2)

東京の絶品

f0119179_14474350.jpgあほんだらすけ」の後は代々木公園のカフェに連れて行ってもらう予定だったけど、巷の混みようを考えるとそこが満員だった場合、ほかに良い店がないので、シモキタでお茶する方が無難・・というので「「コフィア・エクスリブリス」へ直行。すっかり寛いだ後は二重橋前まで出て、丸の内ブリックスクエアの「エシレ」へ。サブレはこの日もなかったので、またまたキャラメルとマドレーヌをお土産に。でも、いつもと同じでは芸がないので、毎回心惹かれつつ高くて又の機会にしていたアイスクリームを買うことに!
エシレのバターをふんだんに使った(何と全体の2割らしい)「エシレ・グラス」はブールとブール・オ・キャラメルの2種類。あんまりバターっぽくてもなぁ・・と思ってキャラメルにしました。新幹線が動き出したところで早速いただいてみたんですが、最初の一口からもう感動!ちょっとほろ苦い感じが実に上品で、なんともシアワセになりました。さすが高いだけのことはあります。ただ、やはり120ミリリットル525円は旅行者でないと買う気にf0119179_15181536.jpgならないかも・・。東京の夜景を見ながら至福のひとときを過ごして空になった容器をよく見ると、販売は片岡物産だけど、製造はトーニチという福島の会社でした。東京の絶品を支えてるのは、こうした数々の地方企業なんですね。
エシレ・メゾンデュブール
東京都千代田区丸の内 
丸の内ブリックスクエア1F
03-6269-9840
10時~20時 
無休
http://www.kataoka.com/echire-shop.html
[PR]
by mmcmp | 2011-04-29 15:22 | 東京でお買い物 | Comments(0)

どこも満員!

f0119179_15112482.jpg「シェかつ乃」でお土産を買った後は、遊歩道を横切って大好きな「打心蕎庵」へ。約1年ぶりの訪問です。が、入るといつになく混んでいます。日曜のお昼時ではあるものの、閑静な住宅街にひっそり佇む店なので、こんなに一杯なのは初めてです。電話でお店の方が場所を説明されていたから、まだまだ訪れる人があるようです。「邪宗門」も「くぐつ草」も今までで一番混んでたし、街を歩く人もいつもより多い感じ。なんで?と思ったら、「あほんだらすけ」をご一緒したHさんによると震災後は平日の夜に出歩く人が激減してるので、その反動で週末の外出が増えてるのではないかとのこと。なるほど、東北と関東ではまた違うんでしょうけど、関東と関西も随分温度差があると感じました。関西は余震もないし、やっぱりお気楽だなぁと・・・。
で、大きなテーブルに数組相席して「おろしそば」をいただきました。大根は辛いのと普通のとあって選ばせてもらえます。辛いのが苦手なモモ母は普通でお願いしました。粗く削ったかつおぶしが蕎麦を覆うように豪快にかけられています。糸削りなどの細いタイプに馴染んでいるので、ちょっと新f0119179_15301069.jpg鮮。毎度のことながら、さっぱりした口当たりと歯ごたえの良いお蕎麦が本当にモモ母好み。お蕎麦はここのが一番好きかも☆
打心蕎庵
東京都世田谷区代沢
03-5431-0141
11時30分~21時30分 
火休
http://www.dashinsoan.com/
[PR]
by mmcmp | 2011-04-28 15:30 | 東京でごはんたべ | Comments(0)

焼き菓子は下北沢本店で

f0119179_15471057.jpgまだまだ東京ネタがありますので、暫くお付き合い下さい。東京滞在2日目は半蔵門のホテルをチェックアウトした後、すぐ近くの千鳥が淵へ桜を見に行きました。もうかなり葉桜でしたが、菜の花が満開でした。半蔵門からは地下鉄で三軒茶屋まで出て、バスで下北沢へ。少し手前で下車した目的は「シェかつ乃」。実は2月にも「ロングロストフレンド」を観る前に雨の中、訪れたんですが、既に完売で店が閉まっていてガッカリ。今回は是非ともと思い、観劇前に立ち寄りました。
美味しそうなたまごロールも少し残ってたけど、要冷蔵当日限りの商品だし、これから「あほんだらすけ」を観るので今回はパス。以前買って、美味しいと評判だった焼き菓子をたくさん買いました。お土産にしたので、モモ母の口にはほとんど入らなかったのですが、「ヴィエノワ・チョコ」はやわらかくサクサクの食感にチョコの魅力が発揮されてチョコ味好きにはたまらない。パンダが注目の上野に出来た「エキュート上野」にもシェかつ乃がf0119179_1634533.jpg入ったそうですが、焼き菓子ときみプリンは本店しか扱ってないようです。きみプリンも是非一度食べてみたいです☆
★シェ・かつ乃
東京都世田谷区代沢
03-3412-0651
10時~売切れ次第閉店
http://www.chezkatsuno.rexw.jp/
[PR]
by mmcmp | 2011-04-27 16:05 | 東京でお買い物 | Comments(0)

2度目です☆

f0119179_1359661.jpgM先生宅に寄った後、モモのシャンプーの間、ゆっくり過ごせるところ・・・と思って選んだのが「ハイファイカフェ」。初めて訪れてから随分時間が経ったような気がしますが、4月3日だったから、今月2度目の訪問です。バスを降りたところでポツポツと雨がバラつき、店にたどりつくまでに本格的に降り出しました。路地の手水鉢に桜の花びらが浮いて春らしい。扉を開けると、またお客さんはモモ母一人でした。庭の木が雨に洗われて新緑がひときわ鮮やかです。外を歩いていた時は困った雨も、窓越しに見るとかえって風情がある。お店の方によるとここ10日程でドウダンツツジが一気に芽吹き、毎朝見るたびに驚くんだそう。小さなつぼみもチラホラ。次に訪れる時は咲いてるかな?
この日お願いしたのは「ハイチコーヒー」(450円)と今日のお菓子(400円)。お菓子はカステラで、最近よく見かける「然花抄院」タイプのしっとり系でした。モモ母はどちらかというとスタンダードなカステラの方が好みだf0119179_14341056.jpgけど、これは程よいしっとり感で生クリームとの相性も良く、とても美味しくいただきました。たくさんあるからとイチゴも添えてもらいました。庭に面した前回と反対側の席にしたのですが、テーブルの高さが資料を置くのに丁度よくて作業がしやすいし、壁にもたれられてラクチンだしで、またしても長居しちゃいました。
★Hifi Cafe
新烏丸通夷川上る
075-201-6231
12時~19時
[PR]
by mmcmp | 2011-04-26 14:38 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(0)

おかげさまで

f0119179_19444325.jpg今月は何かと物入りだったうえに犬ドックに行ったり、先週は突然FAX電話がつぶれたりして出費がかさみ、モモのシャンプーがつい後回しになっていました。雨上がりのお散歩でお腹が黒くなってきたので、月曜にペットショップに連れて行き、漸くキレイになりました(引き取りに行ったのが6時半だったこともあって写真を撮らなかったため、相変わらずお花見写真でスミマセン)。よく毛が抜けたけど、病的なほどではなく換毛期だからだろうとのことで、皮膚もきれいだし問題はないとのことで安心しました。
ところで15日に完成したモモのクッキー。月曜で皆さんに配り終えました。概ね好評で、ブログを通じておすそ分けさせていただいた方の中には届いた前日がお誕生日だった方や妊娠中の方もおられたそうで、ささやかながらオンネアさんのおかげで「お手」と「オスワリ」くらいしか出来ないへらへらした犬にも笑顔をお届けする役目をさせていただけたことを嬉しく思っています。こむぎんさんおぼったま日和さん、ブログでご紹介いただき、有難うございました!最後の1袋はモモ母がじっくり味わいたいと思います☆
[PR]
by mmcmp | 2011-04-25 20:00 | モモ | Trackback | Comments(2)

「花のあと」

f0119179_2194597.jpg藤沢周平の「花のあと」を読みました。例によって昨年映画化されてたことは読後に知りました。これまで読んだ彼の短編集はいつも最初の作品に勢いがあって、これも元盗人の主人公が身請けした女性のあだ討ちをする冒頭の「鬼ごっこ」が一気に読ませ、2作目の「雪間草」にも共通する名前の人物が出て来たものだから「うたかたの」みたいな連作になってるのかと思ったら単なる短編集で、表題作は一番最後だけでした。
この作品集では筋立ての合間に盛り込まれる自然の描写が実に鮮やかで印象的。特に「悪癖」で工事費用の不正を洗い出した勘定方の平助が夜道で不審者に囲まれて尋問された後、男達が姿を消したところで全身の冷汗と同時に耳に川音と草むらに鳴く虫の声が騒然と聞こえてくるシーンがとてもリアル。緊迫感からの解放が読む者にも強烈に伝わってきます。「花のあと」は淡い恋心を抱いた人が亡くなり、夫との祝言を終えた翌年の二の丸での花見。主人公の以登が自らの花の季節が終わったとの思いでみつめる桜は、盛りだというのにさびしい色だと映ります。自然が身近にあった時代、そこに気持ちを投影させてきたかつての日本人。映画「花のあと」のサイトにはこの作品を「慎ましくも正しく生きる」という藤沢文学の真髄と解説されてました。「暗殺の年輪」に比べると地味ながら、当たり前だった豊かさの見直しを迫られる今、胸に響くものがありました。
[PR]
by mmcmp | 2011-04-24 03:05 | カフェ読書 | Trackback | Comments(0)

アンジュ大好き☆

f0119179_03036.jpgモモ母が「プラチノ」のアンジュ好きなのを御存知のNさんが、西荻窪で買って来てくださいました!「プラチノ」は桜新町店によく行ったんですが、ここ数年は足が遠のいていました。自由が丘店で買ったのが最後だからもう5年以上口にしてません。昨年西荻窪駅構内にテイクアウトの「プラチノDila西荻窪店」が出来たので、西荻在住のNさんのおかげで久し振りにいただきました。フロマージュブランとフレッシュクリームで作るチーズムースで、ガーゼで水分をとるフランスの伝統的な製法で作られています。アンジュとか、クレームダンジュなどの名前で各店が販売していて、ざる豆腐みたいな見た目のもありますね。京都のお店でも2~3軒で食べたことがありますが、後味がイマイチだったり、甘すぎたりで、「プラチノ」ほどの出来映えのものにはまだ出会ったことがありません。こちらのものは軽くてカシスとよくマッチして、全体としてとても洗練されています。
ホテルの部屋で銀のセロファンを空けると、ガーゼに包まれた白い塊。中f0119179_0283442.jpgにはカシスのジャムが入っているので、同じくカシスを使ったアンジュソースは上から少しだけかけていただきました。残ったソースは要冷蔵なんだけど、まだまだたくさんあって勿体ないから持ち帰って家でヨーグルトに混ぜていただいています。ああ、シアワセ・・・。
http://www.platino.jp/index.html
[PR]
by mmcmp | 2011-04-23 00:31 | いただきもの | Trackback | Comments(0)

アールヌーボーな老舗カフェ

f0119179_3155971.jpg「ルクールピュー」でデザートは食べたけど、せっかくなのでモモ母が東京で一番好きな店「くぐつ草」に行きたい!と思って吉祥寺に移動。なのに、またしても満員。またの機会にして井の頭公園側に移動し、久々に「ゆりあぺむぺる」に入ってみました。入るのは10年以上ぶりですが、2階に上ったのは初めてかも。アールヌーボー調の装飾とアンティーク家具がヨーロピアンな感じ。入口に掲げられた鉄の店名ロゴが印象的です。窓際に座ってロイヤルミルクティーを頼んだら、ミントンのカップで出てきました。ディナーは980円だったけど、このミルクティは700円とお高め。でも、おかげで混雑を避けてゆっくりできました。
「ゆりあぺむぺる」という名前は宮沢賢治の詩集「春と修羅」に納められた作品の一節に由来するそうです。でもどちらかというと賢治というより女性好みなインテリア。モモ母にとって宮沢賢治といえば、寧ろ「邪宗門」なんですよね。というのも、お店の奥さんがモモ母達の大学で宮沢賢治ゼミを担当されていた詩人のI先生によく似ておられるんです。とは言うものの、「邪宗門」と言えば賢治ではなく北原白秋。中央線沿線って、何十年も続くf0119179_3161927.jpg老舗店が結構点在しています。でも、「ゆりあぺむぺる」からさらに吉祥寺駅寄りにあった「STONE」は昨年閉店したみたいで残念です。
★ゆりあぺむぺる
武蔵野市吉祥寺
0422-48-6822
11時30分~24時
http://www.mandala.gr.jp/yuria.html
[PR]
by mmcmp | 2011-04-22 00:50 | 東京のカフェ | Trackback | Comments(0)

なんてリーズナブル☆

f0119179_015992.jpg「邪宗門」を出た後は、駅の反対側に移動して西口すずらん通りにある「ルクールピュー」へ。野菜を使ったケーキが話題の店だそうですが、モモ母は以前買ったパンが印象に残っています。でもこの日はパンは買わず、奥のイートインでカジュアルなディナーを。まずはオードブル仕立てのサラダ、続いて香草入りガーリックトーストが運ばれてきました。東京に来ると野菜不足を感じるモモ母、たっぷりのサラダが嬉しい。3種類のハムがトッピングされ、きちんとした感じがします。ガーリックトーストはちゃんと主張はするけど、料理の邪魔をしない。ここのパン、やっぱり好き。
メインは若鶏モモ肉のポアレ キノコ入り野菜トマトソースにポテトとキャロット、ペンネブールが添えられています。たくさんの食材を使ってるのが良いですね。食後はガトーカシスと飲み物で、モモ母はコーヒーをお願いしました。カシスのムースって久し振り。カシスの美味しさが堪能できました。これで何と980円!東京だとケーキとコーヒーだけで980円くらいする店もあるだろうに、手抜きせず何と良心的なんでしょう。しかもこのお店のオーナー鈴木芳男さんはマキシムドパリやホテル日航東京ではグランシェフを勤め、コンクール受賞歴も多いんだとか。商店街の小さな店だから、全国区の知名度があるわけではないと思うけど、京都だって地元の人に支f0119179_0484311.jpg持されるのは、こういうタイプの店。普段使いできる名店を知るのはやっぱりジモティ。お連れいただいたNさんに感謝です☆
★ルクールピュー
東京都杉並区荻窪
03-5335-5351
7時30分~21時
日祝8時~20時
http://www.lecoeurpur.co.jp/
[PR]
by mmcmp | 2011-04-21 00:51 | 東京でごはんたべ | Comments(0)